ADHDの実行機能障害とは?原因は?

実行機能障害

実行機能の障害って?


ADHDの特徴である多動性、不注意などは、その人自身が我がままであったり、意思が弱いという事が原因ではありません。
脳内の「実行機能」に障害があるためだからと言われています。


人間の実行に関する脳内の何処かに何かしらの障害があるせいで多動性、不注意などが起こります。
よくADHDの方はミスが多い・・・と言われますがそれは前述のように意思が弱いという事が原因ではなく、脳内の「実行機能」に障害があることが原因なのです。


実行機能とは


目標を定め、その目標の為に自己を管理し、処理をしていく能力の事を言います。
簡単に言えば目標に対して臨機応変に対応し、実行することです。

ADHDにおいては6つの要素が挙げられています。

  1. 取りかかる力:優先順位をつけて取り掛かる
  2. 焦点化する力:目標に集中し、維持をする
  3. 努力する力:集中し、その維持に力を注ぐ
  4. 感情を抑制する:欲求不満を自己管理する
  5. 記憶する力:ワーキングメモリー(作業記憶)を活用
  6. 行動する力:自己客観視し、そこから実行に移せる力

ADHDの場合、これらの6つの実行機能がしっかりと働かない場合が多く出てきます。

例えば、仕事中に優先順位が上手くつけられずに手当り次第に取り掛かってしまい、結局一つも終わらなかったりします。
または、何かの仕事をしている最中に、その仕事を終わらせないまま違う仕事をしてしまったり・・・


これらは前述のとおり、その人自身が意志が弱かったり、仕事が出来ないわけではないのです。
あくまで脳機能の障害なのです。

もし、貴方がADHDならば一旦このような症状があるという事を理解して、それぞれの実行機能に対して対策をとっていくようにしましょう。




関連記事

ピックアップ記事

  1. 情緒障害児短期治療施設
    幼稚園年少、3歳の娘の療育開始までの道のり 幼稚園に入るまでは、毎日公園に通い、よく笑い、友達…
  2. 学習障害
    初めに気になったのは1歳の頃です。 離乳食も進み、外食を少しづつ始めた頃でした。 子どもの食…
  3. 診断基準
    小学校時代から検査に至るまでの自分、その後の体験談を書いてみようと思います。 数年前、発達障害…
  4. 診断基準
    当時入社して3年目。心療内科へ行くことを勧められました。  当時入社して3年目。 最初は、「…
  5. 仕事を辞めたい
    両親も「何かおかしい」とは思っていたそうです。 現在34歳の男性ですが、27歳のときに発達障害…
  6. 不注意型ADHD
    ADHDの3大症状のうち不注意が多い「不注意型ADHD」とは? ADHDの3大症状は「不注意」…
  7. 反抗挑戦性障害
    現在10歳になる娘がいます。その娘が6歳で小学校一年生の時でした。 普段から落ち着きが全くなく…
  8. ワーキングメモリーとは
    トイレに行ったときふと「死にたい」とふっと思ったのです。 22歳の頃から神経性胃炎にはよく…

ピックアップ記事

  1. 学習障害

    2016-8-8

    私の中学生の息子なのですが、適応障害と診断されました。【体験ブログ】

    実は、ここに行き着くまでにかなり長い道のりでした。 最初は、中学2年生になって、急に学力の低下…
  2. ワーキングメモリートレーニング

    2015-10-3

    ワーキングメモリートレーニングでADHD・ADDが改善?

    ワーキングメモリートレーニングで脳の作業台を広げよう♪ ADHDの原因は今なお研究が盛んですが…
  3. steve-Jobs

    2016-8-8

    スティーブ・ジョブズの場合【ADHDの有名人・芸能人】

    アップルの創始者スティーブ・ジョブズも発達障害だった 世界的大企業アップル・コンピュータの創始…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る