パリス・ヒルトンさんの場合【ADHD/ADDの有名人・芸能人】

パリス・ヒルトン

お騒がせセレブ、パリス・ヒルトンさんもADD(注意欠陥症候群)だった

パリス・ヒルトン(Paris Whitney Hilton)(1981年2月17日 生まれ)はアメリカ合衆国のソーシャライト、ファッションモデル、ファッションデザイナー、歌手など多岐に渡っています。

また、しかもパリス・ヒルトンさんは、ホテルチェーン、ヒルトンホテルの創業者一族の令嬢でもあります。
そう、世界を代表するセレブ中のセレブと言って良いでしょう。

実はそんなパリス・ヒルトンさんは先日ずっとADDの症状で悩んでいたそうなのです。




12歳の時にADD(Attention Deficit Disorder:注意欠陥症候群)と診断

パリス・ヒルトンは、12歳の時にADD(Attention Deficit Disorder:注意欠陥症候群)と診断されました。
子供のころから、投薬で衝動や問題行動をコントロールしながら、自分のADDの症状と付き合ってきたそうです。

彼女は、2007年には、日本で「リタリン」と同様に問題視されていて非常に危険視されているADHD関連の薬剤の一種である「アデラル」を常用していることを告白しました。

ADHDが原動力となって多岐に渡る世界で成功しているとも言えます。

アメリカで有名なラリー・キングのテレビ番組で、パリス・ヒルトンさんはADHDがあることを公にしました。
自ら公にすることで同じ症状に悩んでいる人を応援したそうです。

パリス・ヒルトンさんはお騒がせセレブとして有名でもありますが、実は世界でも有能な企業家でもあります。

映画、音楽、ファッションの世界で大いに成功している裏にはADDの症状をうまく自分の特徴として捉え、努力してきたことがあるんですね。




関連記事

ピックアップ記事

  1. ディスカリキュア 算数障害 学習障害
    今姪っ子は5歳なのですが、療育施設に元気いっぱいに通っています。 ADHDの症状をもっている子…
  2. 学習障害
    私が勤務する保育園にも毎年一人はADHDである子供、もしくはADHDではないか?と疑われる子供が入園…
  3. 仕事を辞めたい
    子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。 ADHDという特徴により、私は…
  4. 反抗挑戦性障害
    私は、小さい頃から多くのいじめに遭っていました。 「私の何がダメなんだろう。なぜ人と同じことが…
  5. DHA+EPA 市販薬
    【人気ランキング】お医者さんに行かずに市販薬・サプリメントでADHDを改善! ADHDやADD…
  6. 回避性パーソナリティ障害の治療方法と付き合い方・就職
    何故か部屋の整理整頓がどうしてもできない 私は子供の頃から、教科の勉強、日常生活何においても、…
  7. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  8. コンサータ
    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…

ピックアップ記事

  1. 仕事を辞めたい

    2017-5-15

    衝動性の強いアスペルガー障害と診断された私の人生。【体験ブログ】

    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  2. ワーキングメモリーとは

    2015-10-3

    ワーキングメモリーとは?作業記憶・作動記憶を鍛える。

    脳の記憶の重要な機能であるワーキングメモリー ADHDやADDの方にとって、作業中・仕事中の効…
  3. 2017-3-15

    ADHDに効く食べ物は?子供・大人の食事療法とは?

    とっても大事なADHDの方の食事 子供・大人に関わらず、ADHDの場合は食事に気を付ける事が求…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る