衝動性の強いADHDな私の学生時代と就職。【体験ブログ】

不注意型ADHD

私にとっては勉強が色んな意味で難しかったのです。


私が学生時代だった時の事です。
高校時代は1年間は成績の悪い方が目立ちました。

赤点はいつものことで毎回のように放課後補修に行かされていました。
両親にも「どうしていつも赤点なんだ」と言われることもあったぐらいです。

当時の私は「勉強のできないのはいつものこと」と思ってたし気にも止めなかったのです。


1年が過ぎクラスが変わり全体の偏差値が低くなってからは私でも勉強がある程度は分かるようになり特別支障が出るということもありませんでした。

高校最後の年には就職か進学を決めなければいけませんが私は進学を選びました。


進学先は美容学校です。

理由なんてほとんど周りの人と同じで「ヘアスタイルをいじるのが好きだから」という簡単な気持ちで受験をし入学しました。
「どんなことを毎日学ぶのかな」とワクワクして楽しみでいたのですが実は私にとっては勉強も実践も難しかったのです。


私が美容学生として毎日を過ごしてどうしても他の人と同じようにスムーズに生活できないと感じたのが多動性があるということです。


多動性と言われても人それぞれ違いがありますが、私の場合は学校行事でグループになって出し物をする際に自分の力で動けないもそうなのですが自分ではやることがないから「自分勝手にトイレに行ってしまったり、飲み物を買いに行ってしまう」ことなどです。
この行動は同じグループ内の人たちを怒らせてしまうきっかけになってしまい、自分の中では「他の子もトイレ行ってるし」とまで思ってしまってたのです。

その当時仲の良かった友達と折り合いが付かなくなったり何となくお互い不満を持ちながら接してた時期もあり、その時に話し合いの場を設け話し合いをしたときに自分の一方的な話で終わらせてしまい友達は当然納得がいかなく関係を元に戻すまでにとても時間を要しました。

思ったことを口にしてしまってそのあとの友達の言葉には聞く耳を持ちませんでした。



勿論、こんなことでうまく行くわけがなかったですし、なんで他の人と同じように円満に過ごせないんだろうとも思いました。

またそれだけでなく不注意な部分も多く見受けられていました。
学校の授業はしっかり聞いてるつもりでも、単純なことなのに分からないことが多かったり間違えるような所でもないのに間違えてしまったりと学校生活に支障をきたすようなことばかりでした。


結果的に、授業で怖い先生に自分の考えを述べたり答えを言わないといけない場面で答えるようにと指示を受けたことがありました。


急に指示されたことの驚きや緊張と頭の中で回転が鈍くて言われたことの1つも理解できないという危機的状況に陥りました。

「言ってることが支離滅裂だし、少し頭の中を整理させてからもう一度答えてみてください」と言われてしまい長い時間クラスの人たちに見られながら立った状態でただ困るだけの自分という状況にはその後も頭を悩ませました。

悩んで悩んだ挙句、自信を失くし自分には何か問題があるんではないかと頭を抱えました。


その後にいろいろ調べた結果ADHDなのではないかと分かり、少し勇気は必要だったけど精神科で受診を受けたのです。
結果はその通りで特に衝動性の強いADHDだと言われました。


また、学生時代の苦労や悩みも重なりその他の精神疾患も見つかりました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ディスカリキュア 算数障害 学習障害
    今姪っ子は5歳なのですが、療育施設に元気いっぱいに通っています。 ADHDの症状をもっている子…
  2. 学習障害
    私が勤務する保育園にも毎年一人はADHDである子供、もしくはADHDではないか?と疑われる子供が入園…
  3. 仕事を辞めたい
    子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。 ADHDという特徴により、私は…
  4. 反抗挑戦性障害
    私は、小さい頃から多くのいじめに遭っていました。 「私の何がダメなんだろう。なぜ人と同じことが…
  5. DHA+EPA 市販薬
    【人気ランキング】お医者さんに行かずに市販薬・サプリメントでADHDを改善! ADHDやADD…
  6. 回避性パーソナリティ障害の治療方法と付き合い方・就職
    何故か部屋の整理整頓がどうしてもできない 私は子供の頃から、教科の勉強、日常生活何においても、…
  7. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  8. コンサータ
    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…

ピックアップ記事

  1. ADHD 仕事 対策

    2017-2-18

    大人になってADHD、AQ(アスペルガー症候群)と診断。【体験ブログ】

    2016年に、ADHD、AQ(アスペルガー症候群)と、診断されました。 最初は、うつ病と診断さ…
  2. コンサータ

    2017-9-1

    ホスファチジルセリンとは。効能と成分は?【ADHD用サプリメント】

    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…
  3. 学習障害

    2016-8-23

    姉の子どもがADHD。トラブルに悩んでいます。【体験ブログ】

    保育園のころから気づき始めました。 姉の子どもがADHDです。姉は子どもがトラブルを起こすたび…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る