パリス・ヒルトンさんの場合【ADHD/ADDの有名人・芸能人】

パリス・ヒルトン

お騒がせセレブ、パリス・ヒルトンさんもADD(注意欠陥症候群)だった


パリス・ヒルトン(Paris Whitney Hilton)(1981年2月17日 生まれ)はアメリカ合衆国のソーシャライト、ファッションモデル、ファッションデザイナー、歌手など多岐に渡っています。


また、しかもパリス・ヒルトンさんは、ホテルチェーン、ヒルトンホテルの創業者一族の令嬢でもあります。
そう、世界を代表するセレブ中のセレブと言って良いでしょう。


実はそんなパリス・ヒルトンさんは先日ずっとADDの症状で悩んでいたそうなのです。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6994246849905881"
data-ad-slot="5131093724"
data-ad-format="auto">



12歳の時にADD(Attention Deficit Disorder:注意欠陥症候群)と診断



パリス・ヒルトンは、12歳の時にADD(Attention Deficit Disorder:注意欠陥症候群)と診断されました。
子供のころから、投薬で衝動や問題行動をコントロールしながら、自分のADDの症状と付き合ってきたそうです。


彼女は、2007年には、日本で「リタリン」と同様に問題視されていて非常に危険視されているADHD関連の薬剤の一種である「アデラル」を常用していることを告白しました。


ADHDが原動力となって多岐に渡る世界で成功しているとも言えます。


アメリカで有名なラリー・キングのテレビ番組で、パリス・ヒルトンさんはADHDがあることを公にしました。
自ら公にすることで同じ症状に悩んでいる人を応援したそうです。


パリス・ヒルトンさんはお騒がせセレブとして有名でもありますが、実は世界でも有能な企業家でもあります。

映画、音楽、ファッションの世界で大いに成功している裏にはADDの症状をうまく自分の特徴として捉え、努力してきたことがあるんですね。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6994246849905881"
data-ad-slot="5131093724"
data-ad-format="auto">

関連記事

ピックアップ記事

  1. 情緒障害児短期治療施設
    幼稚園年少、3歳の娘の療育開始までの道のり 幼稚園に入るまでは、毎日公園に通い、よく笑い、友達…
  2. 学習障害
    初めに気になったのは1歳の頃です。 離乳食も進み、外食を少しづつ始めた頃でした。 子どもの食…
  3. 診断基準
    小学校時代から検査に至るまでの自分、その後の体験談を書いてみようと思います。 数年前、発達障害…
  4. 診断基準
    当時入社して3年目。心療内科へ行くことを勧められました。  当時入社して3年目。 最初は、「…
  5. 仕事を辞めたい
    両親も「何かおかしい」とは思っていたそうです。 現在34歳の男性ですが、27歳のときに発達障害…
  6. 不注意型ADHD
    ADHDの3大症状のうち不注意が多い「不注意型ADHD」とは? ADHDの3大症状は「不注意」…
  7. 反抗挑戦性障害
    現在10歳になる娘がいます。その娘が6歳で小学校一年生の時でした。 普段から落ち着きが全くなく…
  8. ワーキングメモリーとは
    トイレに行ったときふと「死にたい」とふっと思ったのです。 22歳の頃から神経性胃炎にはよく…

ピックアップ記事

  1. ADHD 仕事 対策

    2015-12-9

    ADHDの人の仕事対策とコツは?

    ADHDでも対策すれば仕事上問題なし 100人いれば3人いると言われるADHD。 もちろんど…
  2. 診断基準

    2016-12-19

    検査の結果「発達障害の傾向がある」と診断されました。【体験ブログ】

    小学校時代から検査に至るまでの自分、その後の体験談を書いてみようと思います。 数年前、発達障害…
  3. ADHD 仕事 ミス

    2015-12-17

    ADHDかも?ADHDがしやすい仕事のミス。

    仕事上でこんなミスを繰り返している方はADHDかも? 誰でも仕事上でミスはするものです。 し…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る