ジャスティン・ティンバーレイクさんの場合【発達障害の有名人・芸能人】

ジャスティン・ティンバーレイク2

強迫性障害とADDに苦しんだジャスティン・ティンバーレイクさん


子供番組『ミッキーマウス・クラブ』で有名になったジャスティン・ティンバーレイクさん。
2015年には2006年以来約8年ぶりのアルバムを発表するなど、アメリカを代表するシンガーソングライターですよね。


1981年1月31生まれのアメリカの歌手・俳優・音楽プロデューサーであり、なんと今までに6つのグラミー賞と4つのエミー賞を獲得している実力を兼ね備えたトップスターの一員です。


そんなジャスティン・ティンバーレイクさんですが、実は強迫性障害とADDに苦しんでいたそうです。


今回はそんなジャスティン・ティンバーレイクさんの強迫性障害とADDについてご紹介していきます。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6994246849905881"
data-ad-slot="5131093724"
data-ad-format="auto">



子供の頃から強迫性障害とADDに苦しんできた。


そう、子供番組『ミッキーマウス・クラブ』に出演しているときから強迫性障害とADDに苦しんできたそうなのです。
靴をちゃんと一列に並べないと気が済まないとか、日々のすべてのものをきちんとしなくてはという強迫観念と戦いながら過ごしてきたとのことでした。

ジャスティン・ティンバーレイクさんの強迫性障害(OCD)ADDと(注意欠陥障害)が組み合わさった障害はとても大変といえるでしょう。なにしろ「しなくてはいけない・・・のに、うっかり忘れてしまう」のです。

そこでジャスティン・ティンバーレイクさんは、なんでもやらなければならないことを書いて、それを完璧にこなすように常に確認するといったことを常日頃行うように常日頃から心がけているそうです。


そんな障害を持ちながら、自分自身で工夫し、有り余るエネルギーを曲やコメディを書くといったクリエイティブな活動に転換しているのでしょう。

同じように苦しんでいる方も、ぜひジャスティン・ティンバーレイクさんのように自分自身で工夫し、有り余るエネルギーを転換できるようにすると良いですね。

>ADHD・発達障害の有名人・芸能人一覧

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  2. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  3. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  4. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…
  5. 反抗挑戦性障害の幼児への対応・対処法
    私は38歳の男性です。結婚していて二人の息子がいます 長男が強迫性障害とパニック障害になってし…
  6. ADHD コンサータ
    私は23歳のときに発達障害がわかり、アスペルガー症候群の可能性があるといわれました。 きっかけ…
  7. とっても大事なADHDの方の食事 子供・大人に関わらず、ADHDの場合は食事に気を付ける事が求…
  8. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…

ピックアップ記事

  1. 高機能自閉症

    2016-8-8

    発達障害の娘と家族の理解【体験ブログ】

    高機能自閉症の娘と私と夫 我が家には発達障害の娘がいます。 小学校や親の会などでいろいろなお…
  2. 大きな病院で診断

    2017-4-24

    発達障害者同士の結婚をしました。【体験ブログ】

    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  3. 仕事を辞めたい

    2017-5-15

    衝動性の強いアスペルガー障害と診断された私の人生。【体験ブログ】

    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る