薬 ADHD

原因治療ではなく、対症療法として薬が用いられる


ADHDの治療に薬が用いられるということをお聞きになったことがある人は多いと思います。
確かに、メチルフェニデート塩酸塩徐放錠(コンサータ)とアトモキセチン塩酸塩(ストラテラ)などはよく使われます。


しかしこれは、原因療法ではなく、対症療法であることに注意する必要があります。
つまり、薬を飲むことでADHDが「治る」のではなく、薬が効果を発揮している時間、おちついて行動をとれるようになるということです。
薬は、ADHDの大きな症状である不注意や、多動性、衝動性のいずれにも効果が必ずあります。
しかし、ADHDという発達障害を治すものではなく、症状を一時的に抑える・改善させる薬と考えましょう。

大事なのはADHDと薬を上手に使って良い関係を築いていくことです。
しっかりとした薬をお医者さんに処方してもらって、ADHDと上手に付き合っていきましょう。

子供へのADHDの薬について


お子様の場合は薬を飲んで、しっかりと落ち着いて行動できる間に、友人や先生などと意欲的にコミュニケーションを図り、そこで得た充実した達成感などをしっかりと経験したうえで、その経験の上に自分の行動をみずからコントロールする力を得ていくのです。

そういう意味であれば対症療法であっても、症状そのものを軽減していくことは可能と言えるでしょう。



大人へのADHDの薬について



大人の場合は、合併症を防ぐ効果が最も大きくなってきます。
ADHDなどで対人関係がうまくいかず自尊心が低下していった場合、ひきこもったり、うつ病やアルコール依存症、パニック障害、不安障害などの精神疾患が合併したりということもあります。

このような合併症を防ぐ為にも、職場で服用していたりする方は多いのです。
薬を飲みながら、ゆっくりと自分にあった生活スタイルを模索していきましょう。

なお、副作用として、不眠、食欲不振などが指摘されていますので、お医者さんの適切な指導のもと服用することが絶対条件です。




関連記事

ピックアップ記事

  1. 情緒障害児短期治療施設
    幼稚園年少、3歳の娘の療育開始までの道のり 幼稚園に入るまでは、毎日公園に通い、よく笑い、友達…
  2. 学習障害
    初めに気になったのは1歳の頃です。 離乳食も進み、外食を少しづつ始めた頃でした。 子どもの食…
  3. 診断基準
    小学校時代から検査に至るまでの自分、その後の体験談を書いてみようと思います。 数年前、発達障害…
  4. 診断基準
    当時入社して3年目。心療内科へ行くことを勧められました。  当時入社して3年目。 最初は、「…
  5. 仕事を辞めたい
    両親も「何かおかしい」とは思っていたそうです。 現在34歳の男性ですが、27歳のときに発達障害…
  6. 不注意型ADHD
    ADHDの3大症状のうち不注意が多い「不注意型ADHD」とは? ADHDの3大症状は「不注意」…
  7. 反抗挑戦性障害
    現在10歳になる娘がいます。その娘が6歳で小学校一年生の時でした。 普段から落ち着きが全くなく…
  8. ワーキングメモリーとは
    トイレに行ったときふと「死にたい」とふっと思ったのです。 22歳の頃から神経性胃炎にはよく…

ピックアップ記事

  1. steve-Jobs

    2016-8-8

    スティーブ・ジョブズの場合【ADHDの有名人・芸能人】

    アップルの創始者スティーブ・ジョブズも発達障害だった 世界的大企業アップル・コンピュータの創始…
  2. 回避性パーソナリティ障害

    2016-9-12

    うつ病を発症したのは、私の母です。【体験ブログ】

    今もなおうつ病と戦っています。 母がうつ病にかかった時、当時40代でした。 私は高校生で妹は…
  3. コンサータ 副作用

    2015-9-24

    ADHDの薬「コンサータ」の注意すべき副作用

    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る