反抗挑戦性障害

大人に対して否定的、反抗的な反抗挑戦性障害


反抗挑戦性障害とは、大人に対して否定的、反抗的、不服従の挑戦的行動を6ヶ月以上繰り返し起こし、児童の周辺社会に対して影響を与えてしまう障害のことを言います。


本人の利益になるにも関わらず、かんしゃくをおこしたり、わざと人を怒らせたりするのが特徴です。


しかし、犯罪を犯すというような法律に反するようなことまではしません。

本人には善悪の判断力があるので、自身が非常に間違ったことをしたときには罪悪感を抱くことになります。


ADHDの児童が周りから理解を得られないこと発症する?反抗挑戦性障害


反抗挑戦性障害は、ADHDの児童が周りから理解を得られないことで、

自分はダメな人間かもしれない
誰一人として自分のことを理解してくれない

というマイナス思考を持ってしまい、人間不信的行動という二次障害を起こしてしまうために起こる障害と言われています。


また、ADHDの児童は自分がADHDであることを認識していないケースもあるためにこのような「理解を得られない」という気持ちを引き起こすことになることもあります。


この症状はADHDの9歳前後から思春期頃に多くみられ、適切な薬物治療や親を含めたペアレントトレーニングや精神療法などをすすめていき、年齢と共に落ち着くことが多いようです。




年齢が上がってからの治療は、治療に対して抵抗することがあるため、早期発見が重要になります。

「9歳の壁」とも表現されることがあり、ADHDの半数にみられると言われています

脳機能障害や遺伝的要素が関係しているなどの説もありますが、原因はまだ良くわかっていません。


ADHDの二次障害とみるのが一般的です

関連記事

ピックアップ記事

  1. 情緒障害児短期治療施設
    幼稚園年少、3歳の娘の療育開始までの道のり 幼稚園に入るまでは、毎日公園に通い、よく笑い、友達…
  2. 学習障害
    初めに気になったのは1歳の頃です。 離乳食も進み、外食を少しづつ始めた頃でした。 子どもの食…
  3. 診断基準
    小学校時代から検査に至るまでの自分、その後の体験談を書いてみようと思います。 数年前、発達障害…
  4. 診断基準
    当時入社して3年目。心療内科へ行くことを勧められました。  当時入社して3年目。 最初は、「…
  5. 仕事を辞めたい
    両親も「何かおかしい」とは思っていたそうです。 現在34歳の男性ですが、27歳のときに発達障害…
  6. 不注意型ADHD
    ADHDの3大症状のうち不注意が多い「不注意型ADHD」とは? ADHDの3大症状は「不注意」…
  7. 反抗挑戦性障害
    現在10歳になる娘がいます。その娘が6歳で小学校一年生の時でした。 普段から落ち着きが全くなく…
  8. ワーキングメモリーとは
    トイレに行ったときふと「死にたい」とふっと思ったのです。 22歳の頃から神経性胃炎にはよく…

ピックアップ記事

  1. 高機能自閉症

    2016-8-8

    発達障害の娘と家族の理解【体験ブログ】

    高機能自閉症の娘と私と夫 我が家には発達障害の娘がいます。 小学校や親の会などでいろいろなお…
  2. コンサータ

    2015-6-25

    ホスファチジルセリンとは。効能と成分は?【ADHD用サプリメント】

    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…
  3. 学習障害

    2017-1-9

    我が子がアスペルガー症候群と判明して【子供の発達障害体験記】

    初めに気になったのは1歳の頃です。 離乳食も進み、外食を少しづつ始めた頃でした。 子どもの食…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る