学習障害

現在中学生男子の母です。息子がADHDとわかるまで。


今思えば産まれたときから想像以上の子育ての難しさに悩まされました。


夜泣きはいつ止むのかと思っていましたが小学1年生まで続きました。

夜泣きもただワーンと泣くのではなく何かにとりつかれたように全身を震わせ暴れ、まるでエクソシストの1場面のようになります。
それが一晩中2時間おき、時には1時間半おきに繰り返されます。


マンション暮らしのため、夜中の騒音として気になりますし、夜寝れないこと、また今夜もか、なぜうちのこだけ?という思いで子育てってこんなにも苦しいものなのか、とも思いました。



まだその頃は発達障害という言葉もそんなに耳にはしませんでしたし、健診の歳にも緩やかでは有りますが特にそんなに心配することは、と言われていました。

でもサインはたくさん見られました。



とにかく育てにくさがありました。初めての場所は泣き叫び、離れない、集団でいることは好まないのでせっかくサークルのようなところに出掛けても誰とも触れあわないまま私の膝の上で終わってしまいました。
お友だちと遊ぶのも一苦労でコミュニケーション能力が低いため一方的になりやすく、慣れてくると今度は興奮してしまい多動になり、いつも肩身の狭い思いをしていました。


幼稚園に入り言葉も遅かったもののそこでも発達には個人差があると言われ見逃してしまいました。

皮膚の感覚も敏感だったり、こだわりが強く絵もはまったらその絵のシリーズしか書かないということもあります。


こだわりの強さは年々増してきました。



もしかしたら思春期もあり、こだわりの強さもさらに増してきたようにも感じます。


小学校に入り、担任に何か発達について言われたことがありませんか?と連絡が来たのが私たち親の意識が変わったころなのかもしれません。


友達とのかかわりかたや持っていることばの少なさ、コミュニケーションの低さなどが心配であるとのことです。


今でもまだ発達障害とは心のなかでは認められていません。


でも早くに気付き、少しでも早く療育を学ばせていたら今の状況がかわったのかもしれません。
なかなか認めることは難しいですが、生きにくさを感じているのは本人なのでそれに向けて頑張っていきたいと思っています。


現在はADHDの症状に合わせたお薬を処方してもらっています。
人の話を聞き入れながらあまりこだわりをもたずに生きずらさをテクニックで乗り越えていけるような人になってほしいです。

悔やまれるのは少しでも早くにきづいてあげられなかったことです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
  2. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  3. ADHD 仕事 ミス
    仕事上でこんなミスを繰り返している方はADHDかも? 誰でも仕事上でミスはするものです。 し…
  4. ADHD 割合
    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
  5. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  6. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  7. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  8. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…

ピックアップ記事

  1. ADHD コンサータ

    2017-4-15

    アスペルガー症候群の治療で月1回の診察と週1回のカウンセリング中【体験ブログ】

    私は23歳のときに発達障害がわかり、アスペルガー症候群の可能性があるといわれました。 きっかけ…
  2. ADHD 割合

    2017-4-20

    30代後半女性。ADHDと自閉症スペクトラムです。【体験ブログ】

    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…
  3. コンサータ

    2015-9-24

    コンサータの効果と副作用【ADHDの薬】

    ADHDの薬「コンサータ(メチルフェニデート)」とは? ADHDの投薬治療は、基本的に原因治療…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る