29歳で広汎性発達障害と診断された私。【体験ブログ】

自己愛性パーソナリティー障害

私が発達障害であると診断を受けたのは29歳の時で、比較的遅い段階でした。


それまでは家族から「性格が変わっている」とか「社会に向いてない」など、子供の頃からあった不可解な発言・行動が理解されずにいました。

しかし変わっているの一言では済まない程社会と馴染めないのを見かねた家族の勧めで、心療内科の診断テストを受けたのです。

その結果が「広汎性発達障害」でした。今までの謎が全てそこに集約されている気がします。


ここで発達障害と認定された私の人間性を一部ご紹介致します。


○車の運転ができない


奇跡的に免許を取れましたが、実務では話が別です。
原因は「一度に複数の事柄を同時に処理できない」ことにあります。


通常道を曲がるには、ハンドルを切る、周囲確認、アクセル制御等を同時に行いますよね。

それが性質上できないのです。
よくラジオを聴きながら勉強できる人がいますが、私はその「ながら作業」ができないため片方に集中しなければなりません。


非常に不便な思いをしてきました。


○公共の場が苦手


これは仕事や生活に直接影響することなので大きなハンデでしょう。

誰も見ていないとわかっているのに、多くの人がいる場所ではストレスを感じます。
店の防犯カメラですら気になるのです。


何か監視されているような、無い目線を思い込む。
多くの店舗にあるセキュリティーゲートは、通る度に汗が出ます。


普通の人は「過敏に反応しすぎ」と思うでしょうが、したくなくても反応してしまうのが障害の一つと言えましょう。


○幼稚な思考回路


興味があることは熱中し、興味のないことはどんなに重要でも簡単に捨てる。
子供の頃は許されたこの性格は、許されなくなった今でも時々顔を出します。

なぜ正しいかはっきりしない、納得できないものは正しいと思うことができない。
これも昔から変わっていません。



では、これら3つの例とどう向き合っているのか?



もしやることが複数同時に降りかかってきたら、一本につなげます。
ABC同時処理は困難ですから、これら3本を長い1本のDとして考えます。

そうすれば一個に集中できるわけです。

電化製品が必要=電気屋に行く、が以前の王道でしたが、私は初めにアマゾンや楽天の通販で入手できないか確認します。


すると最近では、ほとんどの商品が通販で買える状態だと気づきました。
おかげで、ストレスを受けながら店舗で買い物をすることがほとんどなくなりました。


納得できないことがあれば、できるまで時間を惜しまず調べ上げる。


すると知識がより深いものになり、知恵につながります。

どんなことでも、自分の得意分野とマッチさせれば、興味が湧いてくるものです。



以上が発達障害である私の日常です。
是非ご参考にしていただきたいと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
  2. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  3. ADHD 仕事 ミス
    仕事上でこんなミスを繰り返している方はADHDかも? 誰でも仕事上でミスはするものです。 し…
  4. ADHD 割合
    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
  5. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  6. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  7. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  8. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…

ピックアップ記事

  1. ダニエル・ラドクリフ 障害 病気

    2016-5-3

    ダニエル・ラドクリフさんの場合【統合運動障害の有名人・芸能人】

    群発頭痛、アルコール依存症、運動障害と闘ってきたダニエル・ラドクリフさん ハリー・ポッター役で…
  2. ADHD コンサータ

    2017-4-15

    アスペルガー症候群の治療で月1回の診察と週1回のカウンセリング中【体験ブログ】

    私は23歳のときに発達障害がわかり、アスペルガー症候群の可能性があるといわれました。 きっかけ…
  3. 大人のADHDとは

    2015-12-1

    大人のADHDとは?

    今非常に注目を集めているのが「大人のADHD」 ADHD(注意欠如・多動性障害)という症状は、…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る