PTSD 薬

PTSDは精神療法(心理療法)と薬物療法


PTSDの治療として、精神療法(心理療法)と薬物療法が行われています。

精神療法には、こだわりのあり方や考え方の癖を見直して別の視点で物事を見るよう思考を変えていく認知行動療法、治療者と一緒に安全な場所・空間において、避けていたトラウマ記憶を思い出したり再現する作業を繰り返し行う持続エクスポージャー(暴露)療法などがあります。


また、最近では、同じようにPTSDに苦しむ人達がお互いに自分の苦しみや辛さを語り合うグループ療法(集団療法)や、EMDRなども行われるようになってきました。

EMDRとは「眼球運動による脱感作および再処理法」の略で、心理療法に加えて脳の神経系に働きかけると言われている眼球運動を行うものです。
EMDRはPTSDの治療には効果が高いとされています。

ただし、現在の日本にはまだ、EMDRによる治療を受けられる医療施設はそれほど多くありません。

薬物療法は全てのPTSD患者に使用されるわけではありませんが、辛い症状が長く続き改善が見られない場合に、抗うつ薬や抗不安薬等の薬剤が用いられることがあります。


PTSDの治療薬は?


治療薬の中で、最近の第一選択肢として推奨されているのは抗うつ剤の一種であるSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)です。
日本で使用が認可されているSSRIには、フルボキサミン、パロキセチン、セルトラリン、エスシタロプラムの4種があります。


そのほか、SSRI以外の抗うつ剤(三環系抗うつ薬など)、抗不安薬(ベンゾジアピン系薬剤など)、気分安定薬(バルプロ酸やカルマバゼピンなど)なども、症状に合わせて処方されます。

また、柴胡加竜骨牡蠣湯や加味逍遙散・半夏厚朴湯などの漢方薬にも、PTSDの症状に効果が見られるものがあります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 情緒障害児短期治療施設
    幼稚園年少、3歳の娘の療育開始までの道のり 幼稚園に入るまでは、毎日公園に通い、よく笑い、友達…
  2. 学習障害
    初めに気になったのは1歳の頃です。 離乳食も進み、外食を少しづつ始めた頃でした。 子どもの食…
  3. 診断基準
    小学校時代から検査に至るまでの自分、その後の体験談を書いてみようと思います。 数年前、発達障害…
  4. 診断基準
    当時入社して3年目。心療内科へ行くことを勧められました。  当時入社して3年目。 最初は、「…
  5. 仕事を辞めたい
    両親も「何かおかしい」とは思っていたそうです。 現在34歳の男性ですが、27歳のときに発達障害…
  6. 不注意型ADHD
    ADHDの3大症状のうち不注意が多い「不注意型ADHD」とは? ADHDの3大症状は「不注意」…
  7. 反抗挑戦性障害
    現在10歳になる娘がいます。その娘が6歳で小学校一年生の時でした。 普段から落ち着きが全くなく…
  8. ワーキングメモリーとは
    トイレに行ったときふと「死にたい」とふっと思ったのです。 22歳の頃から神経性胃炎にはよく…

ピックアップ記事

  1. 診断基準

    2016-12-19

    検査の結果「発達障害の傾向がある」と診断されました。【体験ブログ】

    小学校時代から検査に至るまでの自分、その後の体験談を書いてみようと思います。 数年前、発達障害…
  2. 大人のADHDとは

    2016-8-25

    ADHD・発達障害の有名人・芸能人まとめ一覧

    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  3. 大きな病院で診断

    2016-8-8

    わが子が発達障害の診断を受けるまで【体験ブログ】

    言葉を発するのがちょっと遅かったけれど 私の娘は、2600gと小さくはありましたが自然分娩で元…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る