栗原類さんの場合【ADHDの有名人・芸能人】

栗原類

注意欠陥障害(ADD)だった栗原類さん

“ネガティブ過ぎるモデル”としてブレークしているタレントの栗原類さん。
イギリス人の父と日本人の母の間に生まれ、後ろ向きな発言に終始する姿が人気を呼び、今やテレビに引っ張りだこですよね。

そんな栗原類さんがテレビ内で注意欠陥障害(ADD)だった事を告白し話題になっています。
注意欠陥障害(ADD)というのは、脳の実行に関する箇所になにかしらの原因があり、注意力散漫などの症状が現れる症状を言います。

8歳の時にADDと診断された栗原類さん

栗原類さんがADDだとされたのはアメリカ在住だったころのお話だそうです。
米国に住んでいた8歳の時にADDと診断されたとのことでした。

主に栗原類さんの症状は言語的な事に加えて、行動的なところでもあったらしいです。
様々な場面でもおかしいと思った当時の担任教師が栗原の両親に受診を提案。
検査したところ「ADD」と診断されたという。

栗原類さんのADDの症状は

  • 人に合わせられなかったり
  • 決め事やこだわりが強い

という症状のようでした。
特に2番目の「決め事やこだわりが強い」という症状はかなり自覚しているようでした。

例えばいつもの場所にモノがおいてなかったり、配置がいつもと違ってしまう場合は、気持ち悪くて必ず元に戻してしまうようです。

小さいときに診断されて良かった

栗原さんは自分がADDだと診断されて事に足して以下の用に述べています。

親や主治医が早い時期に(障害を)言ってくれて、弱点というか、自分ができることとできないことがより分かりやすくなった。そういう周りの環境があるから、今がある。

確かに、早い段階で自分の苦手とする分野がわかれば対策出来ます。
早期の診断というものはとても大事なんですね。

発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由

そんな栗原さんは、自身の体験をもとにした自叙伝「発達障害の僕が 輝ける場所を みつけられた理由」を発表しています。

8歳で発達障害と診断された僕が、なぜ自分の才能を生かす場所をみつけて輝けるようになったのか。母、主治医、友人・又吉直樹氏のインタビューも収録。誰もが輝けるヒントがみつかる!

とあるように、実際にADHDと診断されて、治療を受けて現在に至るまでの詳細が掲載されています。

日本より発達障害の理解が大幅に進んでいる海外(アメリカ)での体験や、小学校低学年という若さで発達障害の診断を受けたということから、ADHDの症状に悩んでいた思春期の事などが赤裸々に語られています。

気になる方は是非とも手に取ってみてください。

>ADHD・発達障害の有名人・芸能人一覧

関連記事

ピックアップ記事

  1. ディスカリキュア 算数障害 学習障害
    今姪っ子は5歳なのですが、療育施設に元気いっぱいに通っています。 ADHDの症状をもっている子…
  2. 学習障害
    私が勤務する保育園にも毎年一人はADHDである子供、もしくはADHDではないか?と疑われる子供が入園…
  3. 仕事を辞めたい
    子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。 ADHDという特徴により、私は…
  4. 反抗挑戦性障害
    私は、小さい頃から多くのいじめに遭っていました。 「私の何がダメなんだろう。なぜ人と同じことが…
  5. DHA+EPA 市販薬
    【人気ランキング】お医者さんに行かずに市販薬・サプリメントでADHDを改善! ADHDやADD…
  6. 回避性パーソナリティ障害の治療方法と付き合い方・就職
    何故か部屋の整理整頓がどうしてもできない 私は子供の頃から、教科の勉強、日常生活何においても、…
  7. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  8. コンサータ
    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…

ピックアップ記事

  1. ADHD 仕事 ミス

    2017-7-21

    ADHDかも?ADHDがしやすい仕事のミス。

    仕事上でこんなミスを繰り返している方はADHDかも? 誰でも仕事上でミスはするものです。 し…
  2. 診断基準

    2016-11-30

    私は10年ほど前に、「うつ病」を発症しました。現在も治療中です。【体験ブログ】

    当時入社して3年目。心療内科へ行くことを勧められました。  当時入社して3年目。 最初は、「…
  3. 情緒障害児短期治療施設

    2017-3-2

    アスペルガー症候群とADHDの長男が小学校1年生に。【体験ブログ】

    私が「発達障害」という言葉を初めて知ったのは、長男が小学校1年生に上がった頃でした。 生まれて…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る