勝間和代さんの場合【ADHDの有名人・芸能人】

勝間和代

典型的なADHDであることを打ち明けている勝間和代さん



経済評論家(兼公認会計士)として多岐にわたって活躍されている勝間和代さん。
早稲田大学ファイナンスMBA、慶應義塾大学商学部卒業という華々しい履歴を持ち、多くの著書はベストセラーとなって多くの方々に読まれていますね。


そんな勝間和代さんですが、なんと自身の著書である「勝間和代のクロストーク」の中で、自身の症状が典型的なADHDであることを打ち明けています。


勝間和代さんのADHDの特徴はまさに「注意欠陥多動性障害」。
なんでもかんでも忘れてしまう、なくしてしまう、落ち着かない・・・・というものなのだそうです。
具体例を挙げると・・・


  • 気に入った小物は複数を買い、なくなる前提で進める
  • 財布や鍵、保険証、チケットをなくすのは日常茶飯事
  • 友人との打ち合わせを忘れてしまう
  • 麻雀の対局中、椅子を揺らしながら対局
  • じっとしているのが苦手


など、まさに典型的なADHDでしょう。


自覚して、自身の特徴として生かしている勝間和代さん


勝間和代さんはこう述べています。

「なるべく自分がそのような症状を持っていることを明かして、周りの人から適切なサポートを得るように心がけてきました。」



自分の症状をとらえ、受け入れ、対応し、活かしてく、これが正しいADHDへの対処法かもしれませんね。
しかし、その対処法の為には工夫と努力が必要となります。
精力的に行動し、大活躍している勝間和代さんの裏には大変な努力があったのですね。


関連記事

ピックアップ記事

  1. 情緒障害児短期治療施設
    幼稚園年少、3歳の娘の療育開始までの道のり 幼稚園に入るまでは、毎日公園に通い、よく笑い、友達…
  2. 学習障害
    初めに気になったのは1歳の頃です。 離乳食も進み、外食を少しづつ始めた頃でした。 子どもの食…
  3. 診断基準
    小学校時代から検査に至るまでの自分、その後の体験談を書いてみようと思います。 数年前、発達障害…
  4. 診断基準
    当時入社して3年目。心療内科へ行くことを勧められました。  当時入社して3年目。 最初は、「…
  5. 仕事を辞めたい
    両親も「何かおかしい」とは思っていたそうです。 現在34歳の男性ですが、27歳のときに発達障害…
  6. 不注意型ADHD
    ADHDの3大症状のうち不注意が多い「不注意型ADHD」とは? ADHDの3大症状は「不注意」…
  7. 反抗挑戦性障害
    現在10歳になる娘がいます。その娘が6歳で小学校一年生の時でした。 普段から落ち着きが全くなく…
  8. ワーキングメモリーとは
    トイレに行ったときふと「死にたい」とふっと思ったのです。 22歳の頃から神経性胃炎にはよく…

ピックアップ記事

  1. ワーキングメモリーとは

    2015-10-3

    ワーキングメモリーとは?作業記憶・作動記憶を鍛える。

    脳の記憶の重要な機能であるワーキングメモリー ADHDやADDの方にとって、作業中・仕事中の効…
  2. 大人のADHDとは

    2016-8-25

    ADHD・発達障害の有名人・芸能人まとめ一覧

    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  3. 高機能自閉症

    2016-8-8

    発達障害の娘と家族の理解【体験ブログ】

    高機能自閉症の娘と私と夫 我が家には発達障害の娘がいます。 小学校や親の会などでいろいろなお…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る