薬 ADHD

原因治療ではなく、対症療法として薬が用いられる


ADHDの治療に薬が用いられるということをお聞きになったことがある人は多いと思います。
確かに、メチルフェニデート塩酸塩徐放錠(コンサータ)とアトモキセチン塩酸塩(ストラテラ)などはよく使われます。


しかしこれは、原因療法ではなく、対症療法であることに注意する必要があります。
つまり、薬を飲むことでADHDが「治る」のではなく、薬が効果を発揮している時間、おちついて行動をとれるようになるということです。
薬は、ADHDの大きな症状である不注意や、多動性、衝動性のいずれにも効果が必ずあります。
しかし、ADHDという発達障害を治すものではなく、症状を一時的に抑える・改善させる薬と考えましょう。

大事なのはADHDと薬を上手に使って良い関係を築いていくことです。
しっかりとした薬をお医者さんに処方してもらって、ADHDと上手に付き合っていきましょう。

子供へのADHDの薬について


お子様の場合は薬を飲んで、しっかりと落ち着いて行動できる間に、友人や先生などと意欲的にコミュニケーションを図り、そこで得た充実した達成感などをしっかりと経験したうえで、その経験の上に自分の行動をみずからコントロールする力を得ていくのです。

そういう意味であれば対症療法であっても、症状そのものを軽減していくことは可能と言えるでしょう。



大人へのADHDの薬について



大人の場合は、合併症を防ぐ効果が最も大きくなってきます。
ADHDなどで対人関係がうまくいかず自尊心が低下していった場合、ひきこもったり、うつ病やアルコール依存症、パニック障害、不安障害などの精神疾患が合併したりということもあります。

このような合併症を防ぐ為にも、職場で服用していたりする方は多いのです。
薬を飲みながら、ゆっくりと自分にあった生活スタイルを模索していきましょう。

なお、副作用として、不眠、食欲不振などが指摘されていますので、お医者さんの適切な指導のもと服用することが絶対条件です。




関連記事

ピックアップ記事

  1. とっても大事なADHDの方の食事 子供・大人に関わらず、ADHDの場合は食事に気を付ける事が求…
  2. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
  3. 高機能自閉症
    私の子供は今3歳になる男の子です。最初の気づきは・・・ 小さい頃からお調子者で興奮すると奇声あ…
  4. 仕事を辞めたい
    適応障害が原因でのうつ病発症。休職から退職、生活保護に。 五年ほど前、30代前半だった私は10…
  5. ADHD(注意欠如・多動性障害)とは
    ADHD(注意欠如・多動性障害)とはいったいどんなモノなの? ADHD(Attention-d…
  6. ADHD 原因
    そもそもADHD(注意欠如・多動性障害)の原因はいったい何なのか? 100人に3名とも10名に…
  7. ADHD 割合
    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
  8. 情緒障害児短期治療施設
    私が「発達障害」という言葉を初めて知ったのは、長男が小学校1年生に上がった頃でした。 生まれて…

ピックアップ記事

  1. 仕事を辞めたい

    2016-11-16

    27歳のときに発達障害と診断されました。【体験ブログ】

    両親も「何かおかしい」とは思っていたそうです。 現在34歳の男性ですが、27歳のときに発達障害…
  2. ダニエル・ラドクリフ 障害 病気

    2016-5-3

    ダニエル・ラドクリフさんの場合【統合運動障害の有名人・芸能人】

    群発頭痛、アルコール依存症、運動障害と闘ってきたダニエル・ラドクリフさん ハリー・ポッター役で…
  3. 反抗挑戦性障害

    2016-9-30

    小学校の娘が注意欠如多動性障害(ADHD)と判明【体験ブログ】

    現在10歳になる娘がいます。その娘が6歳で小学校一年生の時でした。 普段から落ち着きが全くなく…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る