アスベルガー症候群の人と同じ職場で仕事して。【体験ブログ】

仕事を辞めたい

41歳、男性、会社員です。私は千葉県で勤務をしています。


全国に会社がある転勤族であるため、色々な人と出会います。
千葉県で勤務する前は、茨城県で勤務していたのですが、2年前に千葉県にある会社に転勤になりました。

転勤が決まったときに、全国から千葉県の会社に勤めている○○さんは、変わっているから気をつけたほうが良いという連絡を多数の人からもらいました。


その人たちは○○さんと同じ勤務先で働いていた人たちです。
そんな、気の使いすぎだよと思いながら、赴任しました。


実際に会ってみると、普通の人なのですが、少し変わっています。


別の人と会話をしていても、急にこの仕事お願いと言われたり、自分独自の世界を持っている人でした。
私は、うつ病を患っていたので、少しでもリスクを減らしたいと、○○さんのことについて深く知り、納得することで一緒に仕事をやっていけると思っていました。


○○さんに、2人だけで飲みに行ったときに、率直にアスベルガー症候群ではありませんか?と聞いてみました。
○○さんはビックリした顔をしていましたが、その後落ち着いた顔に戻り、そのとおりであるとカミングアウトしてくれました。


本人も自分の感覚と、他人の感覚が相当にずれており、悩んでいたとのことです。

でも、どうやって接してよいか分からず、自分が正しいと思う行動をとり、他人から煙たがられているということを聞きました。


本人自身の悩みを知り、こちらも心の中のモヤが消え去りました。


2人だけで飲みに行く前は、変人から依頼された仕事など引き受けたくないと思っていましたが、本人からアスベルガー症候群であると告白されたとき、この人を守っていかなければならないと思いました。


同じ職場の人たちは変人というくくりで、近寄りませんでしたが、私はあえて深く踏み込み、○○さんが依頼した仕事は喜んで引き受けました。


せっかく仲良くなったと思いましたが、○○さんは別の人たちとトラブルを起こし、去年、別の県に異動になってしまいました。

別の県でも色んな人たちを困惑させているようで、話を聞きます。


しかし、当人から私に色んな相談の電話がかかってくるときは、うれしく感じ、よろこんで相談に乗っています。
世の中には色んな人たちがいます。

それぞれを頭ごなしに排除するのではなく、受け入れることで自分自身も気持ちよく過ごすことができます。


関連記事

ピックアップ記事

  1. 遺伝 家族 ADHD
    幼稚園の頃から人付き合いがずっと苦手だった 私は幼いころから人と接することが苦手でしたが、当時…
  2. ADHD 仕事 対策
    2016年に、ADHD、AQ(アスペルガー症候群)と、診断されました。 最初は、うつ病と診断さ…
  3. 自己愛性パーソナリティー障害
    私が発達障害であると診断を受けたのは29歳の時で、比較的遅い段階でした。 それまでは家族から「…
  4. 中学生 ADHD
    いじめと摂食障害を経て、自閉症スペクトラム障害と診断 わたしは子供の頃から親や友達、親の友達、…
  5. 情緒障害児短期治療施設
    幼稚園年少、3歳の娘の療育開始までの道のり 幼稚園に入るまでは、毎日公園に通い、よく笑い、友達…
  6. 学習障害
    初めに気になったのは1歳の頃です。 離乳食も進み、外食を少しづつ始めた頃でした。 子どもの食…
  7. 診断基準
    小学校時代から検査に至るまでの自分、その後の体験談を書いてみようと思います。 数年前、発達障害…
  8. 診断基準
    当時入社して3年目。心療内科へ行くことを勧められました。  当時入社して3年目。 最初は、「…

ピックアップ記事

  1. 仕事を辞めたい

    2016-11-16

    27歳のときに発達障害と診断されました。【体験ブログ】

    両親も「何かおかしい」とは思っていたそうです。 現在34歳の男性ですが、27歳のときに発達障害…
  2. JOHN F. KENNEDY

    2015-12-9

    ジョン・F・ケネディの場合 【ADHDの有名人・芸能人】

    アメリカ大統領【ジョン・F・ケネディ】もADHDだった? アメリカの政治家として、超有名な第3…
  3. 回避性パーソナリティ障害

    2016-9-12

    うつ病を発症したのは、私の母です。【体験ブログ】

    今もなおうつ病と戦っています。 母がうつ病にかかった時、当時40代でした。 私は高校生で妹は…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る