黒柳徹子さんの場合【発達障害の有名人・芸能人】

黒柳徹子

徹子の部屋でおなじみの黒柳徹子さんは計算障害、読書障害

徹子の部屋は世界トップの長寿番組でもあり、今なお芸能界のトップを走り続けています。

そんな伝説の域に達しているであろう番組である徹子の部屋でおなじみの黒柳徹子さんも、ADHD、計算障害、読書障害などの発達障害であったと自身で告白してる芸能人の一人でもあります。

>ADHD・発達障害の有名人・芸能人一覧

最近ではそんな女優・黒柳徹子さんの半生をドラマ化する『トットちゃん』が、テレビ朝日系帯ドラマ劇場で公開されていますね。

これまでテレビドラマ・映画などの映像化は一切されていない『窓ぎわのトットちゃん』の時代からもエピソードを抜粋しているそうです。

ドラマ内で触れるかどうかわかりませんが、小説の「窓際のトットちゃん」を見ると理由がわかってきます。

エピソードとしては

  • 蓋の付いている机が珍しく、授業中に100ぺんくらい蓋を開け閉め
  • 授業中に教室からチンドン屋さんを呼んでしまい、授業にならなくなってしまった
  • 樹にとまっている鳥に話しかけて授業にならなかった
  • 先生の注意の意図がわからない

など、発達障害児の兆候がよく見てとれます。

「トモエ学園」に転校

そんな黒柳徹子さんをみて、母親が小学校1年生の時に「トモエ学園」に転校させます。
ここで出会った校長先生が黒柳徹子さんの人生を大きく変えたのです。

なんと、校長先生は話が止まらない黒柳徹子さんの話を黙って4時間も聴いてくれたのです。
たまらなく嬉しかったと同時に、少しづつ自分の症状に気が付くようになっていったそうです。

また、黒柳徹子さんは2001年に出版した著書「小さいときから考えてきたこと」にて、自分は読書障害と計算障害だったのでは、と書いてもいます。

今でこそ、読書障害や計算障害、ADHD、自閉症、アスペルガー症候群など、世間で認知されてきましたが、黒柳徹子さんの小さいころは戦前です。

そのような時代ですから周りの理解も少なかったことでしょう。

その時代に「トモエ学園」の校長先生に出会えたことは黒柳徹子さんにとってまさに人生の転換期だったことでしょう。

>ADHD・発達障害の有名人・芸能人一覧

関連記事

ピックアップ記事

  1. ディスカリキュア 算数障害 学習障害
    今姪っ子は5歳なのですが、療育施設に元気いっぱいに通っています。 ADHDの症状をもっている子…
  2. 学習障害
    私が勤務する保育園にも毎年一人はADHDである子供、もしくはADHDではないか?と疑われる子供が入園…
  3. 仕事を辞めたい
    子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。 ADHDという特徴により、私は…
  4. 反抗挑戦性障害
    私は、小さい頃から多くのいじめに遭っていました。 「私の何がダメなんだろう。なぜ人と同じことが…
  5. DHA+EPA 市販薬
    【人気ランキング】お医者さんに行かずに市販薬・サプリメントでADHDを改善! ADHDやADD…
  6. 回避性パーソナリティ障害の治療方法と付き合い方・就職
    何故か部屋の整理整頓がどうしてもできない 私は子供の頃から、教科の勉強、日常生活何においても、…
  7. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  8. コンサータ
    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…

ピックアップ記事

  1. 自己愛性パーソナリティー障害

    2017-2-15

    29歳で広汎性発達障害と診断された私。【体験ブログ】

    私が発達障害であると診断を受けたのは29歳の時で、比較的遅い段階でした。 それまでは家族から「…
  2. 大人のADHDとは

    2015-12-1

    大人のADHDとは?

    今非常に注目を集めているのが「大人のADHD」 ADHD(注意欠如・多動性障害)という症状は、…
  3. 回避性パーソナリティ障害

    2016-9-12

    うつ病を発症したのは、私の母です。【体験ブログ】

    今もなおうつ病と戦っています。 母がうつ病にかかった時、当時40代でした。 私は高校生で妹は…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る