薬 ADHD

薬に頼りたくないなら「リラクミンプレミアム」


ADHDの症状は大きく2方面に分かれるのでないでしょうか。
一つは直接的な症状である「多動性障害」や「注意欠如障害」です。

そして2つ目が直接的な症状が原因となって引き起こされる大きな「ストレス」や「ゆううつ」「不安」などの間接的な症状でしょう。



ADHDにおすすめの「リラクミンプレミアム」


ADHDである管理人も経験があるのですがADHDの症状で自分が被害を受けるのならまだしも、他人に迷惑をかけてしまったり、ADHDの症状を恐れるあまりに不安やストレスで押しつぶされそうになったり・・・

同じように悩んでいる方は多いのではないでしょうか。


とはいっても、あんまりメンタルヘルスの薬にばっかり頼るのはちょっと・・・
という方におススメなのが今回紹介する「リラクミンプレミアム」です。

心と身体に効くとされる18種類の成分をぎゅっと濃縮したサプリメントでまさに上記のようなADHDの諸症状で悩んでいる方にピッタリのサプリメントなんです。


薬ではなくあくまでサプリメントな「リラクミンプレミアム」


そう、「リラクミンプレミアム」の特徴は薬ではなくあくまでサプリメントということです。

「病院に行って薬をもらうまでは・・・」
「メンタルの薬に頼りたくないな・・・」


という方はもちろんの事、通院中の方でも処方箋と合わせて服用できるのがお勧めのポイントなんです。



薬に頼りたくないなら「リラクミンプレミアム」


というのも、「リラクミンプレミアム」の成分は、イチョウ葉エキス、DHA、EPA、クワンソウ、ギャバ、ラフマ葉エキスなど、自然由来のもばかり。

あくまで心と身体に効く有効成分をぎゅーーと絞った栄養補助サプリメントなんです。

これなら薬に頼りたくないな・・・なんて方も安心して飲めますね。

特に忘れっぽい対策に有用なリラクミンプレミアムの4成分


18種類もの成分を含んでいるリラクミンプレミアムですが、とりわけ忘れっぽい対策に有用な成分が、イチョウ葉エキス、α-GPC、DHA、EPAの4成分です。

  • 脳や毛細血管の血行が大変良くなる「イチョウ葉エキス」
  • 神経細胞や成長ホルモンに作用し、記憶力に影響する「α-GPC」
  • 脳内の働きを活性化させ、注意持続力や記憶力の改善が期待できる「DHA&EPA」

がたっぷりと含まれているのです。
正直、このような組み合わせで販売されているサプリメントはとっても貴重であり、伊達に「プレミアム」と冠しているわけではないことがうかがえますね。


ADHDを改善するために、お手軽にひとつのサプリメントを飲み始めたい・・・っていう方には最高のサプリメントと言って良いでしょう。


口コミ・評判もいいリラクミンプレミアム


副作用もなく、穏やかに効く感じが気に入っています・・・という口コミでわかるように、「リラクミンプレミアム」はあくまで薬ではなく、サプリメントの範囲であるため、副作用の心配が少ないっていうのが魅力のようですね。


  • ADHDの症状で悩んでいる方
  • ADHDの症状で不安になっている方
  • 忘れ物やうっかりミスが多くなってきた方
  • ADHDの薬に頼りたくない方
  • ADHDに加えてうつ病や不安障害やパニック障害をお持ちの方


こんな方からの評判がすこぶるいいようです。
やはりあくまで薬ではなく、サプリメントの範囲でこれだけの高い効果を得られるというのが魅力的なんでしょうね。

サイト的にも安心してお勧めできるサプリメントです。



薬に頼りたくないなら「リラクミンプレミアム」

関連記事

ピックアップ記事

  1. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
  2. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  3. ADHD 仕事 ミス
    仕事上でこんなミスを繰り返している方はADHDかも? 誰でも仕事上でミスはするものです。 し…
  4. ADHD 割合
    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
  5. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  6. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  7. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  8. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…

ピックアップ記事

  1. 回避性パーソナリティ障害

    2016-9-12

    うつ病を発症したのは、私の母です。【体験ブログ】

    今もなおうつ病と戦っています。 母がうつ病にかかった時、当時40代でした。 私は高校生で妹は…
  2. コンサータ

    2015-9-24

    コンサータの効果と副作用【ADHDの薬】

    ADHDの薬「コンサータ(メチルフェニデート)」とは? ADHDの投薬治療は、基本的に原因治療…
  3. 子供のADHD(注意欠如・多動性障害)

    2015-12-1

    子供のADHD(注意欠如・多動性障害)とは?

    30人に1人はADHDと言われています ADHD(注意欠如・多動性障害)と診断される子供は、日…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る