ディスレクシア 治療法

障碍者として再就職を目指している20歳代の男性です。

私は、今から1年半ほど前に自閉症スペクトラム障害と診断され、障碍者として再就職を目指している20歳代の男性です。

今回は、そのような診断を得るまでの過程を体験談を交えて説明したいと思います。

幼稚園の時からその場から逃げたいという気持ちが強かった

自分が周りと違っていることは、幼稚園に入った25年前には既に分かっていて、特に小学校低学年の時は掃除の時間帯に用具箱に隠れたり、他の人に、からかわれた時にハサミで自分の髪の毛を切ったりするなどして、その場から逃げたいという気持ちが強かったのだと今では思います。

小学3年生から特別支援学級で7年間過ごした後、定時制高校や大学に進学しました。
このような環境の下では特に周囲との友達関係を持たなくても過ごしやすかったので、自分では満足しております。

小学生の時は放課後に一部の友達と過ごしていたこともありましたが、そこで過ごした時間よりも家でゲームや工作など1人で没頭する作業をした時間の方が何十倍も楽しかったので、個人単位で生活することが自分にとって居心地が良いことがはっきりとわかりました。

しかし、大学を卒業して就職すると、人付き合いを避ける訳にはいかない環境に変化してしまいました。

具体的には、自分に与えられた仕事を完成させても周りは忙しそうにしていたので報告しても無視されることが当たり前でした。

この場合は次の仕事の指示を上司から仰ぐのが正解でしたが、このような考えに至る前に自分の仕事にミスがあったと勝手に思い込むことしかできず、後に、「なぜぼっとしているんや!」と叱責を食らってしまいました。

こういったことが続いたうえ、1人暮らしだったため、だんだん会社から早く出ていきたいという気持ちが強くなり、1年強でリタイアをしてしまいました。

発達障害関係の施設があることを知り、そこでカウンセリングを

実家に戻って再就職した時でも、同じようなミスを犯してしまったので、さすがに自分でも可笑しいと感じるようになり、当時、ラジオで発達障害関係の施設があることを知り、そこでカウンセリングを受けることを決めました。

並行してAQ診断など発達障害関係の簡易診断を自分でやり、9割以上が該当する結果でした。

その施設でのカウンセリングでは両親に付き添ってもらい、これまでの症状を全て話したところ、大きい病院で正式診断を受けた方が良いと勧められたので、正式な診断を受けました。

具体的には心理検査とAQ診断テスト、WAIS-3テストで構成されていました。

そして、これらを受けて1ヶ月ほどで正式に発達障害の一種である自閉症スペクトラム障碍だと診断されました。診断を受けたときはホッとした気持ちが強かったです。

始めはすごく不安でしたが、カウンセリングから正式診断まで担当者の対応がすごく融通を聞かせてくれるなど親切だったので安心して受けることができたので満足しております。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ディスカリキュア 算数障害 学習障害
    今姪っ子は5歳なのですが、療育施設に元気いっぱいに通っています。 ADHDの症状をもっている子…
  2. 学習障害
    私が勤務する保育園にも毎年一人はADHDである子供、もしくはADHDではないか?と疑われる子供が入園…
  3. 仕事を辞めたい
    子供のころから現在の成人時までADHDで非常に困っていました。 ADHDという特徴により、私は…
  4. 反抗挑戦性障害
    私は、小さい頃から多くのいじめに遭っていました。 「私の何がダメなんだろう。なぜ人と同じことが…
  5. DHA+EPA 市販薬
    【人気ランキング】お医者さんに行かずに市販薬・サプリメントでADHDを改善! ADHDやADD…
  6. 回避性パーソナリティ障害の治療方法と付き合い方・就職
    何故か部屋の整理整頓がどうしてもできない 私は子供の頃から、教科の勉強、日常生活何においても、…
  7. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  8. コンサータ
    テレビでも紹介された脳活性成分ホスファチジルセリン テレビでも紹介され、一気に知名度が上がった…

ピックアップ記事

  1. コンサータ

    2015-9-24

    コンサータの効果と副作用【ADHDの薬】

    ADHDの薬「コンサータ(メチルフェニデート)」とは? ADHDの投薬治療は、基本的に原因治療…
  2. 反抗挑戦性障害の幼児への対応・対処法

    2017-4-18

    息子が強迫性障害とパニック障害発症。きっかけと症状は…【体験ブログ】

    私は38歳の男性です。結婚していて二人の息子がいます 長男が強迫性障害とパニック障害になってし…
  3. ADHD 割合

    2017-4-20

    30代後半女性。ADHDと自閉症スペクトラムです。【体験ブログ】

    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る