虐待と過干渉の幼少期でPTSDになって。【体験ブログ】

広汎性発達障害

厳しい両親のもと育てられ虐待にひとしい経験をうけて育ちました。


過保護というより過干渉な両親、子供の意思より自分たちの体裁をきにする傾向がこどものころからありました。

長男である弟へも過剰に期待をかけ、ちょっと気にさわることをいったり反抗をするのも許されず、父親から、機嫌のわるいときは暴力をうけときにはひどい暴言も浴びせられました。世間体は人一倍にきにする両親で親戚のあつまりなどではさぞかし、こどものためというフレーズをつかい、子供思いを世間にアピールする姿はいまもしっかり覚えています。


そういった経験をしてそだったので、自分への自身もうまくもてず、じぶんというものを消していました。
進路もいつも親のいうとおりにしていればといういいぐさで、自分の人生をいきてこなかったように感じます。

おとなになり自分も子をもちひしひしとこの感情は、こどものころにおった心の傷あとであり、本音をこころをひらいて話すというのはなにより苦手な行動です。


子どもをふっとおこりそうになるとき、自分がうけた暴力をおもいだしとてもこわくなるのです。


我に返りたたいたりすることだけは絶対にしたくない、これをしたら最低と言い聞かせ、おなじ子育てをしたくないというおもいは日に日に増して、手探りですが反面教師でゆったり育てようというおもいは揺らぎません。こんなにかわいい時期になぐるなんてと親を批判する複雑なきもちはクリーンではないなと感じます。


わたしたち兄弟は、社会不安のようそがたっぷりあり、いつも人に嫌われたくないという気持ちが異常につよくなり、適切な関係がたもてずに余計になやんだりして過ごしてきました。
これをしたら嫌われてしまうのではないか、とおもったり物事を真面目に考えすぎたり、白黒つけなければ気が済まないなど、融通が利かないタイプです。


それでも配偶者には恵まれたことはとてもよかったと、うまくは相手につたわっているかわかりませんが安心して家庭のなかではいられます。
こどものころ、ものの豊かさうんぬんよりもいつも笑いあえる安心できる場所が欲しかったのだとおとなになるにつれ強く感じるようになりました。


学業もたいせつですが、親としてしてあげることはこどもをちかくで見守り、羽ばたけるようにいつでも応援して上がることで、口を出しすぎたり制限したりというのは子供はのぞみません。

窮屈でそだったひとは、そのときよりも成人するころに違和感をかんじたりさみしさが膨らんだり、憎しみに近い感情もうまれてきたりマイナス感情がましてしまうので、心のゆとりの大切さはいかに重要か気づかされました。


親の笑った顔も子供は大好きで安心します。


そして子供自身不安もへり安心しておやもとから離れていけます。

PTSDはかんたんに消すことはできないもので単純なものではありません。
不安感のつよいこどもに育たないためには親のありかた、幼少時代の接し方はとても重要なのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
  2. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  3. ADHD 仕事 ミス
    仕事上でこんなミスを繰り返している方はADHDかも? 誰でも仕事上でミスはするものです。 し…
  4. ADHD 割合
    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
  5. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  6. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  7. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  8. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…

ピックアップ記事

  1. ADHD 仕事 ミス

    2017-4-27

    上司のパワハラが原因で適応障害になり、仕事を退職。【体験ブログ】

    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  2. 学習障害

    2016-8-23

    姉の子どもがADHD。トラブルに悩んでいます。【体験ブログ】

    保育園のころから気づき始めました。 姉の子どもがADHDです。姉は子どもがトラブルを起こすたび…
  3. ワーキングメモリーとは

    2015-10-3

    ワーキングメモリーとは?作業記憶・作動記憶を鍛える。

    脳の記憶の重要な機能であるワーキングメモリー ADHDやADDの方にとって、作業中・仕事中の効…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る