回避性パーソナリティ障害の治療方法と付き合い方・就職

以前は「精神分裂病」という病名の統合失調症


統合失調症は、以前は「精神分裂病」という病名でしたが、「統合失調症」へと名称が変更されました。
症状としては、幻聴や幻覚、被害妄想、異常思考、感情の幅の限定(感情の平板化)、意欲の欠乏、という特徴がみられます。


統合失調症の症状には、二つの症状があり、健康なときにはなかった状態が顕著に現れる陽性症状と、健康なときにあったものが失われてしまう陰性症状とに分けられます。
統合失調症は他の精神疾患と同じように慢性の経過をたどりやすく、その間に急性期症状として幻覚や妄想が活発になる時期が発現します。


統合失調症が発症する時期は?


発症頻度の高い年齢は、思春期から青年期という10代後半から30代に多くみられます。
また、遅発性統合失調症という40代から60代にかけて発症するものもあります。


統合失調症は、遺伝的および環境的要因の双方によって起こると考えられています。
ただ、はっきりとした原因はまだ分かっておりません。


突然発症することもある統合失調症


統合失調症は、突然発症することもあれば、数日から数週間かけて発症することもあり、また何年にもわたって徐々に水面下で発症していくこともあります。
治療は病気が明らかになった場合、治療の場を外来で行うか入院で行うか決める必要があります。


治療では、抗精神病薬、リハビリテーションと地域支援活動、および精神療法が含まれます。
入院するケースとしては、幻覚や妄想がひどすぎるため、通常の日常生活をおくることが困難な場合、また、日常生活での苦痛が強いため、本人が入院しての休養を希望している場合などがあります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
  2. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  3. ADHD 仕事 ミス
    仕事上でこんなミスを繰り返している方はADHDかも? 誰でも仕事上でミスはするものです。 し…
  4. ADHD 割合
    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
  5. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  6. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  7. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  8. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…

ピックアップ記事

  1. 反抗挑戦性障害

    2016-9-30

    小学校の娘が注意欠如多動性障害(ADHD)と判明【体験ブログ】

    現在10歳になる娘がいます。その娘が6歳で小学校一年生の時でした。 普段から落ち着きが全くなく…
  2. 大人のADHDとは

    2015-12-1

    大人のADHDとは?

    今非常に注目を集めているのが「大人のADHD」 ADHD(注意欠如・多動性障害)という症状は、…
  3. ワーキングメモリーとは

    2016-9-20

    私は30歳の時に事件に巻き込まれ、うつ病を発症しました。【体験ブログ】

    トイレに行ったときふと「死にたい」とふっと思ったのです。 22歳の頃から神経性胃炎にはよく…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る