多動性型ADHD

ADHDの3大症状のうち不注意が多い「多動性型ADHD」とは?


ADHDの3大症状である「不注意」・「多動性」・「衝動性」ですが、このうち「多動性」の症状が多いADHDを「多動性型ADHD」と呼びます。

この多動性を簡単に言えば「じっとしていることが出来ず、前触れなく唐突に行動する」という事が挙げられます。
そわそわして落ち着きがない方や、どうしても思い通りに行動できない方はもしかしたら多動性型ADHDかもしれませんね。

以下のような症状や特徴を持つ場合、多動性型ADHDと診断される場合がありますので、今一度自己診断チェックしてみましょう。


多動性型ADHDの診断チェック表


  • 職場や学校で、じっと椅子に座っていることが出来ない
  • 手や足をそわそわと動かしていることが多い
  • 座っている事が要求される状況で席を立つ
  • 不適切な状況で、動き回ったり高いところへ上る
  • 順序立てたり、スケジューリングが出来ない
  • 静かに遊んだり、過ごすことが出来ない
  • 唐突に動き出す
  • しゃべりすぎ

このような症状や特徴が多く見受けられ、6か月以上続いた場合、多動性型ADHDの可能性があります。
※あくまで可能性です。正規の診断には専門の医師による診断が不可欠です。


大人になってからの多動性型ADHDは非常にわかりやすく、自分からも他人からもわかりやすいと言えるでしょう。

がしかし、重要なのは幼児や子供の場合です。
特に子供はそれ自体が好奇心旺盛で、走りまわったり、急に席を立つこともたびたびあるはずです。
安易に多動性型ADHDと判断せずに、しっかりと経過をみつつ、両親や他の家族、学校の先生などの意見を聞きつつ判断をすることが重要です。


関連記事

ピックアップ記事

  1. 情緒障害児短期治療施設
    幼稚園年少、3歳の娘の療育開始までの道のり 幼稚園に入るまでは、毎日公園に通い、よく笑い、友達…
  2. 学習障害
    初めに気になったのは1歳の頃です。 離乳食も進み、外食を少しづつ始めた頃でした。 子どもの食…
  3. 診断基準
    小学校時代から検査に至るまでの自分、その後の体験談を書いてみようと思います。 数年前、発達障害…
  4. 診断基準
    当時入社して3年目。心療内科へ行くことを勧められました。  当時入社して3年目。 最初は、「…
  5. 仕事を辞めたい
    両親も「何かおかしい」とは思っていたそうです。 現在34歳の男性ですが、27歳のときに発達障害…
  6. 不注意型ADHD
    ADHDの3大症状のうち不注意が多い「不注意型ADHD」とは? ADHDの3大症状は「不注意」…
  7. 反抗挑戦性障害
    現在10歳になる娘がいます。その娘が6歳で小学校一年生の時でした。 普段から落ち着きが全くなく…
  8. ワーキングメモリーとは
    トイレに行ったときふと「死にたい」とふっと思ったのです。 22歳の頃から神経性胃炎にはよく…

ピックアップ記事

  1. ダニエル・ラドクリフ 障害 病気

    2016-5-3

    ダニエル・ラドクリフさんの場合【統合運動障害の有名人・芸能人】

    群発頭痛、アルコール依存症、運動障害と闘ってきたダニエル・ラドクリフさん ハリー・ポッター役で…
  2. 不注意型ADHD

    2016-10-22

    不注意型の特徴と症状。診断チェック表 【ADHDの3大症状】

    ADHDの3大症状のうち不注意が多い「不注意型ADHD」とは? ADHDの3大症状は「不注意」…
  3. 情緒障害児短期治療施設

    2017-1-15

    発達障害グレーゾーンの娘の療育。【子供の発達障害体験記】

    幼稚園年少、3歳の娘の療育開始までの道のり 幼稚園に入るまでは、毎日公園に通い、よく笑い、友達…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る