steve-Jobs

アップルの創始者スティーブ・ジョブズも発達障害だった


世界的大企業アップル・コンピュータの創始者スティーブ・ジョブズもADHD、アスペルガー症候群だったと言われています。
2011年に惜しまれつつ他界されましたが、ジョブズの残した数々の製品は世界中で愛されていますね。

特に自身が発表したわけではないのですが、数々のエピソードをつなぎ合わせていくとADHD、アスペルガー症候群だったというのが頷けてきます。

アップルという企業を世界に知らしめ、iPhone、Mac、iPod、という世界を変えた製品を世に送り出した裏にはADHD、アスペルガー症候群との上手な付き合い方があったのです。


とにかくやんちゃだったスティーブ・ジョブズの子供時代


そう、とりわけ目立つエピソードは子供時代が多いように思えます。


  • 殺虫剤の「味見」
  • 小学校では授業中に花火
  • ヘアピンが電気を通すのか確かめたくてコンセントに突っ込んで感電
など、発達障害をにおわせる行動をされています。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6994246849905881"
data-ad-slot="5131093724"
data-ad-format="auto">



それらの個性を大いに発揮して世界的な成功者へ


そんなスティーブ・ジョブズですが、ADHD、発達障害のおおきな特徴である大いなる好奇心を活かしきって世界的な成功者へ登り詰めます。

恐らく世界で最も知られている経営者ではないでしょうか。


そんなスティーブ・ジョブズが模範となっているのかはわかりませんが、なんと今現在、欧米を中心にクリエイティブな人材を採用しようとして、さらには規則を破っていく起業家に期待してアスペルガー、ADHD、ディスレクシアの人材の採用を進めているらしいのです。


学校とは違い、市場は「規格外」の人を求めているのです。
フェイスブック社の経営陣はアスペルガーっぽいらしいですし、まさに発達障害は障害ではなく、まさに個性である証拠でしょう。

こういった方々の活躍をみていると、発達障害を活かしていくことの重要性がわかりますね。

>ADHD・発達障害の有名人・芸能人一覧

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  2. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  3. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  4. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…
  5. 反抗挑戦性障害の幼児への対応・対処法
    私は38歳の男性です。結婚していて二人の息子がいます 長男が強迫性障害とパニック障害になってし…
  6. ADHD コンサータ
    私は23歳のときに発達障害がわかり、アスペルガー症候群の可能性があるといわれました。 きっかけ…
  7. とっても大事なADHDの方の食事 子供・大人に関わらず、ADHDの場合は食事に気を付ける事が求…
  8. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…

ピックアップ記事

  1. 仕事を辞めたい

    2017-5-15

    衝動性の強いアスペルガー障害と診断された私の人生。【体験ブログ】

    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  2. 学習障害

    2016-8-8

    私の中学生の息子なのですが、適応障害と診断されました。【体験ブログ】

    実は、ここに行き着くまでにかなり長い道のりでした。 最初は、中学2年生になって、急に学力の低下…
  3. 大きな病院で診断

    2016-8-8

    わが子が発達障害の診断を受けるまで【体験ブログ】

    言葉を発するのがちょっと遅かったけれど 私の娘は、2600gと小さくはありましたが自然分娩で元…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る