大人のADHDとは

今非常に注目を集めているのが「大人のADHD」

ADHD(注意欠如・多動性障害)という症状は、かつては子供特有の症状と思われていて、基本的に大人はならないものだと言われてきました。
具体的には「大人になると症状が軽くなる」とか「年を重ねていくうちに治ってしまう」と思われていたのです。

しかし、昨今ではこの考えは誤っていたことがわかっています。
子供時代にADHD(注意欠如・多動性障害)だった場合、50-80%の方がそのまま大人になっていくと言われているのです。
逆を言えば20-50%の方が症状が軽くなりADHD(注意欠如・多動性障害)の症状が無くなるので、「大人になると症状が軽くなる」とか「年を重ねていくうちに治ってしまう」というのも、あながち間違いではないと言えるでしょう。

ただ、すべての人が治るわけではなく、過半数以上の方がそのまま大人になっていくのです。

大人のADHDでは他の症状・病気も併発する可能性がある

子供時代のADHDでは、子供だから許されてしまう事も多いです。
しかし、大人になってくると不注意によって起きたミスや失敗は許されない場合が増えてきます。

このようにADHDの大人は本人の人間性や知能などに問題はないのに、不注意や注力欠如の為に仕事場や家庭内でトラブルが起きやすくなり、それに伴って不安障害やパニック障害、うつ病などを併発する場合があるのです。
そのために、自尊心が低下して、うつ病や不安障害になることも多くなってきます。

ADHDは放っておくと、そのような様々な病気の原因にもなりかねません。
ADHDは治療可能な病気です。

まずはADHDという病気がある事を知り、もし、自分がそうかもしれない・・・と思うのであれば、一度病院に行ってみることをお勧めします。
また、自分の周りにあれ?と思う方がいるのであれば、そっと見守ってサポートしてあげるようにしましょう。

最も危険なのは、ADHDかも・・・と思いつつ、そのまま放置してしまうこと。
前述のとおり、二次障害としてうつ病や不安障害になることもあるので、必ずそのままにしないようにしましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ディスカリキュア 算数障害 学習障害
    今姪っ子は5歳なのですが、療育施設に元気いっぱいに通っています。 ADHDの症状をもっている子…
  2. 学習障害
    私が勤務する保育園にも毎年一人はADHDである子供、もしくはADHDではないか?と疑われる子供が入園…
  3. 仕事を辞めたい
    子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。 ADHDという特徴により、私は…
  4. 反抗挑戦性障害
    私は、小さい頃から多くのいじめに遭っていました。 「私の何がダメなんだろう。なぜ人と同じことが…
  5. DHA+EPA 市販薬
    【人気ランキング】お医者さんに行かずに市販薬・サプリメントでADHDを改善! ADHDやADD…
  6. 回避性パーソナリティ障害の治療方法と付き合い方・就職
    何故か部屋の整理整頓がどうしてもできない 私は子供の頃から、教科の勉強、日常生活何においても、…
  7. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  8. コンサータ
    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…

ピックアップ記事

  1. 大人のADHDとは

    2015-12-1

    大人のADHDとは?

    今非常に注目を集めているのが「大人のADHD」 ADHD(注意欠如・多動性障害)という症状は、…
  2. 自己愛性パーソナリティー障害

    2017-2-15

    29歳で広汎性発達障害と診断された私。【体験ブログ】

    私が発達障害であると診断を受けたのは29歳の時で、比較的遅い段階でした。 それまでは家族から「…
  3. 仕事を辞めたい

    2017-5-15

    衝動性の強いアスペルガー障害と診断された私の人生。【体験ブログ】

    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る