アスペルガー症候群とADHDの違い

本人はその診断に納得しておらず、自覚がない


義理の妹が、アスペルガー症候群なのですが、本人はその診断に納得しておらず、自覚がないので、まわりがフォローしなければ生活できないような状況です。
本人は、フォローされてると言う自覚はありません。

弟からの相談も多く、まだ子供も(4歳と1歳の男の子)小さいので、これから先の事を考えると不安になる事ばかりです。
私も義妹とは言え、他人のような物なのでどこまで言っていいのかもわからなくて困っています。


前に、私の実家に集まった時の事です。



いつも、何もできないでいるのを彼女なりに悪いと思っていたらしく、『餃子を作る』と言い出しました。
私的には、『夕飯じゃなく、餃子だけ作るの?』と言う疑問もありました。
材料を買いに子供を置いて、義妹ひとりで母の車を借りて出て行きました。


1時間たっても戻ってきません。
たまにはひとりの買い物でも楽しんでるのかな?くらいで、待っていました。
しかし、2時間たっても戻ってこないので(近所に大きなスーパーが3つもあります)連絡をしようと思った所で帰ってきました。


ですが…買ってきた物は、玉ねぎ、ひき肉、生姜の3つだけで、そのウチ玉ねぎと生姜は家にある物でした。

2時間もかけて、本当にこれだけなのかが不思議でした。
餃子の材料としても、足りないよな…と、思っていました。


子供を預けて出て行けたので、自分の買い物でもしてきたのかな?と思って、「子供置いて、久々にゆっくり買い物できたんじゃない?」と聞いてみると、「いえ、道に迷ったのと、買いたい物がなんなのかわからなくなって大変でした」と答えが返ってきました。


本当にその3つしか、買い物してきていなかったようですし、嘘をついている訳ではなかったようです。



その後の餃子作りも、スマホを見ながら、やはり材料も足りず、途中から母と私が手伝って、出来上がったのはそれから2時間後でした。

実は、最初義妹に会った時から、『あれ?この子、もしかしてアスペルガー症候群かな?』と思ったのですが、この事が決定打になり、弟に話しました。

弟は最初、私が冗談気味に言ってるのだと思っていた様ですが、自分で調べてみて、あまりにも症状が当てはまるので、義妹と話し合いをしたみたいです。
義妹は、弟以外の人間には全く反抗をしません。(実の母親にも反抗できないそうです)


その反動なのか、弟には支離滅裂な反論を怒鳴り散らしながらするそうで、この話の時も凄かったそうです。


先日も甥が誤って、ジュースと一緒に消毒液を飲んでしまい、大変な事態になりました。



子供がやってしまった事なので、仕方ないと最初思いましたが、即入院になってしまい、私達が下の子の面倒を見なければならない状況になりました。


仕事終わりに弟の家に行ったのですが、家の中のあまりの状況に、唖然としました。

前から弟に『嫁が掃除ができない』『専業主婦なのにホコリだらけでも平気でその中にいる』等聞いてはいたのですが、あまりにも凄かったのです。
ごみ屋敷手前くらいでした。

色々な物が色んな所に置いてあるので、それこそ何がおきても仕方がない状態なのです。

古い建物なので、小さい子供にはそれでなくても危ない感じなのですが、それだけではない感じです。

私達の親世代だと、こういう病気の知識のない人がほとんどで、私の両親もそうなのですが、やはり理解する事が難しいらしく、『できない嫁』と言うくくりで片付けられてるいる状況です。


その日も私の母親からは、文句ばかりが出ていました。



本人も自分の病気を受け入れず、家族も理解しようとはしない(理解できない)状況で、この先生活して行くのは、大変難しい問題だなと思いますが、他人事とは言っていられない状況です。

これから、ゆっくりでも義妹に自分の病気をいい形で受け入れる事ができるようになってくれればなと思います。
私も出来る限りではありますが、サポートをしていけたらと思っています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 遺伝 家族 ADHD
    幼稚園の頃から人付き合いがずっと苦手だった 私は幼いころから人と接することが苦手でしたが、当時…
  2. ADHD 仕事 対策
    2016年に、ADHD、AQ(アスペルガー症候群)と、診断されました。 最初は、うつ病と診断さ…
  3. 自己愛性パーソナリティー障害
    私が発達障害であると診断を受けたのは29歳の時で、比較的遅い段階でした。 それまでは家族から「…
  4. 中学生 ADHD
    いじめと摂食障害を経て、自閉症スペクトラム障害と診断 わたしは子供の頃から親や友達、親の友達、…
  5. 情緒障害児短期治療施設
    幼稚園年少、3歳の娘の療育開始までの道のり 幼稚園に入るまでは、毎日公園に通い、よく笑い、友達…
  6. 学習障害
    初めに気になったのは1歳の頃です。 離乳食も進み、外食を少しづつ始めた頃でした。 子どもの食…
  7. 診断基準
    小学校時代から検査に至るまでの自分、その後の体験談を書いてみようと思います。 数年前、発達障害…
  8. 診断基準
    当時入社して3年目。心療内科へ行くことを勧められました。  当時入社して3年目。 最初は、「…

ピックアップ記事

  1. 高機能自閉症

    2016-8-8

    発達障害の娘と家族の理解【体験ブログ】

    高機能自閉症の娘と私と夫 我が家には発達障害の娘がいます。 小学校や親の会などでいろいろなお…
  2. JOHN F. KENNEDY

    2015-12-9

    ジョン・F・ケネディの場合 【ADHDの有名人・芸能人】

    アメリカ大統領【ジョン・F・ケネディ】もADHDだった? アメリカの政治家として、超有名な第3…
  3. ADHD(注意欠如・多動性障害)とは

    2015-12-1

    ADHD(注意欠如・多動性障害)とは?

    ADHD(注意欠如・多動性障害)とはいったいどんなモノなの? ADHD(Attention-d…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る