多動性型ADHD

ADHDの3大症状のうち不注意が多い「多動性型ADHD」とは?


ADHDの3大症状である「不注意」・「多動性」・「衝動性」ですが、このうち「多動性」の症状が多いADHDを「多動性型ADHD」と呼びます。

この多動性を簡単に言えば「じっとしていることが出来ず、前触れなく唐突に行動する」という事が挙げられます。
そわそわして落ち着きがない方や、どうしても思い通りに行動できない方はもしかしたら多動性型ADHDかもしれませんね。

以下のような症状や特徴を持つ場合、多動性型ADHDと診断される場合がありますので、今一度自己診断チェックしてみましょう。


多動性型ADHDの診断チェック表


  • 職場や学校で、じっと椅子に座っていることが出来ない
  • 手や足をそわそわと動かしていることが多い
  • 座っている事が要求される状況で席を立つ
  • 不適切な状況で、動き回ったり高いところへ上る
  • 順序立てたり、スケジューリングが出来ない
  • 静かに遊んだり、過ごすことが出来ない
  • 唐突に動き出す
  • しゃべりすぎ

このような症状や特徴が多く見受けられ、6か月以上続いた場合、多動性型ADHDの可能性があります。
※あくまで可能性です。正規の診断には専門の医師による診断が不可欠です。


大人になってからの多動性型ADHDは非常にわかりやすく、自分からも他人からもわかりやすいと言えるでしょう。

がしかし、重要なのは幼児や子供の場合です。
特に子供はそれ自体が好奇心旺盛で、走りまわったり、急に席を立つこともたびたびあるはずです。
安易に多動性型ADHDと判断せずに、しっかりと経過をみつつ、両親や他の家族、学校の先生などの意見を聞きつつ判断をすることが重要です。


関連記事

ピックアップ記事

  1. 学習障害
    私が勤務する保育園にも毎年一人はADHDである子供、もしくはADHDではないか?と疑われる子供が入園…
  2. 仕事を辞めたい
    子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。 ADHDという特徴により、私は…
  3. 反抗挑戦性障害
    私は、小さい頃から多くのいじめに遭っていました。 「私の何がダメなんだろう。なぜ人と同じことが…
  4. DHA+EPA 市販薬
    【人気ランキング】お医者さんに行かずに市販薬・サプリメントでADHDを改善! ADHDやADD…
  5. 回避性パーソナリティ障害の治療方法と付き合い方・就職
    何故か部屋の整理整頓がどうしてもできない 私は子供の頃から、教科の勉強、日常生活何においても、…
  6. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  7. コンサータ
    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…
  8. 薬 ADHD
    薬に頼りたくないなら「リラクミンプレミアム」 ADHDの症状は大きく2方面に分かれるのでないで…

ピックアップ記事

  1. 不注意型ADHD

    2016-10-22

    不注意型の特徴と症状。診断チェック表 【ADHDの3大症状】

    ADHDの3大症状のうち不注意が多い「不注意型ADHD」とは? ADHDの3大症状は「不注意」…
  2. 中学生 ADHD

    2017-2-1

    私がが自閉症スペクトラム障害と診断されるまで。【体験ブログ】

    いじめと摂食障害を経て、自閉症スペクトラム障害と診断 わたしは子供の頃から親や友達、親の友達、…
  3. 大きな病院で診断

    2016-8-8

    わが子が発達障害の診断を受けるまで【体験ブログ】

    言葉を発するのがちょっと遅かったけれど 私の娘は、2600gと小さくはありましたが自然分娩で元…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る