広汎性発達障害

一番の願望はいつも、同じ境遇のわかってくれる人を見つけることです。


私は自閉症です。いつも周りの人が怖くて、声をかけられるのが本当に怖くて、できることならば家を出ることさえも嫌です。
ですがお金を稼がないとという思いがあり、仕方なしの生活を送っています。

なぜこのような生活を送らないといけないのだろうかと毎日考えてしまいます。


今こうやって文字を打っている時でさせも、もし私が自閉症でないのであれば社会に出てもっとたくさんのお金を稼いでいるのかなと考えてしまいます。こ
の怨念を誰に話せばいいのだろうか、誰にぶつければいいのだろうかと考えています。


ですが私にも社会の理念があって、人を殺すとかそういう行為は絶対に認められないものだと思っています。
自閉症の人は他の病気に比べて楽に見られるかもしれませんが、他の病気とは違い、同じ病気の仲間を作ることさせもためらうことが多い日常なのです。


私が自閉症だと気付いたのは周りの人よりも遅いかはわかりませんが高校1年生でした。


いつまでたっても友達を作ろうと思えなくて、声をかけてくれた人に対してもなかなか心を打ち明けることができませんでした。
先生にもかなり相談に乗ったりとかして保健室に通う毎日でしたが、学力はそこそこにあったので今は大学生になって通うわせてもらっています。


しかし中学、高校でダメな通りに大学でも結果は変わらずとして、今なんでこんなところにいて、なぜこの分野について学んでいるのだろうかと思います。
もし私にも社会や周りの目線に気をつけることなく生活できるための何かを見つけられたらなと思います。


いつになったらこの病気は治るのかなとそればっかりです。


しかし私自身も治そうとしてない部分もどこかにあるのかもしれません。
自閉症だと気付いた時からずっと自分自身に対して自身を持てなくなりました。


パラリンピックの映像を見るたびにつくづく感じさせられます。
あの人たちは病気や怪我などで本当に苦しんでいるのだろうけれど、自分自身に自身を持っていて私たちとは違う世界が広がっているのかもしれないのかなと考えています。


もし自分にも心に余裕ができ、周りの人とコミュニケーションを取ることができるのであればスポーツで日本一という目標を持つことができて素晴らしい人生になるのかなと思います。

数ある病気の中でも人生がこんなにも長く感じて、毎日同じ生活をしていればこの病気が一番早く死に近づくのではないかと思います。

一番の願望はいつも、同じ境遇のわかってくれる人を見つけることです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 遺伝 家族 ADHD
    幼稚園の頃から人付き合いがずっと苦手だった 私は幼いころから人と接することが苦手でしたが、当時…
  2. ADHD 仕事 対策
    2016年に、ADHD、AQ(アスペルガー症候群)と、診断されました。 最初は、うつ病と診断さ…
  3. 自己愛性パーソナリティー障害
    私が発達障害であると診断を受けたのは29歳の時で、比較的遅い段階でした。 それまでは家族から「…
  4. 中学生 ADHD
    いじめと摂食障害を経て、自閉症スペクトラム障害と診断 わたしは子供の頃から親や友達、親の友達、…
  5. 情緒障害児短期治療施設
    幼稚園年少、3歳の娘の療育開始までの道のり 幼稚園に入るまでは、毎日公園に通い、よく笑い、友達…
  6. 学習障害
    初めに気になったのは1歳の頃です。 離乳食も進み、外食を少しづつ始めた頃でした。 子どもの食…
  7. 診断基準
    小学校時代から検査に至るまでの自分、その後の体験談を書いてみようと思います。 数年前、発達障害…
  8. 診断基準
    当時入社して3年目。心療内科へ行くことを勧められました。  当時入社して3年目。 最初は、「…

ピックアップ記事

  1. 情緒障害児短期治療施設

    2017-1-15

    発達障害グレーゾーンの娘の療育。【子供の発達障害体験記】

    幼稚園年少、3歳の娘の療育開始までの道のり 幼稚園に入るまでは、毎日公園に通い、よく笑い、友達…
  2. 高機能自閉症

    2016-8-8

    発達障害の娘と家族の理解【体験ブログ】

    高機能自閉症の娘と私と夫 我が家には発達障害の娘がいます。 小学校や親の会などでいろいろなお…
  3. 大人のADHDとは

    2015-12-1

    大人のADHDとは?

    今非常に注目を集めているのが「大人のADHD」 ADHD(注意欠如・多動性障害)という症状は、…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る