タグ:手術

  • 薬 ADHD

    てんかんの治療法、薬は?

    てんかんの治療法は現在、内科的な治療が主流 てんかんを治療するために病院を受診する場合、まず診療科ですが、15歳以下の場合は小児神経科、15歳以上なら精神科・脳外科・神経内科などが診療を行っています。 てんかんの…

ピックアップ記事

  1. コンサータ 副作用
  2. 診断基準
  3. 反抗挑戦性障害
  4. 反抗挑戦性障害の幼児への対応・対処法
  5. ADHD 仕事 対策
  6. 子供のADHD(注意欠如・多動性障害)
  7. ADHD 仕事 ミス

ピックアップ記事

  1. 自己愛性パーソナリティー障害

    2017-2-15

    29歳で広汎性発達障害と診断された私。【体験ブログ】

    私が発達障害であると診断を受けたのは29歳の時で、比較的遅い段階でした。 それまでは家族から「…
  2. JOHN F. KENNEDY

    2015-12-9

    ジョン・F・ケネディの場合 【ADHDの有名人・芸能人】

    アメリカ大統領【ジョン・F・ケネディ】もADHDだった? アメリカの政治家として、超有名な第3…
  3. ADHD(注意欠如・多動性障害)とは

    2017-3-14

    ADHD(注意欠如・多動性障害)とは?

    ADHD(注意欠如・多動性障害)とはいったいどんなモノなの? ADHD(Attention-d…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る