トーマス・エジソンの場合 【ADHDの有名人・芸能人】

あのエジソンはADHDだった?


発明王として、世界中で知られている「トーマス・エジソン」もADHDだったと伝えられています。
誰もが知っている最も有名な発明王がADHDだったっていうのは驚きですよね。
しかし、しっかりとトーマス・エジソンのエピソードを調べていくと、たしかにADHDか何かしらの発達障害だったのではないかと思われるのです。


エジソンは、1847年2月11日にオハイオ州ミランで製材所の経営者である父サミュエル・オグデン・エジソンと、元教師である母ナンシー・エリオット・エジソンの七番目の子供として生まれました。

その後、すくすくと育ち、普通に小学校へ入学するのですがそこで有名な事件が起きます。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6994246849905881"
data-ad-slot="5131093724"
data-ad-format="auto">


エジソン、小学校を退学させられる


エジソンの伝記を見た方なら知っていると思いますが、エジソンはなんと小学校を退学しているのです。
これにはいろんなエピソードが伝わっていますね。


色んなことに対して好奇心が強すぎてしまい、ついには「なぜ物は燃えるのか」を知りたくて、藁を燃やしていたら納屋に延焼させてしまったエピソードなんかは有名です。
また、教師が粘土を例にとって「1+1=2」を教えていたら「1個の粘土と1個の粘土を合せたら大きな一個の粘土になるだけではないのか?」と言って、教師を怒らせてたりもします(笑)


これ以外にも様々な事が積み重なっていったらしく、なんと入学してからわずか三ヶ月で退学処分を受けてしまったのです。
そこで味方になってくれたのが母親のナンシーだったそうです。


父にも先生にも見放されたのですが、母親のナンシーが教師役を引き受け、その後のエジソンの教育をしていったのです。
素晴らしいエピソードですね。


この時代にADHDや発達障害という考えがなく、このような退学処分を受けてしまったのは残念ですが、結果として母親のナンシーが教師役を引き受け、エジソンの能力が開花したことは間違いないでしょう。

母親の理解がエジソンの未来を救ったエピソードと言えますね。

>ADHD・発達障害の有名人・芸能人一覧


関連記事

ピックアップ記事

  1. 情緒障害児短期治療施設
    幼稚園年少、3歳の娘の療育開始までの道のり 幼稚園に入るまでは、毎日公園に通い、よく笑い、友達…
  2. 学習障害
    初めに気になったのは1歳の頃です。 離乳食も進み、外食を少しづつ始めた頃でした。 子どもの食…
  3. 診断基準
    小学校時代から検査に至るまでの自分、その後の体験談を書いてみようと思います。 数年前、発達障害…
  4. 診断基準
    当時入社して3年目。心療内科へ行くことを勧められました。  当時入社して3年目。 最初は、「…
  5. 仕事を辞めたい
    両親も「何かおかしい」とは思っていたそうです。 現在34歳の男性ですが、27歳のときに発達障害…
  6. 不注意型ADHD
    ADHDの3大症状のうち不注意が多い「不注意型ADHD」とは? ADHDの3大症状は「不注意」…
  7. 反抗挑戦性障害
    現在10歳になる娘がいます。その娘が6歳で小学校一年生の時でした。 普段から落ち着きが全くなく…
  8. ワーキングメモリーとは
    トイレに行ったときふと「死にたい」とふっと思ったのです。 22歳の頃から神経性胃炎にはよく…

ピックアップ記事

  1. 大人のADHDとは

    2015-12-1

    大人のADHDとは?

    今非常に注目を集めているのが「大人のADHD」 ADHD(注意欠如・多動性障害)という症状は、…
  2. 高機能自閉症

    2016-8-8

    発達障害の娘と家族の理解【体験ブログ】

    高機能自閉症の娘と私と夫 我が家には発達障害の娘がいます。 小学校や親の会などでいろいろなお…
  3. コンサータ

    2015-9-24

    コンサータの効果と副作用【ADHDの薬】

    ADHDの薬「コンサータ(メチルフェニデート)」とは? ADHDの投薬治療は、基本的に原因治療…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る