ディスレクシア 治療法

多くの治療法があるディスレクシア・識字障害(難読症)


ディスレクシア(識字障害(難読症))は学習障害の一種で知的能力や一般的な理解能力などには特に異常がないのですが、文字の読み書き学習には著しい困難を抱えるものです。

ディスレクシアの治療法への取り組みは既に本格的に始まっております。
簡単なものとしては、漢字カードや視写ノート、音読などの方法があります。


中でも、注目を集めているのは 米国の「Fast ForWord」という聴覚的能力を訓練するコンピュータープログラムです。
実際にこのプログラムを使った訓練後にはディスレクシア児童の読み能力が向上したという結果が出てきているというのも興味深いです。


小学生、中学生、高校生・・・年次に応じて様々な治療法を。


根本的な治療教育まではいきませんが、タブレット機器を用いたICT教育などによる指導は、中学生や高校生には効果的であると言えるかもしれません。
ディスレクシアの人は音声化された情報の方が理解の到達度が上がることがあります。


そのため、小学校のうちは、文字と音との対応、音韻操作に関する指導、語の区切り、語彙指導などを支援する指導などが大切であると言えるでしょう。
冗長な反復した学習はディスレクシアの人にはあまり効果がみられないので、短時間にコツコツと集中した学習が望ましいでしょう。


また、ディスレクシアに限らず、発達障害全般に言えることですが、ディスレクシアがあるにも関わらず、周囲がそれに気付かなかったり、不適切な指導などをしてしまったりすると、それによって自己評価の低下につながり、最終的に二次障害につながる可能性があるので早期発見および適切な指導は重要です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 情緒障害児短期治療施設
    幼稚園年少、3歳の娘の療育開始までの道のり 幼稚園に入るまでは、毎日公園に通い、よく笑い、友達…
  2. 学習障害
    初めに気になったのは1歳の頃です。 離乳食も進み、外食を少しづつ始めた頃でした。 子どもの食…
  3. 診断基準
    小学校時代から検査に至るまでの自分、その後の体験談を書いてみようと思います。 数年前、発達障害…
  4. 診断基準
    当時入社して3年目。心療内科へ行くことを勧められました。  当時入社して3年目。 最初は、「…
  5. 仕事を辞めたい
    両親も「何かおかしい」とは思っていたそうです。 現在34歳の男性ですが、27歳のときに発達障害…
  6. 不注意型ADHD
    ADHDの3大症状のうち不注意が多い「不注意型ADHD」とは? ADHDの3大症状は「不注意」…
  7. 反抗挑戦性障害
    現在10歳になる娘がいます。その娘が6歳で小学校一年生の時でした。 普段から落ち着きが全くなく…
  8. ワーキングメモリーとは
    トイレに行ったときふと「死にたい」とふっと思ったのです。 22歳の頃から神経性胃炎にはよく…

ピックアップ記事

  1. コンサータ

    2015-6-25

    ホスファチジルセリンとは。効能と成分は?【ADHD用サプリメント】

    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…
  2. 2015-9-15

    ADHDに効く食べ物は?子供・大人の食事療法

    とっても大事なADHDの方の食事 子供・大人に関わらず、ADHDの場合は食事に気を付ける事が求…
  3. 仕事を辞めたい

    2016-11-16

    27歳のときに発達障害と診断されました。【体験ブログ】

    両親も「何かおかしい」とは思っていたそうです。 現在34歳の男性ですが、27歳のときに発達障害…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る