学習障害

結婚して、二児の子供をもちました。


長男が三歳のころおおきな病院を受診して自閉症スペクトラムと診断をうけて育てています。
きっかけは乳児健診でひとりだけ泣き騒ぎ、健診をうまくうけられず、みかねた保健師さんからもしかしたら発達障害が原因でかもしれないと発した一言からでした。


息子は切迫早産で1か月半ほどの入院を経て出産した第一子で、子育てじたいがはじめてで、育てにくさも泣き喚きもちょっとわがままやこだわりがひどいというものも、個性とおもっていて手こずってはいましたが、初の育児はみなこのような状況かと思っていました。


ただ、ママ友とご飯をいっしょにファミレスに食べに行った際も、うちのはストローをつかってのんでいつまでも自力で飲もうとしないことや、言葉も遅いのかなとふっと不安に感じるということはありました。

一つのことをネガティブにとってしまうと子育てに良くないとおもったのか、自分がおちこみたくないのか気のせいととるようなところもありました。


じょじょに2歳ぐらいになると一つのこだわりにしがみついて延々となきわめいたり本当に聞き分けがないのと、話しても伝わっていないのかなという状況が他の子とのちがいとしてみられる場面が増えていきました。
それで公園にも積極的にあしを運べず、順番をまもることもできないのではトラブルの元になり自分もめんどうになり家にこもりがちになりました。


初めての場所、病院や子育て支援センターも不安な顔やかえりたがる状況で、ひとりめで随分と苦戦をしていたことに、いまふたりめのこどもをそだてながら、あの当時の余裕のなさとわからなさの不安のなかにいた自分とむすこに悪いことをしたなという意識をすくなからず持っています。


集団生活にはいってからは遅れやコミュニケーションが苦手ということが顕著にあらわれてきたので、関わってくれる先生にもこういった特徴があるというのをノートにこまかく記載し渡して支援してもらうことにしました。


自閉症はあたらしいことの不安感が強かったりことばも出にくい子はオウム返しをしたりします。


特性を家族がきちんと把握して特別な障害と意識しすぎずにすごしてあげることも本人にとっても良い方向に向かうと感じました。


過敏な感覚をもっていて聴覚が不快に感じると耳をふさいだり、触覚がいやな服があったり、苦手なものも多いかもしれませんが、支えてくれるまわりのちょっとした意識次第で、本人の不快も軽減できたり、伸ばせる面もたくさんあります。



障害があっても長所は本当にたくさんあるので、子育てがつらいときも共感してくれる仲間と前向きになれる場をつくるのも一つの方法です。
自分だけで解決できないこともヒントにつながる何かがみつかります。


家の中だけでなく、いまは福祉も充実しているので日中一時支援やヘルパーさんのサポートも大きな助けになります。

いろいろ調べると本人にも家族にもよい支援がかならずみつかります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  2. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  3. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  4. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…
  5. 反抗挑戦性障害の幼児への対応・対処法
    私は38歳の男性です。結婚していて二人の息子がいます 長男が強迫性障害とパニック障害になってし…
  6. ADHD コンサータ
    私は23歳のときに発達障害がわかり、アスペルガー症候群の可能性があるといわれました。 きっかけ…
  7. とっても大事なADHDの方の食事 子供・大人に関わらず、ADHDの場合は食事に気を付ける事が求…
  8. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…

ピックアップ記事

  1. 反抗挑戦性障害の幼児への対応・対処法

    2017-4-18

    息子が強迫性障害とパニック障害発症。きっかけと症状は…【体験ブログ】

    私は38歳の男性です。結婚していて二人の息子がいます 長男が強迫性障害とパニック障害になってし…
  2. 学習障害

    2017-2-28

    ADHD(注意欠陥性多動症)の子供を育児中。【体験ブログ】

    園長から「とても保育しきれない」とはっきり言われて ADHD(注意欠陥性多動症)の息子の育児体…
  3. 回避性パーソナリティ障害

    2016-9-12

    うつ病を発症したのは、私の母です。【体験ブログ】

    今もなおうつ病と戦っています。 母がうつ病にかかった時、当時40代でした。 私は高校生で妹は…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る