反抗挑戦性障害の幼児への対応・対処法

てんかんとは、「てんかん発作」を繰り返し起こす慢性疾患


大脳の神経細胞の過剰な放電が原因で、脳の一部または全体に電気的な興奮が起こり、それに伴い「痙攣(けいれん)」や「意識障害」などの発作を起こす病気です。
てんかん発作には様々な種類がありますが、1人の患者に現れる発作の症状はほぼ一定です。

同じ人に同じ発作が繰り返し起こるのがてんかんの特徴です。
通常、発作の持続時間は短く、数秒から数分以内です。

もし5~10分以上発作が続く場合は「てんかん重積」と呼ばれ、病院で救急診療を受ける必要があります。


てんかん発作の種類は?


発作の種類は大きく分けて「部分発作」と「全般発作」の2つがあります。

■「部分発作」=神経の過剰な放電による電気的興奮が、限定的に脳の一部で起こるもの


「部分発作」は更に「単純部分発作」と「複雑部分発作」に分けられます。
また、部分発作が引き金になって全身に痙攣が広がるものを「二次性全般発作」と呼びます。


「単純部分発作」~発作の間、患者に意識があるものは単純部分発作と呼ばれます。
脳のどの部位で過剰な電気的興奮が起こっているかによって症状が違いますが、運動症状・感覚症状・自律神経症状などが現れます。精神発作が起こる場合もあります。


「複雑部分発作」~発作時に意識障害を伴うものを複雑部分発作と呼びます。患者自身は発作のことを覚えておらず、記憶障害を示します。
発作中、自覚がないまま無意味な行動を取る「自動症」を伴うこともあります。

■「全般発作」=神経の過剰な放電による電気的興奮が、発作の初めから脳の大部分または全体で起こるもの

全般発作には代表的な発作として体を硬直させてから痙攣が起こる「強直間代(きょうちょくかんだい)発作」と、その他「ミオクロニー発作」「てんかん性攣縮(スパズム)」「強直発作」「間代発作」「欠神発作」「脱力発作」などがあります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 情緒障害児短期治療施設
    幼稚園年少、3歳の娘の療育開始までの道のり 幼稚園に入るまでは、毎日公園に通い、よく笑い、友達…
  2. 学習障害
    初めに気になったのは1歳の頃です。 離乳食も進み、外食を少しづつ始めた頃でした。 子どもの食…
  3. 診断基準
    小学校時代から検査に至るまでの自分、その後の体験談を書いてみようと思います。 数年前、発達障害…
  4. 診断基準
    当時入社して3年目。心療内科へ行くことを勧められました。  当時入社して3年目。 最初は、「…
  5. 仕事を辞めたい
    両親も「何かおかしい」とは思っていたそうです。 現在34歳の男性ですが、27歳のときに発達障害…
  6. 不注意型ADHD
    ADHDの3大症状のうち不注意が多い「不注意型ADHD」とは? ADHDの3大症状は「不注意」…
  7. 反抗挑戦性障害
    現在10歳になる娘がいます。その娘が6歳で小学校一年生の時でした。 普段から落ち着きが全くなく…
  8. ワーキングメモリーとは
    トイレに行ったときふと「死にたい」とふっと思ったのです。 22歳の頃から神経性胃炎にはよく…

ピックアップ記事

  1. 子供のADHD(注意欠如・多動性障害)

    2015-12-1

    子供のADHD(注意欠如・多動性障害)とは?

    30人に1人はADHDと言われています ADHD(注意欠如・多動性障害)と診断される子供は、日…
  2. JOHN F. KENNEDY

    2015-12-9

    ジョン・F・ケネディの場合 【ADHDの有名人・芸能人】

    アメリカ大統領【ジョン・F・ケネディ】もADHDだった? アメリカの政治家として、超有名な第3…
  3. コンサータ

    2015-9-24

    コンサータの効果と副作用【ADHDの薬】

    ADHDの薬「コンサータ(メチルフェニデート)」とは? ADHDの投薬治療は、基本的に原因治療…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る