反社会性パーソナリティー障害

「強迫性パーソナリティ障害」とは、何事も完璧でいないと気が済まないなどの症状が表れる心の病です。
ルールを守らないといけないと思い、その考えに固執してしまったり、自分や他人のミスを許すことが出来ません。


生真面目で責任感、義務感に満ちているのが特徴です。
仕事をミスなくこなさないといけない、物やお金を節約しないといけないなどの強迫観念にとらわれ、他人にも自分のやり方を押し付けてしまうので、人間関係が円滑に築けなくなったりします。


強迫性パーソナリティ障害の方への接し方


パーソナリティ障害の人との接し方に共通して言えることは、その人を変えようとしないことです。
強迫性パーソナリティ障害の人は、考えが凝り固まっているので無理に変えようとしてはいけません


他人にも厳しく妥協をしないので、人間関係がうまくいかないことが多く、それを解消するには出来る限りこちらが合わせる必要があります。
強迫性パーソナリティ障害の人を上司や同僚に持った場合、独自のルールにのっとって仕事をしたときのみに認められるというケースが多く見られます。


きちんと役割分担をし、過去の資料や物を捨てるときはちゃんと理由を付けて説明するといいでしょう。
相手をうまくリードしながら、時々は休むことを教えてあげることが必要です。


言いなりばかりではこちらも疲れてしまうため、相手と自分の線引きをすることも大切となってきます。


そんな強迫性パーソナリティ障害の治療は?


カウンセリングなどの心理療法が有効だとされています。
強迫観念をほぐし、思い込みを見直していきます。

脳内神経伝達物質の一つであるセロトニンを調節する、SSRIという種類の処方薬や、うつ状態が見られる場合には抗うつ剤を処方する場合もあります。

全ての発症に対して治療が必要というわけではありません。

完璧主義な性格をうまく活かせる仕事に就けたり、家族や周りの人たちの理解や協力が得られる場合は、治療しなくても平気なことがあります。



脳内神経伝達物質の一つであるセロトニンで強迫性パーソナリティー障害を抑えよう


強迫性パーソナリティー障害を抑えるなら、まずは精神科を受診することが一番ですが、さらにお勧めは薬ではなくあくまで栄養補助であるサプリメントで改善を目指すのもおすすめです。
特に脳内神経伝達物質の一つであるセロトニンは強迫性パーソナリティー障害にとってとっても大事な成分であり、日常的に摂取することをお勧めします。

そんなセロトニンを摂取するのに特におススメなサプリメントが「リラクミンプレミアム」です。


心と身体に効くとされる18種類の成分をぎゅっと濃縮したサプリメントでまさに上記のような強迫性パーソナリティー障害の諸症状で悩んでいる方にピッタリのサプリメントなんです。
そう、「リラクミンプレミアム」の特徴は薬ではなくあくまでサプリメントということです。

「病院に行って薬をもらうまでは・・・」
「メンタルの薬に頼りたくないな・・・」


という方はもちろんの事、通院中の方でも処方箋と合わせて服用できるのがお勧めのポイントです。


というのも、「リラクミンプレミアム」の成分は、イチョウ葉エキス、DHA、EPA、クワンソウ、ギャバ、ラフマ葉エキスなど、自然由来のもばかり。

あくまで心と身体に効く有効成分をぎゅーーと絞った栄養補助サプリメントなんです。

これなら薬に頼りたくないな・・・なんて方も安心して飲めますね。
某通販サイトで5点満点中4.3~4.5点という高評価なのも頷けます。



薬に頼りたくないなら「リラクミンプレミアム」

関連記事

ピックアップ記事

  1. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
  2. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  3. ADHD 仕事 ミス
    仕事上でこんなミスを繰り返している方はADHDかも? 誰でも仕事上でミスはするものです。 し…
  4. ADHD 割合
    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
  5. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  6. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  7. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  8. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…

ピックアップ記事

  1. ADHD 割合

    2017-4-20

    30代後半女性。ADHDと自閉症スペクトラムです。【体験ブログ】

    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…
  2. ワーキングメモリーとは

    2015-10-3

    ワーキングメモリーとは?作業記憶・作動記憶を鍛える。

    脳の記憶の重要な機能であるワーキングメモリー ADHDやADDの方にとって、作業中・仕事中の効…
  3. ADHD 仕事 ミス

    2017-4-27

    上司のパワハラが原因で適応障害になり、仕事を退職。【体験ブログ】

    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る