遺伝 家族 ADHD

家族の間でADHDは発症しやすいといわれています


先天性の病気であるというのがADHDの原因として有力であると言われていましたが、最近の研究ではADHDの症状に、約20個の遺伝子がかかわっていることが明らかになってきました。
後天性である・・・という説の立証はかなり難しくなってきたのかもしれませんね。
昨今の遺伝子検査の技術の進歩の賜物でしょう。



たとえば、ADHDと関連性が高いと言われている神経伝達物質であるドーバミンの働きに関しても、かなりの差があるという事がわかりました。
ADHDの人の多くは、ドーバミン受容体やドーバミン再取り込みの働きに影響を及ぼす遺伝子の型が、通常の人とは異なっているということです。


海外の研究ではADHDの遺伝に関することが発表されました。


海外の研究結果としては以下のような事があるという発表がありました。

  • 両親ともADHDの場合、子どもがADHDになる確率あがる(20~54%)
  • 兄弟がADHDだった場合、他の兄弟もADHDである可能性が高い(25~35%)
  • 一卵性双生児の場合はさらに高くなる(55-92%)


このようにADHDに関しては遺伝的な要素があることが優位にわかるデータがしっかりと存在しているので先天性であるという事は間違いなさそうですね。
親や兄弟がADHDだった場合、明らかに発生率が上がりますので良く注意して観察していきましょう。


とはいっても、親がADHDだった場合、子供に必ず遺伝するような強く因果関係があるわけではありません。
これはADHDに関連する遺伝子が複数あり、それらがどのくらいの数、遺伝するのかで変わってくるためです。


家族に糖尿病の人がいると自分も糖尿病になりやすい・・・という考えに近いものがありますね。





関連記事

ピックアップ記事

  1. 情緒障害児短期治療施設
    幼稚園年少、3歳の娘の療育開始までの道のり 幼稚園に入るまでは、毎日公園に通い、よく笑い、友達…
  2. 学習障害
    初めに気になったのは1歳の頃です。 離乳食も進み、外食を少しづつ始めた頃でした。 子どもの食…
  3. 診断基準
    小学校時代から検査に至るまでの自分、その後の体験談を書いてみようと思います。 数年前、発達障害…
  4. 診断基準
    当時入社して3年目。心療内科へ行くことを勧められました。  当時入社して3年目。 最初は、「…
  5. 仕事を辞めたい
    両親も「何かおかしい」とは思っていたそうです。 現在34歳の男性ですが、27歳のときに発達障害…
  6. 不注意型ADHD
    ADHDの3大症状のうち不注意が多い「不注意型ADHD」とは? ADHDの3大症状は「不注意」…
  7. 反抗挑戦性障害
    現在10歳になる娘がいます。その娘が6歳で小学校一年生の時でした。 普段から落ち着きが全くなく…
  8. ワーキングメモリーとは
    トイレに行ったときふと「死にたい」とふっと思ったのです。 22歳の頃から神経性胃炎にはよく…

ピックアップ記事

  1. steve-Jobs

    2016-8-8

    スティーブ・ジョブズの場合【ADHDの有名人・芸能人】

    アップルの創始者スティーブ・ジョブズも発達障害だった 世界的大企業アップル・コンピュータの創始…
  2. 不注意型ADHD

    2016-10-22

    不注意型の特徴と症状。診断チェック表 【ADHDの3大症状】

    ADHDの3大症状のうち不注意が多い「不注意型ADHD」とは? ADHDの3大症状は「不注意」…
  3. 診断基準

    2016-11-30

    私は10年ほど前に、「うつ病」を発症しました。現在も治療中です。【体験ブログ】

    当時入社して3年目。心療内科へ行くことを勧められました。  当時入社して3年目。 最初は、「…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る