ADHD 原因

そもそもADHD(注意欠如・多動性障害)の原因はいったい何なのか?


100人に3名とも10名に1名とも言われるADHD(注意欠如・多動性障害)ですが、最近では認知も広まってきていますよね。
これほどに多いADHDやADDですが、単なる忘れっぽい、飽きっぽい、落ち着きがない・・・って考えている方も多いのではないでしょうか。


そんなADHDですが、そもそも原因はいったい何なのでしょうか。

今回はそんなADHDの原因についてご紹介していこうと思います。


はっきりした原因は不明


いまの医療水準では、はっきりしたADHDの原因はわかっていません。
とはいっても、ある程度のところまではわかってきたのが現状です。

いまのところ、ADHDは先天性の脳機能障害という説が有力と考えられており、脳にある注意力、推論、判断、感情の抑制、短期記憶などを脳内で担当している前頭前野の部分が関係していると考えられています。
わかっているのはそこまでですが、ここで重要なのが「先天性」が有力ということなのです。

生まれてきた後の、外傷や病気によって引き起こさられたり、生活内でのストレスが原因として発症するという、いわゆる後天的なものではないという事なのです。


先天性が有力という理由に、血縁者に共通してみられることが多いという事が挙げられます。
このため、今現在では上記のように先天性で遺伝的な要素に様々な要因が加わり、症状を発現させるという説が最有力とされています。


なので、ADHDと診断された親が持つ感情の「しつけが出来ていなかった」「教育が出来ていなった」という考えは根本から間違っているのです。


しかし、一部では後天性だという意見も


ADHDの症状が先天性の脳機能障害だけで決まるわけでなく、その後の人生においての人間関係、生活環境など、後天的な要素が影響を与えているという考えもあるそうです。


とまぁ、ここまで書いておきながら筆者としてはどっちでも・・・という考えです。
先天性だろうが後天性だろうが病気には変わらないのですからね。

まずはしっかりとADHD/ADDの症状を知る事、そして対処をすることです。
前述のとおり、100人に3名とも10名に1名とも言われるADHD(注意欠如・多動性障害)ですから非常に身近な存在なのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 情緒障害児短期治療施設
    幼稚園年少、3歳の娘の療育開始までの道のり 幼稚園に入るまでは、毎日公園に通い、よく笑い、友達…
  2. 学習障害
    初めに気になったのは1歳の頃です。 離乳食も進み、外食を少しづつ始めた頃でした。 子どもの食…
  3. 診断基準
    小学校時代から検査に至るまでの自分、その後の体験談を書いてみようと思います。 数年前、発達障害…
  4. 診断基準
    当時入社して3年目。心療内科へ行くことを勧められました。  当時入社して3年目。 最初は、「…
  5. 仕事を辞めたい
    両親も「何かおかしい」とは思っていたそうです。 現在34歳の男性ですが、27歳のときに発達障害…
  6. 不注意型ADHD
    ADHDの3大症状のうち不注意が多い「不注意型ADHD」とは? ADHDの3大症状は「不注意」…
  7. 反抗挑戦性障害
    現在10歳になる娘がいます。その娘が6歳で小学校一年生の時でした。 普段から落ち着きが全くなく…
  8. ワーキングメモリーとは
    トイレに行ったときふと「死にたい」とふっと思ったのです。 22歳の頃から神経性胃炎にはよく…

ピックアップ記事

  1. 大人のADHDとは

    2015-12-1

    大人のADHDとは?

    今非常に注目を集めているのが「大人のADHD」 ADHD(注意欠如・多動性障害)という症状は、…
  2. 学習障害

    2016-8-8

    私の中学生の息子なのですが、適応障害と診断されました。【体験ブログ】

    実は、ここに行き着くまでにかなり長い道のりでした。 最初は、中学2年生になって、急に学力の低下…
  3. 仕事を辞めたい

    2016-11-16

    27歳のときに発達障害と診断されました。【体験ブログ】

    両親も「何かおかしい」とは思っていたそうです。 現在34歳の男性ですが、27歳のときに発達障害…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る