ディスカリキュア 算数障害 学習障害

障害と聞くと大変と思われがちですが、コツを掴めば案外接しやすい時もあります。

我が子はADHDなのですが家にいる間もちっとも座りません。
落ち着きがないのでひたすら動き回っています。

オムツを交換する時もオモチャを背伸びして取れるような窓枠に乗せて立たせている一瞬のスキをついて交換するのですが届かないとわかると全く興味を示さなかったりするので距離感を徐々に見極めていくように毎回親子で静かなる戦いが繰り広げられています。

また、主人が休みの時に限り外食をしたりするのですが私一人だと絶対に制御できません。

主人がいても食べたいものをオーダーしてから席に届けられるまでの間、我が子は椅子から降り歩き回りたがってしまうので、普段触らせないようなカギだったりスマホを触らせて注意をそらせたり何とか食事までその場にいられるように努力しています。

外食しなければいいと思われる方もいると思うのですが集団の中で周りの子が皆座っているから座っていなければならないという印象をこどもが小さいうちにやっておくこともいいことだと療育の先生にアドバイスしていただきました。
待っていれば美味しいものが食べられるというご褒美つきの外食はその学習にちょうどいいと思い月に1度でも連れて行くようにしています。

ADHDは親の躾がなってないから落ち着きがないんだと思われがちです。

うちの子は2歳ですが今まで一度も歩き疲れた姿を見たことがありません。
安全なところで好き勝手に歩かせてみたら3時間以上走り回ります。

お買い物に行くとこどもにとってはパラダイスなので必要最低限のものを最初にリストアップして最速で済ませるのですが帰ろうとするとその場でひっくり返って泣きわめいたりします。
ゆっくりじっくり買い物をするところが見たいのかな?と思い時間がある時にやらせてみたら3時間も居ました。

広い店内を隅々まであちこち見たいようでした。

逆に子育て支援センターなどでゆっくりしようかと思うと隅々までオモチャを確認し1時間で全部遊び終えて帰りたがったりします。

私は基本的にこどもの意思を尊重するようにしているのでそんな時はすんなりお家へ帰るようにしています。

ADHDは理解すれば癇癪が激減する障害だと私は思います。

思いやりと愛情を持っていれば年齢的に小さくてもあっちに行きたい、ここにはもう居たくないなどかわかるようになってきます。

甘やかすのではなく理解してあげることがこの障害と関わるコツなんだと思います。”

関連記事

ピックアップ記事

  1. ディスカリキュア 算数障害 学習障害
    今姪っ子は5歳なのですが、療育施設に元気いっぱいに通っています。 ADHDの症状をもっている子…
  2. 学習障害
    私が勤務する保育園にも毎年一人はADHDである子供、もしくはADHDではないか?と疑われる子供が入園…
  3. 仕事を辞めたい
    子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。 ADHDという特徴により、私は…
  4. 反抗挑戦性障害
    私は、小さい頃から多くのいじめに遭っていました。 「私の何がダメなんだろう。なぜ人と同じことが…
  5. DHA+EPA 市販薬
    【人気ランキング】お医者さんに行かずに市販薬・サプリメントでADHDを改善! ADHDやADD…
  6. 回避性パーソナリティ障害の治療方法と付き合い方・就職
    何故か部屋の整理整頓がどうしてもできない 私は子供の頃から、教科の勉強、日常生活何においても、…
  7. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  8. コンサータ
    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…

ピックアップ記事

  1. JOHN F. KENNEDY

    2015-12-9

    ジョン・F・ケネディの場合 【ADHDの有名人・芸能人】

    アメリカ大統領【ジョン・F・ケネディ】もADHDだった? アメリカの政治家として、超有名な第3…
  2. 仕事を辞めたい

    2017-3-14

    30代でASD(自閉症スペクトラム症候群)が判明して。【体験ブログ】

    適応障害が原因でのうつ病発症。休職から退職、生活保護に。 五年ほど前、30代前半だった私は10…
  3. ワーキングメモリーとは

    2016-9-20

    私は30歳の時に事件に巻き込まれ、うつ病を発症しました。【体験ブログ】

    トイレに行ったときふと「死にたい」とふっと思ったのです。 22歳の頃から神経性胃炎にはよく…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る