重度の知的障がい児の息子との人生。【体験ブログ】

高機能自閉症

“私には9歳になる重度の知的障がい児の息子がいます。


1歳半のときに、保険所で発達障がいと認定され、愛の手帳を交付されました。
最初のうちは、自分の息子が障害があることに対して受け入れることができなくて、よく本屋などに行き、発達障がいを完治する方法などを模索してきました。


何箇所も周り、大量の本を買い、勉強しました。

勉強するうちに、発達障がいは完治することはまず無理だということが分かりました。

最初は受け入れがたいほどにショックを受けたのですが、現実を受け入れることが将来、ハッピーにくらすことができると
どの本にも書いてありました。

実際に現実を受け入れるまでに何年もかかりました。


現実を受け入れたと思っていても、心の奥底でくすぶった暗い部分がたまに頭を出してきます。
それでも、すこしずつですが成長する息子の姿を見ると、愛らしく感じるところもあります。


最初の2年で何とか現実を受け入れることができ、完治ではなく、対処療法で息子と相対していこうと決心してからは、発達障がいであることが逆に、自分たち夫婦にとって幸せであるように感じることができるようになってきました。

最初のうちは、息子が健常児であれば、どれだけよかったかと、想像し、悔しい思いをしてきたのですが、発達障がいを受け入れることが出来てからは、前向きに家族として楽しむことができるようになってきました。

息子を幸せに成長させるために、夫婦そろって一生懸命勉強しました。


勉強した結果、デイサービスに預けっぱなしにするのではなく、スキンシップを多く取り、愛情をたくさん与えることによって子供に良い影響を与えることが分かってきました。


息子が2才になるころに足立区にある療育施設に通院するようにしました。
送迎バスなどがないので、家内が自転車で送迎しました。


最初のうちは、息子がパニックになり大変苦労したのですが、だんだんと親離れができるようになってきて、療育を受けることで色んなことができるようになってきました。
集団行動もパニックを起こすことなく出来るようになりました。


最初の頃は、絶対無理だと思っていたことが、がんばればがんばるほど、報われるのです。


親としてこれ以上の幸せはありません。
もし息子が健常児であったなら、これほど息子のことを一生懸命考えることはなかったと思っています。
現在は、すくすくと成長し、都内の特別支援学校に通っています。


そこの先生たちもよい人ばかりで、息子は楽しそうに学校に通っています。


冷静に周りを見渡すと、私たち夫婦は孤立していたのではなく、同じ環境の人たちがいっぱいいることが分かりました。


いまでは近所で同じ境遇の人たちとコミュニティを造り、子供が最後まで幸せにくらせるように一生懸命、議論しています。


人は考え方次第で、ポジティブになれるものだと感じました。
発達障がいの息子は特別支援学校に通学している間はよいのですが、卒業してからが本当の試練だと思っています。

近所のコミュニティの人たちと協力して過ごしやすい環境を整えてあげようと思っています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
  2. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  3. ADHD 仕事 ミス
    仕事上でこんなミスを繰り返している方はADHDかも? 誰でも仕事上でミスはするものです。 し…
  4. ADHD 割合
    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
  5. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  6. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  7. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  8. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…

ピックアップ記事

  1. steve-Jobs

    2016-8-8

    スティーブ・ジョブズの場合【ADHDの有名人・芸能人】

    アップルの創始者スティーブ・ジョブズも発達障害だった 世界的大企業アップル・コンピュータの創始…
  2. 学習障害

    2017-2-28

    ADHD(注意欠陥性多動症)の子供を育児中。【体験ブログ】

    園長から「とても保育しきれない」とはっきり言われて ADHD(注意欠陥性多動症)の息子の育児体…
  3. ADHD 割合

    2017-7-20

    ADHDの人はどのぐらいの割合でいるの?

    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る