合併症が多いADHD


ADHDと診断された場合、合併症や併存障害が発生する場合が高いと言われているので注意が必要です。
そもそも合併症や併存障害というのは病気や障害をもった人が、その病気や障害が発症したときから併せもっていた障害や、もともとあった主要な病気や障害に併発して起こる障害(二次障害)のことです。

ADHDの場合、合併症や併存障害の発生率が高くることい加えて、それら合併症や併存障害の種類が多いのも特徴となっています。


アメリカのある調査によると70%以上が合併症や併存障害を発症



先日発表されたアメリカのとある研究結果によると、ADHDを発症している子供の中で、併存障害を全くない人は全体の約27%に過ぎず、残りの70%以上が、1つ以上の合併症や併存障害を発症していると言われています。
これはアメリカでの発表ですし、国や地域ごとにも発生率や割合は変わってくるとはいえ、非常に高い発生率といって良いでしょう。


また、子供でさえこのレベルでの発生率であることから、これが大人になった場合、更なる合併症の種類が増えることは容易に想像できますよね。
このように非常に合併症が多いADHDですので、注意していきましょう。


以下は前述のアメリカの研究機関が発表したデータです。


  • 学習障害(LD) 9.8%
  • 自閉症スペクトラム障害(広汎性発達障害) 4.8%
  • チック障害 1.6%
  • 反抗挑戦性障害 31.6%
  • うつ病 10.5%
  • 双極性障害 11.7%
  • 不安障害 14.4%


以上の発達障害、精神障害がADHDに多いとされる合併症だそうです。
真偽はともかくとして、ある程度の有意は確認できるので、あくまで参考としてみてみてください。

関連記事

ピックアップ記事

  1. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
  2. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  3. ADHD 仕事 ミス
    仕事上でこんなミスを繰り返している方はADHDかも? 誰でも仕事上でミスはするものです。 し…
  4. ADHD 割合
    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
  5. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  6. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  7. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  8. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…

ピックアップ記事

  1. ADHD コンサータ

    2017-4-15

    アスペルガー症候群の治療で月1回の診察と週1回のカウンセリング中【体験ブログ】

    私は23歳のときに発達障害がわかり、アスペルガー症候群の可能性があるといわれました。 きっかけ…
  2. ADHD 仕事 ミス

    2017-4-27

    上司のパワハラが原因で適応障害になり、仕事を退職。【体験ブログ】

    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  3. 遺伝 家族 ADHD

    2017-2-22

    心療内科でアスペルガー症候群でと正式に診断されて。【体験ブログ】

    幼稚園の頃から人付き合いがずっと苦手だった 私は幼いころから人と接することが苦手でしたが、当時…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る