私は33歳の時にうつ病を発症しました。【体験ブログ】

仕事を辞めたい

そのきっかけは、職場の仕事量が増えたことが原因でした。


当時の私は中間管理職的な役割を任されるようになっていました。
そのため本来の業務以外に、上司との打ち合わせや部下の指導などに時間を割かなければならなくなったのです。


それでも最初のうちは周囲の期待に応えようという思いでいっぱいでした。

会社に残ってサービス残業することも、それによって仕事がうまくいくのならかまわないと思っていました。


実際に私が無理をすることで、業務が順調に進んでいたこともありました。


その原動力となっていたのは上司から褒められることや、部下から期待されているのを実感できたことです。
自己評価の低い私にとっては、他人からの評価が何よりも大切でした。

しかしそのように無理をすることが、長続きすることはありませんでした。


無理がきかなくなったのは、任される仕事量が増えていったことが原因です。


サービス残業だけで仕事を処理しきれなくなると、家庭に持ち帰ってやることになります。

しかし毎日の帰宅が遅いのに、帰ってからもさらに仕事をしていると家族から不満が出るようになりました。
そのため持ち帰った仕事を片付けるのは、家族が寝静まってからということになります。

その結果、深夜2時~3時まで仕事をしていたこともありました。

それでも仕事が片付かなくなり、上司からは叱責されることが多くなりました。


またこのような上司の態度に部下は敏感に反応するものです。
そして部下も同様に私に対して不信感を抱くようになってしまいました。

このように上司や部下からの評価が下がることは、私にとっては耐え難いほどのストレスとなっていました。


そのうちに職場の上司、同僚のすべてが私に対して軽蔑感を持っているように思えてきました。
それは処理しきれないほどの量の仕事を抱え、どれも中途半端になってしまっていたからです。


私は自分のせいで職場全体に迷惑をかけてしまっていると思っていました。


また上司や部下から声をかけられることが、とても怖く思えました。
上司が呼び止めるのは何か小言を言いたいからで、部下が呼び止めるのは職場の不満を口にしたいとからとわかっていたためです。
この頃の私には、そのような話を聞く余裕などもうありませんでした。


その後も仕事の忙しさは変わらず、朝6時から勤務しなければならなくなりました。


私は焦燥感や不安感を強く感じるようになっていました。それに加えて頭痛、めまいの症状がひどくあらわれるようになり、ついには廊下にへたり込んでしまったほどです。さすがにこの時はもうダメだと思い、病院を受診することを考えました。


その翌日に精神科を受診したところ、うつ病と診断されました。
医師から指示されたのは、3週間の休養をとることです。


このとき私は「やっと休むことができる」という安堵感と、「休むことで皆に迷惑をかける」という罪悪感でした。

家族からは「こんなになるまで働いて、まだ仕事の心配してる」とあきれられました。
今思うのは、うつ病を予防するためにも頑張りすぎないことが大切だったということです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  2. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  3. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  4. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…
  5. 反抗挑戦性障害の幼児への対応・対処法
    私は38歳の男性です。結婚していて二人の息子がいます 長男が強迫性障害とパニック障害になってし…
  6. ADHD コンサータ
    私は23歳のときに発達障害がわかり、アスペルガー症候群の可能性があるといわれました。 きっかけ…
  7. とっても大事なADHDの方の食事 子供・大人に関わらず、ADHDの場合は食事に気を付ける事が求…
  8. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…

ピックアップ記事

  1. 仕事を辞めたい

    2017-3-14

    30代でASD(自閉症スペクトラム症候群)が判明して。【体験ブログ】

    適応障害が原因でのうつ病発症。休職から退職、生活保護に。 五年ほど前、30代前半だった私は10…
  2. ADHD 割合

    2017-4-20

    30代後半女性。ADHDと自閉症スペクトラムです。【体験ブログ】

    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…
  3. コンサータ 副作用

    2017-3-15

    ADHDの薬「コンサータ」の注意すべき副作用

    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る