仕事を辞めたい

適応障害が原因でのうつ病発症。休職から退職、生活保護に。


五年ほど前、30代前半だった私は10年以上働いた小売関係の企業を退職しました

原因はうつ病です。
いつからか働くのが辛くなっていき、それに比例するように生活も乱れて当時付き合っていた女性に進められて精神科のクリニックを訪ねました。

精神科なんて…という気持ちはありましたが、もう朝起きるのさえ辛くなっていた私はその門を叩きました。


白い清潔な部屋で私を待っていたのは、マスクをした中年の女性の医師でした。


話をしたのは15分ぐらいだったと思います。
最近の辛いことや幼少期の思い出。

隻を切ったように口から溢れでました。

ひとしきり私の話を聞いたその人は、ゆっくりとこう言いました。

「適応障害から来るうつ病で間違いないと思います。
お仕事はしばらく休まれた方がいいですね。
それとあなたの疾患のベースにあるのは発達障害ではないでしょうか」


と。

その後は記憶が曖昧で、次回の診察の日付をメモしたのは覚えています。
あの時自分はどんな顔をしていたんだろう、鏡があれば見てみたかったと今でも思います。


翌日上司にうつ病のことを話し、休職して治療することになりました。


その日は部屋で昼から酒を飲み、うつ病や発達障害についてインターネットで調べました。
まさか、という気持ちともしかして、という気持ちが自分の中で膨らんでいくのがわかりました。


ASD(自閉症スペクトラム症候群)というのが私の発達障害の正式名称です。
いわゆる精神病ではなく、先天的な障害であると考えられています。


アスペルガー症候群も含めて発達障害と括られ、知的障害を伴うこともあります。
ざっくり言うと、ちょっと人と違うところが多く、社会に適応しづらい障害、でしょうか。



関東の国立大を卒業し、そこそこ名の通った企業に就職した私は自分が発達障害だなんて夢にも思いませんでした。

少し緊張が激しくて初対面の人が苦手な所はありましたが、職場での人付き合いも無難にこなし、お付き合いした女性も今まで何人もいました。

たまに酔って羽目を外ぐらいで、うつ病になるまでは特に自分に疑問を感じることさえありませんでした。


発達障害は重いものは子供の頃に見つかりますが、軽いものや知的障害を伴わないものは見過ごされやすく、気付かないまま大人になる人も多いそうです。

研究者や経理、法律関係の方に多いのではないか、と言われています。

結局仕事は退職することになり、治療が長引いて生活保護を受けて治療をしています。


うつ病が落ち着いて来たので、しかるべき医療機関での発達障害の検査がもうすぐ始まります。


どういう結果になるかはわかりませんが、自分のルーツを知りたいという気持ちは強いです。


その上でこれからどうするかを決めていきます。

早めに自治体の精神福祉の窓口に相談していれば良かったとも思いますが、よい経験だったと前向きに生きていきたいです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
  2. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  3. ADHD 仕事 ミス
    仕事上でこんなミスを繰り返している方はADHDかも? 誰でも仕事上でミスはするものです。 し…
  4. ADHD 割合
    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
  5. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  6. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  7. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  8. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…

ピックアップ記事

  1. コンサータ

    2015-9-24

    コンサータの効果と副作用【ADHDの薬】

    ADHDの薬「コンサータ(メチルフェニデート)」とは? ADHDの投薬治療は、基本的に原因治療…
  2. ワーキングメモリーとは

    2016-9-20

    私は30歳の時に事件に巻き込まれ、うつ病を発症しました。【体験ブログ】

    トイレに行ったときふと「死にたい」とふっと思ったのです。 22歳の頃から神経性胃炎にはよく…
  3. 自己愛性パーソナリティー障害

    2017-2-15

    29歳で広汎性発達障害と診断された私。【体験ブログ】

    私が発達障害であると診断を受けたのは29歳の時で、比較的遅い段階でした。 それまでは家族から「…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る