衝動型ADHD

ADHDの3大症状のうち不注意が多い「衝動型ADHD」とは?


ADHDの3大症状である「不注意」・「多動性」・「衝動性」のうち「衝動性」の症状が多いADHDを「衝動型ADHD」と呼びます。

衝動型ADHDは突発的な行動が非常に多く、子供や幼児の場合は周りを驚かせる場合もあります。
日々過ごしていく中で、あれ?と思うような行動をお子様がする場合はもしかしたら衝動型ADHDの可能性があるかもしれません。


以下のような症状や特徴を持つ場合、衝動型ADHDと診断される場合があります。


衝動型ADHDの診断チェック表


  • 質問や話が終わる前に、遮るように答える・話し出す
  • 順番を待つことが困難
  • 人の邪魔をしたりする(人の会話の邪魔をする、仕事の邪魔をする等)

このような症状や特徴が多く見受けられ、6か月以上続いた場合、衝動型ADHDの可能性があります。
※あくまで可能性です。正規の診断には専門の医師による診断が不可欠です。

衝動型ADHDは上記以外でも突発的な行動が目立ちます。
急に話し出したりして衝動的な行動が多くなります。


これらも幼児期や小学校低学年次ぐらいの時期は、普通に見受けられることでもありますので、すぐに判断しない事が大事です。
6か月以上続いた場合、疑ってみましょう。

衝動型ADHDは大人になるにつれ、自分の自制心が衝動を抑えられるようになってきて症状が抑えられていく場合が多いようです。

また、衝動型ADHDは自分よりも他人に迷惑をかける場合が多く、また自分では気が付かない場合も多々あるそうです。
もし、自分がADHDかも・・・と思っている方は、今一度自分の行動を振り返ってみるのも良いでしょう。


関連記事

ピックアップ記事

  1. 学習障害
    私が勤務する保育園にも毎年一人はADHDである子供、もしくはADHDではないか?と疑われる子供が入園…
  2. 仕事を辞めたい
    子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。 ADHDという特徴により、私は…
  3. 反抗挑戦性障害
    私は、小さい頃から多くのいじめに遭っていました。 「私の何がダメなんだろう。なぜ人と同じことが…
  4. DHA+EPA 市販薬
    【人気ランキング】お医者さんに行かずに市販薬・サプリメントでADHDを改善! ADHDやADD…
  5. 回避性パーソナリティ障害の治療方法と付き合い方・就職
    何故か部屋の整理整頓がどうしてもできない 私は子供の頃から、教科の勉強、日常生活何においても、…
  6. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  7. コンサータ
    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…
  8. 薬 ADHD
    薬に頼りたくないなら「リラクミンプレミアム」 ADHDの症状は大きく2方面に分かれるのでないで…

ピックアップ記事

  1. 学習障害

    2017-2-28

    ADHD(注意欠陥性多動症)の子供を育児中。【体験ブログ】

    園長から「とても保育しきれない」とはっきり言われて ADHD(注意欠陥性多動症)の息子の育児体…
  2. 仕事を辞めたい

    2016-11-16

    27歳のときに発達障害と診断されました。【体験ブログ】

    両親も「何かおかしい」とは思っていたそうです。 現在34歳の男性ですが、27歳のときに発達障害…
  3. 仕事を辞めたい

    2017-5-15

    衝動性の強いアスペルガー障害と診断された私の人生。【体験ブログ】

    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る