うつ病を発症して仕事を休職。【体験ブログ】

ワーキングメモリーとは

30代前半の頃、うつ病を発症して仕事を休職せざるを得なくなったことがありました。


当時、職場では中間管理職を任されるようになり、仕事量の増加や上司と部下の板ばさみから来るストレスに悩まされていました。

仕事量の増加に対しては睡眠時間を削ったり、出社時間を早めたりして対応するようにしていました。

また人間関係のストレスについては、私が犠牲になることで仕事がうまく回るなら仕方がないと思いました。


職場で上司、同僚から声をかけられることが怖くなってしまいました。


しかしどれだけ睡眠時間を削っても仕事がはかどることは無く、そのことで引け目を感じるようになった私は職場で上司、同僚から声をかけられることが怖くなってしまいました。

この頃の私は、周囲から見ても様子がおかしかったようです。
家族と食事をしているとき、誤って味噌汁をこぼしてしまったことがあります。


普通ならすぐに気がつくはずですがその時の私は傍観者のようになっていたようで、家族から指摘され驚いたことを覚えています。


その後、さらに状況は悪化しはっきりと不調を自覚できるようになりました。


まず最初に気がついたのは食欲が低下していることです。


いつも楽しみだったお昼のお弁当も食べられなくなり、代わりに喫煙量が増えてしまいました。

また些細なことで怒りっぽくなりました。そのため時には先輩社員のとった言動が腹に立ち、大声で怒鳴ってしまったことがありました。

すぐに我に返り先輩に謝罪しましたが、私は温厚な性格なので普段ならこのような行動をとることは絶対にありません。



最終的には頭がフラフラして酔っ払ったような感じがする、簡単な計算を何度やっても出来ない、人の話していることが理解できないなどの症状を感じ、職場の同僚からも様子がおかしいと指摘されました。

このとき同僚から「明日は仕事を休んでは?」と言われ、初めて救われたような気がしました。


それは私にとって「休む」という選択肢が無かったためです。

結局、一日の休みをとり近所の精神科を受診すると簡単な問診、筆記検査が行われうつ病と診断されました。


医師からは最低2週間の静養が必要と言われ、仕事を休職することになりました。

それからは自宅で静養しながら、服薬が中心の生活となりました。

仕事の引継ぎもしないまま休職することになってしまったため、初めのうちは職場から業務の問い合わせの電話がかかってきて困りました。

このような生活を半年ほど続けているうちに、頭痛は収まり食欲も戻ってきました。

私の場合、思い切った休職と服薬による静養生活が、うつ病から回復できた理由だと思います。


また私はうつ病になりやすい性格であり、これ以後注意して仕事に臨むようになりました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  2. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  3. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  4. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…
  5. 反抗挑戦性障害の幼児への対応・対処法
    私は38歳の男性です。結婚していて二人の息子がいます 長男が強迫性障害とパニック障害になってし…
  6. ADHD コンサータ
    私は23歳のときに発達障害がわかり、アスペルガー症候群の可能性があるといわれました。 きっかけ…
  7. とっても大事なADHDの方の食事 子供・大人に関わらず、ADHDの場合は食事に気を付ける事が求…
  8. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…

ピックアップ記事

  1. JOHN F. KENNEDY

    2015-12-9

    ジョン・F・ケネディの場合 【ADHDの有名人・芸能人】

    アメリカ大統領【ジョン・F・ケネディ】もADHDだった? アメリカの政治家として、超有名な第3…
  2. 学習障害

    2017-2-28

    ADHD(注意欠陥性多動症)の子供を育児中。【体験ブログ】

    園長から「とても保育しきれない」とはっきり言われて ADHD(注意欠陥性多動症)の息子の育児体…
  3. 学習障害

    2017-1-9

    我が子がアスペルガー症候群と判明して【子供の発達障害体験記】

    初めに気になったのは1歳の頃です。 離乳食も進み、外食を少しづつ始めた頃でした。 子どもの食…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る