トム・クルーズさん

読字障害、失読症(ディスレクシア)であるトム・クルーズさん

字が読めない病気「失読症、難読症(ディスレクシア)」であることを自身で公表して話題になったのがハリウッドスターのトム・クルーズさんです。

失読症(ディスレクシア)とはその名のとおり、「字が読めない」症状で、普通の子供の10倍以上の時間をかけて1語を理解するのが特徴のようです。

トム・クルーズさんはこの症状に悩まされ、なんと12 年で15の学校を渡り歩き、補修クラスに入れられていたとのこと。集中力を高め、なんとか必死に文章を読めるように血のにじむほどの努力を重ねていったとのことでした。

その努力があるからこそ、現在の大人気ハリウッドスターという地位にまで上り詰める事が出来たのでしょう。




文字が読めない為、台詞を覚えるときはテープで

現在も失読症が治ったわけではなく、自身の努力と工夫で仕事をされているようです。

脚本の文章は理解できないので、台詞を覚えるときはテープに全て録音して繰り返し聞いており、今現在もたくさんの努力の上で仕事にのぞんでいるとのこと。

まさに努力家ですね。

以外に多い失読症の方

なんと程度の差はあれど、英語圏では失読症の発現率は10%から20%といわれているそうです。
それだけ身近な存在なのでしょう。

トムクルーズさんの告白によって一気に認知が広がりましたが、まだまだ失読症の認知は進んでいないのが現状です。

そんな事もあって、トムクルーズさんは失読症などの学習障害児への支援活動にも取り組んでいるそうです。

>ADHD・発達障害の有名人・芸能人一覧

関連記事

ピックアップ記事

  1. ディスカリキュア 算数障害 学習障害
    今姪っ子は5歳なのですが、療育施設に元気いっぱいに通っています。 ADHDの症状をもっている子…
  2. 学習障害
    私が勤務する保育園にも毎年一人はADHDである子供、もしくはADHDではないか?と疑われる子供が入園…
  3. 仕事を辞めたい
    子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。 ADHDという特徴により、私は…
  4. 反抗挑戦性障害
    私は、小さい頃から多くのいじめに遭っていました。 「私の何がダメなんだろう。なぜ人と同じことが…
  5. DHA+EPA 市販薬
    【人気ランキング】お医者さんに行かずに市販薬・サプリメントでADHDを改善! ADHDやADD…
  6. 回避性パーソナリティ障害の治療方法と付き合い方・就職
    何故か部屋の整理整頓がどうしてもできない 私は子供の頃から、教科の勉強、日常生活何においても、…
  7. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  8. コンサータ
    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…

ピックアップ記事

  1. ADHD(注意欠如・多動性障害)とは

    2017-3-14

    ADHD(注意欠如・多動性障害)とは?

    ADHD(注意欠如・多動性障害)とはいったいどんなモノなの? ADHD(Attention-d…
  2. ダニエル・ラドクリフ 障害 病気

    2016-5-3

    ダニエル・ラドクリフさんの場合【統合運動障害の有名人・芸能人】

    群発頭痛、アルコール依存症、運動障害と闘ってきたダニエル・ラドクリフさん ハリー・ポッター役で…
  3. 情緒障害児短期治療施設

    2017-1-15

    発達障害グレーゾーンの娘の療育。【子供の発達障害体験記】

    幼稚園年少、3歳の娘の療育開始までの道のり 幼稚園に入るまでは、毎日公園に通い、よく笑い、友達…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る