我が子がアスペルガー症候群と判明して【子供の発達障害体験記】

学習障害

初めに気になったのは1歳の頃です。


離乳食も進み、外食を少しづつ始めた頃でした。
子どもの食べられそうなものを注文し、食べさせようとしましたが全く食べようとしません。


周りが気になり、じっとしていることが出来ません。
なぜ食べないのかが全くわかりませんでした。


ですが、一人目の子だったこともあり?子どもってこんなもんなんだ?といった感じでした。
もちろん帰宅後は毎回空腹を訴えていました。

その頃から、睡眠に関しても気になることがありました。


夜になり、一旦寝かしつけます。
1~2時間してこちらが起きると、真っ暗の中ベッドに座っています。
泣くわけでも、親を起こすわけでもありません。



再度寝るように促し、寝かしつけます。
また1~2時間してからこちらが目を覚ますと、暗闇の中、起きてベッドに座っています。
こういったことが毎晩見られるようになりました。

次に保育園の頃です。


祖母がお迎えに行っていました。
祖母から『お迎えに行くと、いつも一人で遊んでいる。お友達は先生たちと遊んでいるのに。』とのことでした。


気になったので、担任の先生に相談しましたが『月齢が低く(3月生まれだったため)周りと同じことができなくても心配することではない』と説明受けました。
その時も?そんなものなのか?と深くは考えませんでした。

この頃から、予定の変更に対応できませんでした。
例えば、遊びにいった帰りに買い物⇒外食(夕飯)で予定を立てるとします。


ですが、帰りが遅くなり時間的にも、先に食事をしようとするも理解してくれません。
『先に買い物するって言った』と、何10分も泣き叫んでいます。
こういうことが頻繁にみられるようになりました。

今度は小学校1年生です。


2学期の終わり頃(12月頃)から休みがちになりました。
理由を聞いても『行きたくない』としか話しません。


特に理由も見つけることができず、3学期にはいりました。
その頃には、全く登校出来なくなってしまいました。


担任の先生とも何度も面談しましたが、理由はわかりませんでした。
スクールカウンセラーの先生に?子ども相談所(児童相談所)?への相談を勧められ、早速問い合わせることにしました。



?子ども相談所?では、月1回心理士の方と1時間遊んで過ごしました。
また1度だけ、そこにいる精神科(?)の先生の下、発達検査(WISC-Ⅲ)を受けました。
検査の結果『発達障害かはグレーゾーン』とのことでした。


この頃には、感覚の過敏性が顕著に表れ始めていました。


決まった味(家での食事)以外のものが食べられない⇒味覚過敏
体育館の足音が耐えられない⇒聴覚過敏
自家用車内のにおいに耐えられない⇒嗅覚過敏


その他にも、縞模様がダメになってしまいボーダー柄の服が着られない、挙句の果てには横断歩道が渡れなくなってしまいました。
この状態では、とても学校に通える状態ではありません。


支援学級の先生から?児童精神科?について教えていただきました。

小学校3年生の4月です。


児童精神科の予約を取ることにしました。
2か月待ちとの噂もありましたが、タイミングよく2週間ほどで予約が取れました。
こちらでも発達検査(WISC-Ⅲ)を受けました。


検査の結果?アスペルガー症候群?と診断されました。

なぜか、ホッとしました。

小さいころからの変わった行動、味覚過敏や睡眠障害、コミュニケーション障害が発達障害によるものだとわかったからです。
ショックはありませんでした。


いまは高学年になりました。

軽くなった症状もあれば、新たに出てきた症状もあります。
まだ、本人には告知していません。。


児童精神科の主治医と相談してのことです。

やはり、クラスのお友達の中でも浮いているようです。



助けてくれるお友達もいますが、高学年だからこそ奇異の目でみるお友達も中にはいるようです。


ですが、これを障害とは捉えず、本人の特性として捉えてほしいと思っています。

そして、いつか本人にもきちんと話せる日がくることを願っています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. とっても大事なADHDの方の食事 子供・大人に関わらず、ADHDの場合は食事に気を付ける事が求…
  2. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
  3. 高機能自閉症
    私の子供は今3歳になる男の子です。最初の気づきは・・・ 小さい頃からお調子者で興奮すると奇声あ…
  4. 仕事を辞めたい
    適応障害が原因でのうつ病発症。休職から退職、生活保護に。 五年ほど前、30代前半だった私は10…
  5. ADHD(注意欠如・多動性障害)とは
    ADHD(注意欠如・多動性障害)とはいったいどんなモノなの? ADHD(Attention-d…
  6. ADHD 原因
    そもそもADHD(注意欠如・多動性障害)の原因はいったい何なのか? 100人に3名とも10名に…
  7. ADHD 割合
    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
  8. 情緒障害児短期治療施設
    私が「発達障害」という言葉を初めて知ったのは、長男が小学校1年生に上がった頃でした。 生まれて…

ピックアップ記事

  1. JOHN F. KENNEDY

    2015-12-9

    ジョン・F・ケネディの場合 【ADHDの有名人・芸能人】

    アメリカ大統領【ジョン・F・ケネディ】もADHDだった? アメリカの政治家として、超有名な第3…
  2. ADHD 仕事 対策

    2017-2-18

    大人になってADHD、AQ(アスペルガー症候群)と診断。【体験ブログ】

    2016年に、ADHD、AQ(アスペルガー症候群)と、診断されました。 最初は、うつ病と診断さ…
  3. 診断基準

    2016-11-30

    私は10年ほど前に、「うつ病」を発症しました。現在も治療中です。【体験ブログ】

    当時入社して3年目。心療内科へ行くことを勧められました。  当時入社して3年目。 最初は、「…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る