不注意型ADHD

私は自閉症スペクトラム障害を抱えています。

物心ついたころから他の子と同じように行動することができず、また人の気持ちを理解することができません。
途中で人の話に割って入ることもあったり人に対して不快な行動を取ることもあるので、幼いころから周囲の人となじむことができずに仲間外れにされたりいじめに遭ってきました。

なので今まで所属した集団生活では全てなじめていません。

自閉症スペクトラム障害はどちらかといえば男性に多いと言われています。

しかし男性の場合は常に集団で行動するという人は多くないので、人付き合いにおいて問題になってくるのは仕事関係ということになるのだと思いますが、女性の場合は仕事以外にも子どもがらみの付き合いで問題になってくることが多くなってきます。

現在私は8歳と3歳の子どもの育児をしているところです。

しかし両方の子どもに関してはママ友といわれる存在はいませんし、付き合うもの億劫だと思っています。
そのため何かしらの行事がある時は基本は1人でいる状態ですが、周囲の人が誰かしらと話をしている様子を見ると、自分は異質な存在なのだろうかと思ってしまうのです。

自閉症スペクトラム障害持ちの育児はそうでない人よりも困難を極めることが多く、子どもの気持ちを理解することができません。

現在上の子どもは学校で同級生とのトラブルがあって時々登校を渋ることもあります。

しかし人付き合いをする方法さえも分からない私が子どものトラブルを解決することなど当然できないので、子どもは不登校寸前のところまで来ています。

また下の子どもも時にくずったり訴えたいことが理解できないことがあり、その場の雰囲気を感じずに行動を取ることが多いので、もしかしたら下の子どもは私の自閉症スペクトラム障害が遺伝していて、同じように人間関係などで苦労していくのではと不安を感じているところです。

このような症状を長年抱えてきたのですが、この自閉症スペクトラム障害が原因で不安障害やうつ病など二次的に精神疾患を発症しているような状態になっているので、現在は心療内科に通院して総合的に治療を受けています。

自閉症スペクトラム障害は先天的なものであって治療しても改善されないため、一生この状態で生活していかなければならないのですが、地域によってはそのような障害を抱えた人向けのサポートも充実しているということで、できればそのようなサポートを受けたいところです。

ただ私の住む地域は田舎なので、自分が自閉症スペクトラム障害であることさえも隠して生きていかないと偏見の目で見られてしまいます。

このまま自分の障害を隠し続けていかなければならないと思うと、さらに不安を感じてしまうという悪循環に陥ってしまうのです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ディスカリキュア 算数障害 学習障害
    今姪っ子は5歳なのですが、療育施設に元気いっぱいに通っています。 ADHDの症状をもっている子…
  2. 学習障害
    私が勤務する保育園にも毎年一人はADHDである子供、もしくはADHDではないか?と疑われる子供が入園…
  3. 仕事を辞めたい
    子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。 ADHDという特徴により、私は…
  4. 反抗挑戦性障害
    私は、小さい頃から多くのいじめに遭っていました。 「私の何がダメなんだろう。なぜ人と同じことが…
  5. DHA+EPA 市販薬
    【人気ランキング】お医者さんに行かずに市販薬・サプリメントでADHDを改善! ADHDやADD…
  6. 回避性パーソナリティ障害の治療方法と付き合い方・就職
    何故か部屋の整理整頓がどうしてもできない 私は子供の頃から、教科の勉強、日常生活何においても、…
  7. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  8. コンサータ
    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…

ピックアップ記事

  1. ADHD(注意欠如・多動性障害)とは

    2017-3-14

    ADHD(注意欠如・多動性障害)とは?

    ADHD(注意欠如・多動性障害)とはいったいどんなモノなの? ADHD(Attention-d…
  2. 2017-3-15

    ADHDに効く食べ物は?子供・大人の食事療法とは?

    とっても大事なADHDの方の食事 子供・大人に関わらず、ADHDの場合は食事に気を付ける事が求…
  3. 仕事を辞めたい

    2017-10-18

    催眠療法でADHDの症状が若干治まりました。【体験談】

    子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。 ADHDという特徴により、私は…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る