大きな病院で診断

言葉を発するのがちょっと遅かったけれど


私の娘は、2600gと小さくはありましたが自然分娩で元気に生まれました。
生まれた直後、抱かせてもらった時の重みとその感動は今でもはっきり覚えています。


寝返り、つかまち立ち、ひとり歩き、と順調に成長していきました。
夜泣きが激しかったものの、それも普通のことと育ててきました。


1歳半健診の時、「パパ」「ママ」など10語くらいの言葉を発するのが普通であるなか、わが子はまだ一言も話せませんでした。
そのため市が行っている親子遊びのグループ活動に参加することになりました。


ここには同じように言葉がなかなか出ないお子さんがいて、楽しく活動出来ました。


2歳を過ぎると言葉が急に出始め、2歳半には普通の子と同じように話せるようになったので、ここは「卒業」となりました。

がしかし、私の中で少しづつ不安が大きくなっていっていくのを感じていました。
次第に大きくなっていく不安を自分の中に押し込んで子育てをしていたのを覚えています。


3歳児のときの検診で個別相談を


つぎの3歳時健診の時です。
これまでの経過があったので「個別相談を受けますか」と聞かれ、すすんで受けました。
そこで「困っていることはありますか」と尋ねられたのでいくつか話しました。


娘は毎日1時間以上ぬいぐるみを使って私とごっこ遊びをしていましたが、ストーリーがほぼ毎日同じものでした。
また手がベタベタするのを嫌がる感覚の敏感さもありました。

他には大きな音が苦手で、子どもがたくさんいて騒いでいるような場所を嫌ったりするようなこともありました。


そこで保健師さんが自閉症検査のようなことをされ、それから子どもとしばらく遊んで様子を観察したりされましたが、最後に「市の○○園に行ってみてください」と市の療育施設を紹介されたのです。

また「お子さんと目が合いません」と言われ、ショックを受けました。
私や夫、祖父母とは目が合っていて、目が合わないと感じたことは一度もなかったのです。


確かに知らない人に話しかけられると固まっていましたが、単に人見知りとしか思っていませんでした。


大きな病院で診断で初めての検診



その後、市の療育施設に通い、そこで紹介状をもらって「○○療育センター」という大きな病院で診断を受けました。

高機能自閉症」という診断でした。
この診断名はその後「アスペルガー症候群」と言われたり、「ADHDの症状も入っている」と言われたりもしました。


人によって様々な特性を合わせ持っていることが多いので、現在は「発達障害」という名前で呼ばれることが多いそうです。


私も他の人に話す場合は「発達障害」と説明するようにしています。



療育施設で知り合ったお母さん方の中には「こわいから診断は受けに行かない」という方もおられました。
そのお気持ちもよくわかります。


しかし私の場合は「この子のこの状況が何なのか、はっきりさせたい」という思いが強く、診断を受けました。
それから小学校では特別支援学級を選び、今でも療育を続けています。

それが将来のわが子の自立につながるはずだと思っています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 学習障害
    私が勤務する保育園にも毎年一人はADHDである子供、もしくはADHDではないか?と疑われる子供が入園…
  2. 仕事を辞めたい
    子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。 ADHDという特徴により、私は…
  3. 反抗挑戦性障害
    私は、小さい頃から多くのいじめに遭っていました。 「私の何がダメなんだろう。なぜ人と同じことが…
  4. DHA+EPA 市販薬
    【人気ランキング】お医者さんに行かずに市販薬・サプリメントでADHDを改善! ADHDやADD…
  5. 回避性パーソナリティ障害の治療方法と付き合い方・就職
    何故か部屋の整理整頓がどうしてもできない 私は子供の頃から、教科の勉強、日常生活何においても、…
  6. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  7. コンサータ
    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…
  8. 薬 ADHD
    薬に頼りたくないなら「リラクミンプレミアム」 ADHDの症状は大きく2方面に分かれるのでないで…

ピックアップ記事

  1. 学習障害

    2016-8-8

    私の中学生の息子なのですが、適応障害と診断されました。【体験ブログ】

    実は、ここに行き着くまでにかなり長い道のりでした。 最初は、中学2年生になって、急に学力の低下…
  2. steve-Jobs

    2016-8-8

    スティーブ・ジョブズの場合【ADHDの有名人・芸能人】

    アップルの創始者スティーブ・ジョブズも発達障害だった 世界的大企業アップル・コンピュータの創始…
  3. 不注意型ADHD

    2016-10-22

    不注意型の特徴と症状。診断チェック表 【ADHDの3大症状】

    ADHDの3大症状のうち不注意が多い「不注意型ADHD」とは? ADHDの3大症状は「不注意」…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る