大人のADHDとは

今非常に注目を集めているのが「大人のADHD」


ADHD(注意欠如・多動性障害)という症状は、かつては子供特有の症状と思われていて、基本的に大人はならないものだと言われてきました。
具体的には「大人になると症状が軽くなる」とか「年を重ねていくうちに治ってしまう」と思われていたのです。


しかし、昨今ではこの考えは誤っていたことがわかっています。
子供時代にADHD(注意欠如・多動性障害)だった場合、50-80%の方がそのまま大人になっていくと言われているのです。
逆を言えば20-50%の方が症状が軽くなりADHD(注意欠如・多動性障害)の症状が無くなるので、「大人になると症状が軽くなる」とか「年を重ねていくうちに治ってしまう」というのも、あながち間違いではないと言えるでしょう。

ただ、すべての人が治るわけではなく、過半数以上の方がそのまま大人になっていくのです。


大人のADHDでは他の症状・病気も併発する可能性がある


子供時代のADHDでは、子供だから許されてしまう事も多いです。
しかし、大人になってくると不注意によって起きたミスや失敗は許されない場合が増えてきます。


このようにADHDの大人は本人の人間性や知能などに問題はないのに、不注意や注力欠如の為に仕事場や家庭内でトラブルが起きやすくなり、それに伴って不安障害やパニック障害、うつ病などを併発する場合があるのです。
そのために、自尊心が低下して、うつ病や不安障害になることも多くなってきます。


ADHDは放っておくと、そのような様々な病気の原因にもなりかねません。
ADHDは治療可能な病気です。

まずはADHDという病気がある事を知り、もし、自分がそうかもしれない・・・と思うのであれば、一度病院に行ってみることをお勧めします。
また、自分の周りにあれ?と思う方がいるのであれば、そっと見守ってサポートしてあげるようにしましょう。

最も危険なのは、ADHDかも・・・と思いつつ、そのまま放置してしまうこと。
前述のとおり、二次障害としてうつ病や不安障害になることもあるので、必ずそのままにしないようにしましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 情緒障害児短期治療施設
    幼稚園年少、3歳の娘の療育開始までの道のり 幼稚園に入るまでは、毎日公園に通い、よく笑い、友達…
  2. 学習障害
    初めに気になったのは1歳の頃です。 離乳食も進み、外食を少しづつ始めた頃でした。 子どもの食…
  3. 診断基準
    小学校時代から検査に至るまでの自分、その後の体験談を書いてみようと思います。 数年前、発達障害…
  4. 診断基準
    当時入社して3年目。心療内科へ行くことを勧められました。  当時入社して3年目。 最初は、「…
  5. 仕事を辞めたい
    両親も「何かおかしい」とは思っていたそうです。 現在34歳の男性ですが、27歳のときに発達障害…
  6. 不注意型ADHD
    ADHDの3大症状のうち不注意が多い「不注意型ADHD」とは? ADHDの3大症状は「不注意」…
  7. 反抗挑戦性障害
    現在10歳になる娘がいます。その娘が6歳で小学校一年生の時でした。 普段から落ち着きが全くなく…
  8. ワーキングメモリーとは
    トイレに行ったときふと「死にたい」とふっと思ったのです。 22歳の頃から神経性胃炎にはよく…

ピックアップ記事

  1. 診断基準

    2016-12-19

    検査の結果「発達障害の傾向がある」と診断されました。【体験ブログ】

    小学校時代から検査に至るまでの自分、その後の体験談を書いてみようと思います。 数年前、発達障害…
  2. ワーキングメモリーとは

    2016-9-20

    私は30歳の時に事件に巻き込まれ、うつ病を発症しました。【体験ブログ】

    トイレに行ったときふと「死にたい」とふっと思ったのです。 22歳の頃から神経性胃炎にはよく…
  3. ワーキングメモリーとは

    2015-10-3

    ワーキングメモリーとは?作業記憶・作動記憶を鍛える。

    脳の記憶の重要な機能であるワーキングメモリー ADHDやADDの方にとって、作業中・仕事中の効…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る