ジムキャリー ADHD

16歳で学校を中退。うつ病、ADHD、失読症だったジム・キャリー


アメリカを代表するコメディアン、俳優としてとっても有名なジム・キャリーさん。
映画だと「マスク」や「トゥルーマンショー」等、見たことがある方も多いのではないでしょうか。


そんなジム・キャリーさんですが、なんとうつ病、ADHD、失読症という、3種類の症状で大いに悩まされていたらしいのです。


また、ジム・キャリーさんと言えば幼少の時より苦労を重ねてきたことでも知られていますね。

父親が失職し、貧困の中、病気の母に代わって働いていたとの事。


それらを乗り越えてハリウッドスターに上り詰めたジム・キャリーさんはまさにアメリカンドリームを体現された方といって良いでしょう。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6994246849905881"
data-ad-slot="5131093724"
data-ad-format="auto">


幼少期は非常に大人しい子供だったジム・キャリーさん


今でこそコメディアン、俳優として賑やかなイメージのあるジム・キャリーさんですが、幼少期は非常に大人しかったそうです。


ADHD、失読症という症状の為、中々みんなと一緒に仲よくなりづらかったのでしょう。


しかし、人を笑わせていくことで徐々に友達が出来ていくことを実感したジム・キャリーさんはコメディアンを目指すようになっていったのです。

16歳で学校をやめ、19歳の時にLAに移住、そこから13年経ってやっと主役をゲット


今でこそハリウッドスターに上り詰めたジム・キャリーさんですが、前述のとおり相当な苦労を克服してきたのです。

特に失読症(ディスレクシア)という症状には大いに苦労されたことでしょう。

通常の仕事ならまだしも、ジム・キャリーさんが目指すコメディアン、俳優というものはセリフがあり、台本があるのです。
文字の認識に弊害がある失読症(ディスレクシア)ですから、それはもう大変だったと思われます。


しかも映画の主役となれば覚えなくてはいけないセリフは膨大にあるはずですよね。

ジム・キャリーさんが画面の裏で相当な努力をされていたことがうかがえます・・・・本当にすごいですね。



最後にジム・キャリーさんはこう語っています。

私の人生の目標は人生の痛みを忘れること、傷みを忘れ、傷みを笑い、傷みを減らすこと。そして笑うこと。



まさに、うつ病、ADHD、失読症という、3種類の症状を乗り越え、世界中の人々を笑顔にさせるコメディアンになったジム・キャリーさんの言葉ですね。


>ADHD・発達障害の有名人・芸能人一覧

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  2. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  3. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  4. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…
  5. 反抗挑戦性障害の幼児への対応・対処法
    私は38歳の男性です。結婚していて二人の息子がいます 長男が強迫性障害とパニック障害になってし…
  6. ADHD コンサータ
    私は23歳のときに発達障害がわかり、アスペルガー症候群の可能性があるといわれました。 きっかけ…
  7. とっても大事なADHDの方の食事 子供・大人に関わらず、ADHDの場合は食事に気を付ける事が求…
  8. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…

ピックアップ記事

  1. 高機能自閉症

    2017-3-14

    3歳の息子が多動性と衝動性の強いADHDです。【体験ブログ】

    私の子供は今3歳になる男の子です。最初の気づきは・・・ 小さい頃からお調子者で興奮すると奇声あ…
  2. コンサータ

    2015-9-24

    コンサータの効果と副作用【ADHDの薬】

    ADHDの薬「コンサータ(メチルフェニデート)」とは? ADHDの投薬治療は、基本的に原因治療…
  3. 学習障害

    2017-1-9

    我が子がアスペルガー症候群と判明して【子供の発達障害体験記】

    初めに気になったのは1歳の頃です。 離乳食も進み、外食を少しづつ始めた頃でした。 子どもの食…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る