ADHD 仕事 対策

ADHDでも対策すれば仕事上問題なし


100人いれば3人いると言われるADHD。
もちろんどのような職場にもいる事でしょう。

約束をうっかり忘れてしまう人
何回言っても同じミスをする人
仕事中落ち着きがない人

そんな方があなたの職場にいませんか?
また、自らのADHDによって仕事でミスをしたりして落ち込んでいる方もいるのではないでしょうか。
ADHDの3大症状のうち「不注意」が原因で、仕事中に大きなミスをしてしまう事が多々あるのです。


うっかりミスが多すぎて怒られたり、締め切りを忘れてしまったり・・・ADHDの方はそのような仕事上のミスで苦しんでいる場合が多く、本来持っている才能を発揮する前に落ち込んでしまい、負のスパイラルに・・・なんてことも。

しかし、ADHDはしっかり対処・対策すれば問題なく仕事は出来るのです。
世の中の企業者や社長にはADHDの方が多いとされていますし、まずはしっかりと対策をして仕事のミスをなくし、思う存分に力を発揮していきましょう。


メモを最大限に活用する。メモは張る場所が超大事



不注意」で約束を忘れたりしてしまうのであれば、王道ですがメモを最大限に活用する事が最も優れた対策方法と言えます。
しかし、ADHDの方の場合、張ったところがバラバラだったり、張ること自体を忘れがちです。

なので、一つだけルールを決めましょう。
それは「必ず目にする場所にメモを取ること」です。

PCを使った仕事ならPCに貼っておけば嫌でも目につきます。
絶対に忘れられない用事だったら、腕時計につける人がいるほどです。
良く考えて、絶対に目につくところにメモを張るようにしましょう。

おすすめは
  1. パソコンの電源スイッチ部分
  2. 部屋の電気スイッチ付近
  3. 自分の財布・腕時計等々
  4. 出勤簿
  5. デスク上の置き時計にペタペタ※おススメ!


めも


手帳も活用。毎朝開く習慣を。



手帳も非常に有用です。
ですが、ADHDの場合、手帳を開くことすら忘れたり、めちゃくちゃに書きすぎてしまう事も。
おススメは、「毎朝開く習慣をつけること」です。

朝に出勤したらコーヒーでも飲みながら見る習慣をつけるだけでかなり変わります。
ベストは仕事終わりに見返すことですが、そこまで行くのは慣れてから。

まずは毎朝しっかりと確認して、日々の仕事を確認しましょう。
もちろん、その日の締め切りはメモして張っておくことが大事です!

write


良く無くすアイテムは「超カラフル」に!


どうしてもADHDの場合、なにをどこに置いたのか忘れがちです。
そんな時、非常に有用なのが良く無くすアイテムは「超カラフル」にすることです。

上記の手帳をはじめ、財布・キーケースはもちろんのこと、仕事上大切なファイルケースなども思い切ってカラフルなものにすると見つかりやすく、整理しやすいのでおススメです。

良く無くすアイテムは「超カラフル」に

いかがでしたでしょうか。
まずは自分が気を付ける事と、それ以上に環境そのものを変えていくことが大事なのです。
また、必ず自分のやった仕事は他人にチェックしてもらう癖をつけましょう。

ADHDだろうが無かろうが、人間だれでも失敗やミスをします。
それをいかにして防ぐのかを考えたとき、手っ取り早いのは何回も確認することです。

ADHDの場合はしっかりと自分で認識して、躊躇わずに他人にチェックしてもらうようにするのが最大の仕事対策かもしれませんね。

もし、あなたの部下がADHD??かもと思ったら、優しくフォローしてあげましょう。


関連記事

ピックアップ記事

  1. とっても大事なADHDの方の食事 子供・大人に関わらず、ADHDの場合は食事に気を付ける事が求…
  2. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
  3. 高機能自閉症
    私の子供は今3歳になる男の子です。最初の気づきは・・・ 小さい頃からお調子者で興奮すると奇声あ…
  4. 仕事を辞めたい
    適応障害が原因でのうつ病発症。休職から退職、生活保護に。 五年ほど前、30代前半だった私は10…
  5. ADHD(注意欠如・多動性障害)とは
    ADHD(注意欠如・多動性障害)とはいったいどんなモノなの? ADHD(Attention-d…
  6. ADHD 原因
    そもそもADHD(注意欠如・多動性障害)の原因はいったい何なのか? 100人に3名とも10名に…
  7. ADHD 割合
    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
  8. 情緒障害児短期治療施設
    私が「発達障害」という言葉を初めて知ったのは、長男が小学校1年生に上がった頃でした。 生まれて…

ピックアップ記事

  1. ワーキングメモリーとは

    2015-10-3

    ワーキングメモリーとは?作業記憶・作動記憶を鍛える。

    脳の記憶の重要な機能であるワーキングメモリー ADHDやADDの方にとって、作業中・仕事中の効…
  2. 大人のADHDとは

    2015-12-1

    大人のADHDとは?

    今非常に注目を集めているのが「大人のADHD」 ADHD(注意欠如・多動性障害)という症状は、…
  3. 診断基準

    2016-11-30

    私は10年ほど前に、「うつ病」を発症しました。現在も治療中です。【体験ブログ】

    当時入社して3年目。心療内科へ行くことを勧められました。  当時入社して3年目。 最初は、「…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る