アルバート・アインシュタインの場合 【ADHDの有名人・芸能人】

アルバート・アインシュタイン

世紀の大天才「アルバート・アインシュタイン」もADHDだった?


誰もが言葉だけは知っているであろう「相対性理論」で有名なドイツ出身の理論物理学者で世紀の大天才「アルバート・アインシュタイン」もADHDやアスペルガー症候群だったとされています。
イタリア、スイスに居住、「光電効果の発見」で1921年にノーベル物理学賞を受賞していますが、その生活ぶりやエピソードを見るとADHDだったというのが頷けます。


ADHDには天才型が多いというのは、このアインシュタインやエジソンがいたから付いたイメージといって過言ではないでしょう。

ちなみに実際に合ったADHDやアスペルガー症候群と思われるエピソードしては


  • 雑巾で顔を拭く
  • 部屋の片づけができない
  • 洗濯洗剤で顔を洗う
  • 職も転々とする
  • 人付き合いが苦手だった
  • 簡単な数字や記号を記憶することが苦手だった


などなど、様々なエピソードが沢山出るわ出るわ状態です。
これが本当ならば恐らく本当にADHD、発達障害、アスペルガー症候群だったのではないかと思います。


style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-6994246849905881"
data-ad-slot="5131093724"
data-ad-format="auto">


ただ、凄いな・・・と思うのは一番下のエピソードですよね。
世界史に残る超有名数学者が「簡単な数字や記号を記憶することが苦手だった」って凄いですよね。
アインシュタインが裏で相当な努力をしていたことが見えてきます。


また、アインシュタインの場合は、エジソンや坂本竜馬のように子供の時代から大人になるまで、しっかりとしたサポートは無かったように思えます。
努力して受けた大学も残念ながら受からず、辛うじて入学した滑り止め?のスイスの大学でも、教授とうまくコミュニケーションが取れずに苦労していたようです。


後世に名を残す天才も、すぐに学者としての才能を開花させたわけではないのです。
才能開花を助けたのは彼の父親とされていて、常にアインシュタインのよき理解者として横にいたそうです。

>ADHD・発達障害の有名人・芸能人一覧

関連記事

ピックアップ記事

  1. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
  2. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  3. ADHD 仕事 ミス
    仕事上でこんなミスを繰り返している方はADHDかも? 誰でも仕事上でミスはするものです。 し…
  4. ADHD 割合
    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
  5. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  6. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  7. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  8. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…

ピックアップ記事

  1. コンサータ 副作用

    2017-7-21

    ADHDの薬「コンサータ」の注意すべき副作用

    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
  2. 学習障害

    2016-8-23

    姉の子どもがADHD。トラブルに悩んでいます。【体験ブログ】

    保育園のころから気づき始めました。 姉の子どもがADHDです。姉は子どもがトラブルを起こすたび…
  3. 不注意型ADHD

    2016-10-22

    不注意型の特徴と症状。診断チェック表 【ADHDの3大症状】

    ADHDの3大症状のうち不注意が多い「不注意型ADHD」とは? ADHDの3大症状は「不注意」…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る