発達検査の結果、子供がADHDと診断されて。【体験ブログ】

学習障害

我が子は38週で、普通分娩でうまれてきました。

こんなの言い方をしたら変ですが、普通に産まれてきた普通の赤ちゃんでした。

母乳で育てて、よく寝て、よく飲む赤ちゃんだったように思います。

首のすわりは3ヶ月で6ヶ月ころにはお座りができていました。
そういった小さい頃の運動発達は順調で、小さい頃は何も発達関する心配をしたことはありませんでした。

体の大きさも普通で発達曲線の真ん中位を推移していたように思います。

一歳半検診がありましたが、そのときには何も言われませんでした。

むしろ、歩くこともできているし、活発に遊ぶことができているし、体の大きさも問題ないし、なにも心配することはありませんね、と言われて嬉しい気持ちで帰途についたことを覚えています。
発語は1歳すぎでした。パパとかママとか話すようになってきました。

2歳になるとワンワンきたなど、二語の文も話すので、発達の問題は感じませんでした。

しかし、公園などに行くようになって、同じ年齢のお子さんたちとの比較をする中でなんか違うという違和感を感じるようになったのです。
まず第一に、我が子は常に走っています。

お砂場でおとなしく遊ぶことなどは滅多になく、公園であれば公園を走り回って遊んでいます。

なので、お出かけやお買い物などでも、なかなか手を繋いでおとなしくしていることは稀で、常にどこかへ行こうと動いていました。
私もなかなか落ち着いて買い物ができませんでしたので、次第にネットスーパーなどで買い物はすませるようにしました。

3歳頃には迷子になってしまったこともあります。迷子になったときはなかりおどろきましたが、くるときがきた、と思いました。

3歳児検診は問題ありませんでしたが、幼稚園にはいると、先生に呼び出されることが増えました。

そこで、専門家に診てもらった方が、という助言を受けまして、管轄の児童相談所で発達相談をしたのです。

そこでは、心理の先生とお医者さんにみてもらいました。

発達検査もしてもらって、知的には問題ないとのことでした。
しかし、落ち着きのなさが顕著であり、ADHDであるといえると言われました。

かなりショックでしたが、実はほっとしたのを覚えています。

私の育て方の問題ではなくて、この子の特性だったのだと思うと、ほっとしたのです。

主人のほうが現実を受け入れるのに時間がかかったようです。これからどうにかしてこの子にあった教育や療育を施していかないと、いけないなと思っています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ディスカリキュア 算数障害 学習障害
    今姪っ子は5歳なのですが、療育施設に元気いっぱいに通っています。 ADHDの症状をもっている子…
  2. 学習障害
    私が勤務する保育園にも毎年一人はADHDである子供、もしくはADHDではないか?と疑われる子供が入園…
  3. 仕事を辞めたい
    子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。 ADHDという特徴により、私は…
  4. 反抗挑戦性障害
    私は、小さい頃から多くのいじめに遭っていました。 「私の何がダメなんだろう。なぜ人と同じことが…
  5. DHA+EPA 市販薬
    【人気ランキング】お医者さんに行かずに市販薬・サプリメントでADHDを改善! ADHDやADD…
  6. 回避性パーソナリティ障害の治療方法と付き合い方・就職
    何故か部屋の整理整頓がどうしてもできない 私は子供の頃から、教科の勉強、日常生活何においても、…
  7. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  8. コンサータ
    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…

ピックアップ記事

  1. ワーキングメモリーとは

    2015-10-3

    ワーキングメモリーとは?作業記憶・作動記憶を鍛える。

    脳の記憶の重要な機能であるワーキングメモリー ADHDやADDの方にとって、作業中・仕事中の効…
  2. ADHD 仕事 ミス

    2017-7-21

    ADHDかも?ADHDがしやすい仕事のミス。

    仕事上でこんなミスを繰り返している方はADHDかも? 誰でも仕事上でミスはするものです。 し…
  3. ADHD コンサータ

    2017-4-15

    アスペルガー症候群の治療で月1回の診察と週1回のカウンセリング中【体験ブログ】

    私は23歳のときに発達障害がわかり、アスペルガー症候群の可能性があるといわれました。 きっかけ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る