パリス・ヒルトンさんの場合【ADHD/ADDの有名人・芸能人】

パリス・ヒルトン

お騒がせセレブ、パリス・ヒルトンさんもADD(注意欠陥症候群)だった


パリス・ヒルトン(Paris Whitney Hilton)(1981年2月17日 生まれ)はアメリカ合衆国のソーシャライト、ファッションモデル、ファッションデザイナー、歌手など多岐に渡っています。


また、しかもパリス・ヒルトンさんは、ホテルチェーン、ヒルトンホテルの創業者一族の令嬢でもあります。
そう、世界を代表するセレブ中のセレブと言って良いでしょう。


実はそんなパリス・ヒルトンさんは先日ずっとADDの症状で悩んでいたそうなのです。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6994246849905881"
data-ad-slot="5131093724"
data-ad-format="auto">



12歳の時にADD(Attention Deficit Disorder:注意欠陥症候群)と診断



パリス・ヒルトンは、12歳の時にADD(Attention Deficit Disorder:注意欠陥症候群)と診断されました。
子供のころから、投薬で衝動や問題行動をコントロールしながら、自分のADDの症状と付き合ってきたそうです。


彼女は、2007年には、日本で「リタリン」と同様に問題視されていて非常に危険視されているADHD関連の薬剤の一種である「アデラル」を常用していることを告白しました。


ADHDが原動力となって多岐に渡る世界で成功しているとも言えます。


アメリカで有名なラリー・キングのテレビ番組で、パリス・ヒルトンさんはADHDがあることを公にしました。
自ら公にすることで同じ症状に悩んでいる人を応援したそうです。


パリス・ヒルトンさんはお騒がせセレブとして有名でもありますが、実は世界でも有能な企業家でもあります。

映画、音楽、ファッションの世界で大いに成功している裏にはADDの症状をうまく自分の特徴として捉え、努力してきたことがあるんですね。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6994246849905881"
data-ad-slot="5131093724"
data-ad-format="auto">

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  2. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  3. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  4. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…
  5. 反抗挑戦性障害の幼児への対応・対処法
    私は38歳の男性です。結婚していて二人の息子がいます 長男が強迫性障害とパニック障害になってし…
  6. ADHD コンサータ
    私は23歳のときに発達障害がわかり、アスペルガー症候群の可能性があるといわれました。 きっかけ…
  7. とっても大事なADHDの方の食事 子供・大人に関わらず、ADHDの場合は食事に気を付ける事が求…
  8. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…

ピックアップ記事

  1. steve-Jobs

    2016-8-8

    スティーブ・ジョブズの場合【ADHDの有名人・芸能人】

    アップルの創始者スティーブ・ジョブズも発達障害だった 世界的大企業アップル・コンピュータの創始…
  2. 学習障害

    2016-8-23

    姉の子どもがADHD。トラブルに悩んでいます。【体験ブログ】

    保育園のころから気づき始めました。 姉の子どもがADHDです。姉は子どもがトラブルを起こすたび…
  3. ADHD コンサータ

    2017-4-15

    アスペルガー症候群の治療で月1回の診察と週1回のカウンセリング中【体験ブログ】

    私は23歳のときに発達障害がわかり、アスペルガー症候群の可能性があるといわれました。 きっかけ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る