薬 ADHD

てんかんの治療法は現在、内科的な治療が主流

てんかんを治療するために病院を受診する場合、まず診療科ですが、15歳以下の場合は小児神経科、15歳以上なら精神科・脳外科・神経内科などが診療を行っています。
てんかんの治療法は現在、内科的な治療が主流であり、中でも薬物治療(服薬治療)が中心です。

薬物治療以外の内科的療法には迷走神経刺激療法(補助的な治療の位置づけ)、ケトン食療法(医師と栄養士の指導の下で糖や炭水化物の摂取を減らし脂肪の摂取を増やす食事療法)、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の筋肉注射などがあります。

医師の処方による抗てんかん薬を服用しましょう

薬物治療とは具体的に言うと、医師の処方による抗てんかん薬を服用することです。
てんかんの発作は人によって色々タイプが異なりますので、その人の症状にあった薬を処方して貰い、服薬することが重要です。

部分発作をおこすてんかんの治療にはカルマバゼビンが、全般発作をおこすてんかんの治療にはバルプロ酸ナトリウムが第一選択薬として広く使用されていますが、現在日本ではそのほかに10種類以上の抗てんかん薬があり、症状によって組み合わせて使われています。

てんかんの発作を抑制する抗てんかん薬

抗てんかん薬は、てんかん発作が起きないよう大脳の過剰な電気的興奮を抑える働きがある薬で、てんかんの発作を抑制します。
発作を起こす可能性のある間は抗てんかん薬を飲み続けていく必要があります。

薬物治療が発作の抑制に有効でなく、てんかん発作が慢性化するものを「難治性てんかん」と言い、患者のおよそ20%程度がこれにあたります。

難治性てんかんの中で、内側側頭葉てんかん、器質病変が検出された部分てんかん、器質病変を認めない部分てんかん、片側半球の広範な病変による部分てんかん、失立発作を持つ難治てんかんの5種類については、外科手術が可能とされています。
この5種のてんかんは全て、症候性てんかんです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ディスカリキュア 算数障害 学習障害
    今姪っ子は5歳なのですが、療育施設に元気いっぱいに通っています。 ADHDの症状をもっている子…
  2. 学習障害
    私が勤務する保育園にも毎年一人はADHDである子供、もしくはADHDではないか?と疑われる子供が入園…
  3. 仕事を辞めたい
    子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。 ADHDという特徴により、私は…
  4. 反抗挑戦性障害
    私は、小さい頃から多くのいじめに遭っていました。 「私の何がダメなんだろう。なぜ人と同じことが…
  5. DHA+EPA 市販薬
    【人気ランキング】お医者さんに行かずに市販薬・サプリメントでADHDを改善! ADHDやADD…
  6. 回避性パーソナリティ障害の治療方法と付き合い方・就職
    何故か部屋の整理整頓がどうしてもできない 私は子供の頃から、教科の勉強、日常生活何においても、…
  7. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  8. コンサータ
    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…

ピックアップ記事

  1. 遺伝 家族 ADHD

    2017-2-22

    心療内科でアスペルガー症候群でと正式に診断されて。【体験ブログ】

    幼稚園の頃から人付き合いがずっと苦手だった 私は幼いころから人と接することが苦手でしたが、当時…
  2. ADHD 割合

    2017-7-20

    ADHDの人はどのぐらいの割合でいるの?

    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
  3. ADHD 仕事 対策

    2017-2-18

    大人になってADHD、AQ(アスペルガー症候群)と診断。【体験ブログ】

    2016年に、ADHD、AQ(アスペルガー症候群)と、診断されました。 最初は、うつ病と診断さ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る