診断基準

自己判断だけは止めましょう

自分がADHDかな?と思ったり、自分の子供がADHDかも?と思った際、ほとんどの方がネットや本でADHDに関して調べるのではないでしょうか。
そうしてADHDに関する本やネットを見ていると、必ずあるのが「ADHD診断チェックシート」です。

このチェックシートを見ていると、このチェックシートにたくさんチェックが付いた方はADHDの疑いがあります!と扇動的に書かれている場合が多く、本来ならADHDではない方が、自己判断でADHDだと決めつけてしまう事が多々報告されているそうです。

ADHDは素人がネット上や本の知識で安易に判断するものではない

改めてですが、ネットや本の知識のみで自己判断することだけは絶対に避けましょう
ADHDは単純に忘れっぽいだけ、落ち着きがないだけ・・・という事と混同しがちな症状であり、素人がネット上や本の知識で安易に判断するものではないのです。

重度のADHDならまだしも、軽度のADHDと単純に忘れっぽいだけの場合の線引きは非常にあいまいであり、正規の医師でもこんなに場合があるほど。
ネット上にあるチェックシートはあくまで「簡易」である事を念頭にしましょう。

もしADHDかも・・・と思うほどに日常生活に支障があるのであればしっかりとした診断基準をもとに医師に診てもらってください。

じゃあ、正確な診断基準は

もちろんですが、正確な診断基準は専門医が行います。
自分がADHDかな?と思ったり、自分の子供がADHDかも?と思った際は最寄りの病院にてしっかりと診断を受けましょう。

また、医師が診断に参考としているのがアメリカ精神医学会が作成してぃるDSM(精神疾患の分類と診断の手引)を用いるのが一般的です。

このDSMによるADHDの診断基準は、 実は最初は幼児や子供向けにつくられたものなので、項目のなかには、子どもの生活場面や行動特徴を想定し表現がされているものもありますが、基本的には大人にも使えますので安心してください。

このように、専門医は必ず世界基準の判断基準を用いて、客観的に正確な診断をしてくれるのです。
本やネットでの「ADHD診断チェックシート」で自ら判断することは非常に危険だという事です。

本やネットの情報はキッカケのみにしておきましょう。

特にご自身の子供をADHDと診断するのは絶対にしてはいけません。

そう、大人の方がネットのADHDチェックシートで自信をADHDかも・・・と思うならまだしも、ご自身の子供をネットのADHDチェックシートでADHDだと決めつけるのは完全にNGです。

ネット上の情報で子供をADHDと判断し、正しいADHDの理解もないままに子育てをしてはいけません。

最近ではこのようなケースが増えてきており、正しいADHDの理解もないまま「厳しいシツケ」を行う親が多くなってきているようです。

当然ながら、しつけは非常に重要です。

しかし、正しいADHDや発達障害の理解がないままに、「過度なしつけ」をすることは絶対に避けましょう。
幼少時の教育、しつけ、親の接し方はその後の子供の人生を左右します。

お子様がトラブルが多めの場合、自身で判断せず、専門の育児相談センター等に相談し、どのように接していけばいいのか相談するようにしましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ディスカリキュア 算数障害 学習障害
    今姪っ子は5歳なのですが、療育施設に元気いっぱいに通っています。 ADHDの症状をもっている子…
  2. 学習障害
    私が勤務する保育園にも毎年一人はADHDである子供、もしくはADHDではないか?と疑われる子供が入園…
  3. 仕事を辞めたい
    子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。 ADHDという特徴により、私は…
  4. 反抗挑戦性障害
    私は、小さい頃から多くのいじめに遭っていました。 「私の何がダメなんだろう。なぜ人と同じことが…
  5. DHA+EPA 市販薬
    【人気ランキング】お医者さんに行かずに市販薬・サプリメントでADHDを改善! ADHDやADD…
  6. 回避性パーソナリティ障害の治療方法と付き合い方・就職
    何故か部屋の整理整頓がどうしてもできない 私は子供の頃から、教科の勉強、日常生活何においても、…
  7. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  8. コンサータ
    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…

ピックアップ記事

  1. 不注意型ADHD

    2016-10-22

    不注意型の特徴と症状。診断チェック表 【ADHDの3大症状】

    ADHDの3大症状のうち不注意が多い「不注意型ADHD」とは? ADHDの3大症状は「不注意」…
  2. ADHD 仕事 対策

    2017-2-18

    大人になってADHD、AQ(アスペルガー症候群)と診断。【体験ブログ】

    2016年に、ADHD、AQ(アスペルガー症候群)と、診断されました。 最初は、うつ病と診断さ…
  3. 子供のADHD(注意欠如・多動性障害)

    2015-12-1

    子供のADHD(注意欠如・多動性障害)とは?

    30人に1人はADHDと言われています ADHD(注意欠如・多動性障害)と診断される子供は、日…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る