多動性型ADHD

ADHDの3大症状のうち不注意が多い「多動性型ADHD」とは?


ADHDの3大症状である「不注意」・「多動性」・「衝動性」ですが、このうち「多動性」の症状が多いADHDを「多動性型ADHD」と呼びます。

この多動性を簡単に言えば「じっとしていることが出来ず、前触れなく唐突に行動する」という事が挙げられます。
そわそわして落ち着きがない方や、どうしても思い通りに行動できない方はもしかしたら多動性型ADHDかもしれませんね。

以下のような症状や特徴を持つ場合、多動性型ADHDと診断される場合がありますので、今一度自己診断チェックしてみましょう。


多動性型ADHDの診断チェック表


  • 職場や学校で、じっと椅子に座っていることが出来ない
  • 手や足をそわそわと動かしていることが多い
  • 座っている事が要求される状況で席を立つ
  • 不適切な状況で、動き回ったり高いところへ上る
  • 順序立てたり、スケジューリングが出来ない
  • 静かに遊んだり、過ごすことが出来ない
  • 唐突に動き出す
  • しゃべりすぎ

このような症状や特徴が多く見受けられ、6か月以上続いた場合、多動性型ADHDの可能性があります。
※あくまで可能性です。正規の診断には専門の医師による診断が不可欠です。


大人になってからの多動性型ADHDは非常にわかりやすく、自分からも他人からもわかりやすいと言えるでしょう。

がしかし、重要なのは幼児や子供の場合です。
特に子供はそれ自体が好奇心旺盛で、走りまわったり、急に席を立つこともたびたびあるはずです。
安易に多動性型ADHDと判断せずに、しっかりと経過をみつつ、両親や他の家族、学校の先生などの意見を聞きつつ判断をすることが重要です。


関連記事

ピックアップ記事

  1. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
  2. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  3. ADHD 仕事 ミス
    仕事上でこんなミスを繰り返している方はADHDかも? 誰でも仕事上でミスはするものです。 し…
  4. ADHD 割合
    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
  5. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  6. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  7. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  8. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…

ピックアップ記事

  1. 大人のADHDとは

    2015-12-1

    大人のADHDとは?

    今非常に注目を集めているのが「大人のADHD」 ADHD(注意欠如・多動性障害)という症状は、…
  2. 2015-9-22

    美健知箋EPA&DHAの口コミ・評判は?【ADHDサプリメント】

    ADHDの改善を目指すなら佐藤製薬の「美健知箋EPA&DHA」 ADHDの症状改善には病院でし…
  3. ADHD コンサータ

    2017-4-15

    アスペルガー症候群の治療で月1回の診察と週1回のカウンセリング中【体験ブログ】

    私は23歳のときに発達障害がわかり、アスペルガー症候群の可能性があるといわれました。 きっかけ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る