我が子はいわゆる多動性障害でした。【子供の発達障害体験記】

我が子は落ち着きが無かったり、じっとしていられない事です。


小さな頃は周りに女の子が多く、男の子ってこんなもの?と周りも深刻には考えていませんでした。
私自身、周りに相談しても「男の子はそんなものだよ」なんて言われて納得していたものです。

しかし、小学生になってから状況は大きく変わりました。


学校に通うようになったら落ち着くかしらと思っていたのですが、実際にはその逆だったのです。
授業中もじっとしていられなくて教室中を動き回ったり、他の子の邪魔をしたり。怒るような先生には反発もしました。


唯一、なついたのは他クラスの担任の先生。その先生はまだ新しく若い先生で、息子をとても怒れない優しい先生だったのです。

ADHDの子の場合、頭ごなしに叱ると余計に関係が悪化してしまいます。

当時息子を怒っていた私は反省しました。

この先生との出会いが大きかったです。


ただ怒るだけの他の先生達とは違い、息子は他の子と明らかに違うからと私に声をかけてくれたのです。
私自身、どこかおかしいのかもしれないと思っていた時に、先生から電話を頂きました。他クラスの担任をしている先生からこっそり電話を頂いて、この先生は息子の事をちゃんと考えてくださっているのだと涙が出たものです。

若い先生ですし、きっと周りの目もあったでしょう。
病院も良いところを探してくださって、早速連れて行ったところ精神科でADHDだと診断されました。


その病院はちょっと遠いのですが、息子と同じようにADHDのお子さんがたくさん通っているところです。


先生や看護師さん達もすごく慣れていますし、親同士の交流会などもあります。
薬を飲むことによって授業もちゃんと受けられるようになりました。


私自身、同じ状況で頑張っている親御さん達と交流することで前向きな気持ちになることができました。
児童精神科にちゃんと連れて行くのが大切です。


中学生になってからは思春期で薬を飲まなくなったり、家庭内でも喧嘩が絶えない状態になっていました。


しかし、通っている病院の先生が変わったことでこれも改善。
以前は人気のある病院なのでどうしても診察時間が短かったのですが、人事が変わったことでゆとりが出来たんです。


新しい先生はベテランの先生で、中学校の先生方ともうまく連携を取ってくれました。

おかげで、ADHDのある子は思春期が大変だと聞いていましたが、我が家は特に大きなトラブルもありませんでした。

思春期、特に男の子は力もあるので大変です。
ちゃんと学校の先生方にも伝えておいて、寂しい気持ちにならないように工夫することで我が家は早めに切り抜けることが出来たと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. とっても大事なADHDの方の食事 子供・大人に関わらず、ADHDの場合は食事に気を付ける事が求…
  2. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
  3. 高機能自閉症
    私の子供は今3歳になる男の子です。最初の気づきは・・・ 小さい頃からお調子者で興奮すると奇声あ…
  4. 仕事を辞めたい
    適応障害が原因でのうつ病発症。休職から退職、生活保護に。 五年ほど前、30代前半だった私は10…
  5. ADHD(注意欠如・多動性障害)とは
    ADHD(注意欠如・多動性障害)とはいったいどんなモノなの? ADHD(Attention-d…
  6. ADHD 原因
    そもそもADHD(注意欠如・多動性障害)の原因はいったい何なのか? 100人に3名とも10名に…
  7. ADHD 割合
    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
  8. 情緒障害児短期治療施設
    私が「発達障害」という言葉を初めて知ったのは、長男が小学校1年生に上がった頃でした。 生まれて…

ピックアップ記事

  1. 仕事を辞めたい

    2017-3-14

    30代でASD(自閉症スペクトラム症候群)が判明して。【体験ブログ】

    適応障害が原因でのうつ病発症。休職から退職、生活保護に。 五年ほど前、30代前半だった私は10…
  2. 学習障害

    2017-2-28

    ADHD(注意欠陥性多動症)の子供を育児中。【体験ブログ】

    園長から「とても保育しきれない」とはっきり言われて ADHD(注意欠陥性多動症)の息子の育児体…
  3. 診断基準

    2016-12-19

    検査の結果「発達障害の傾向がある」と診断されました。【体験ブログ】

    小学校時代から検査に至るまでの自分、その後の体験談を書いてみようと思います。 数年前、発達障害…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る