怒りっぽい父親がADHDでした。【体験ブログ】

診断基準

両親ともに健在ですが父親がADHDです。

症状としては落ち着きがなく、きれやすくささいな言葉で怒り出すことが、わたしがこどものころから多くおさないころからご機嫌をうかがって怒らせないようにと本音やわがままをあまりぶつけずにすごした記憶があります。

日常の仕事も定着するまでかなりの時間がかかりひととの関わりが、父親は上手にできません。

善意で言った言葉も裏にとって善いように解釈できないところや、適当に人に合わせるのが苦手です。
仕事はきまってもながつづきしないのは主に人間関係です。

ひととの距離感がちかかったり、おせっかいを言いすぎたり、苦手意識を持った人には極端にさけて悪口をいうはめになり、父にはあわせてくれるひとがいる環境でなければむずかしいのではと感じています。

子どもも私の他に弟もいますがぶつかり合いが多いので、いまでは父と弟はほぼ疎遠なのですが、トラブル回避のためにはお互いいい距離感に感じます。

自分の考えはまげない柔軟性のひくさから生きにくさを感じているようには見えます。

衝動的にものを発するのでびっくりしたり、わたしたち家族のペースも乱されるのはちょっと困惑して疲れはたまります。

自分なりのルールを私たちに共用するというのは家族にとってはリラックスしにくいものです。
忘れ物がおおいのと、せかせか焦っているようす、じっとしていられないという性質は顕著です。

職場へもだいぶはやく到着したり、一緒に外食にいっても自分がたべおわればさっさとみせからでてしまったり、ひとの行動にあわせるのが一番苦手な分野です。

いつもいそがしくしていて、休みの日もごろごろしたりというのはないので、家族が逆に家をあけるようになることもふえました。
自分ルールはだれにもあるとおもうので、極端になりすぎないよう、息もぬけるようにまわりがうまくフォローする必要もあるのかなとまわりではなしています。

この症状に加えまだ60代前半にしては物忘れが非常におおいのでここも注意して今後見ていかないととおもって病院の先生にお話ししています。

おせっかいという部類なのか、ひとの気持ちをかんがえにくいという一面は、調理して出したおかずに平気で味をつけなおしたり、自分ではよかれというこうどうが相手にとっては不快になっているという状況が多いことから、発達障害のひとつなんだとしばらく前にきづいたことがきっかけでした。

障害とわかってからはあきらめというかイライラしたり家族の不快感はへり、性格のわるさではなく障害と言い聞かせられるようになったのでわかって良かったと思っています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ディスカリキュア 算数障害 学習障害
    今姪っ子は5歳なのですが、療育施設に元気いっぱいに通っています。 ADHDの症状をもっている子…
  2. 学習障害
    私が勤務する保育園にも毎年一人はADHDである子供、もしくはADHDではないか?と疑われる子供が入園…
  3. 仕事を辞めたい
    子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。 ADHDという特徴により、私は…
  4. 反抗挑戦性障害
    私は、小さい頃から多くのいじめに遭っていました。 「私の何がダメなんだろう。なぜ人と同じことが…
  5. DHA+EPA 市販薬
    【人気ランキング】お医者さんに行かずに市販薬・サプリメントでADHDを改善! ADHDやADD…
  6. 回避性パーソナリティ障害の治療方法と付き合い方・就職
    何故か部屋の整理整頓がどうしてもできない 私は子供の頃から、教科の勉強、日常生活何においても、…
  7. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  8. コンサータ
    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…

ピックアップ記事

  1. 高機能自閉症

    2017-3-14

    3歳の息子が多動性と衝動性の強いADHDです。【体験ブログ】

    私の子供は今3歳になる男の子です。最初の気づきは・・・ 小さい頃からお調子者で興奮すると奇声あ…
  2. 回避性パーソナリティ障害の治療方法と付き合い方・就職

    2017-9-20

    部屋がぐちゃぐちゃな私。ADHDと診断されるまで。【体験ブログ】

    何故か部屋の整理整頓がどうしてもできない 私は子供の頃から、教科の勉強、日常生活何においても、…
  3. 仕事を辞めたい

    2017-5-15

    衝動性の強いアスペルガー障害と診断された私の人生。【体験ブログ】

    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る