私がうつ病になったのは高校生の頃です。【体験ブログ】

広汎性発達障害

うつ病になった理由ははっきりしていて、部活を頑張りすぎたからです。


当時、大きな大会があり、私は部の主将として練習に燃えていました。
しかし、大会の2ヶ月前から不調を感じるようになりました。


練習中に声が出せない、体に力が入らないなど身体にはっきりとした異常がでました。
最初はあまり重く考えずに、生活していましたが、大会の1ヶ月前になったときについに高校に登校できなくなりました。


スクールカウンセラーの勧めもあり、精神科のあるクリニックに行ったところ、「間違いなくうつ病ですね」と言われ、すぐにうつ病の治療が始まりました。


治療と言っても、大会を控えていて入院するわけにもいかず、薬での治療でした。
当時、最先端だったSNRIという種別の「トレドミン」という薬を服用していました。

飲み始めてすぐに副作用が出ました。



のどの渇き、頭がぼーっとする、体が重いなどうつ病が原因なのか薬が原因なのかはっきりわからない状態が続きました。
しかし、大会の2週間前程から変化が表れました。
体が軽くなった感じがして、練習も何とか普通にこなせるようになったのです。



その調子で大会にも出ることができ、大会では良い成績を収めることができ、一段落しました。
しかし、無理をして練習を続け大会に出た反動なのか、大会後はまたうつ病の暗い世界に戻りました。
朝は起きられず、風呂にも入る気がせず、日常の生活にも支障が出ました。


高校も休学し治療を続け、その結果3ヶ月後には卒業式に出席することができました。



今思えば、うつ病とわかった時点で部活をやめ、治療に専念した方がより早く回復できたのかもしれません。


うつ病は心の風邪と言われていますが、私は心の肺炎だと思います。
早く治療しないと命を落とす危険があります。


私は当時、命と部活を天秤にかけていたのかもしれません。
今思えばぞっとします。


命の方が大切なのはわかっています。

しかし、うつ病の暗闇にいるときは、そんなことすら考えることができない状態なのです。


そのような理由から、うつ病にり患したときはすぐに休養をとるということをおすすめします。



現在は、良い薬がたくさん出ていると聞きます。
そんな薬の力をかりながら、自分の人生のこれからをじっくりと考える良い機会をうつ病は与えてくれると思います。


うつ病は心の地震と表現する本も見ました。


たしかに地震をうけ、失うこともたくさんあるでしょう。


しかし、そのなかでしか見つけられない大切なこともあるのだと、うつ病は教えてくれるのだと思います。

関連記事

ピックアップ記事

  1. コンサータ 副作用
    ADHDの諸症状を抑えてくれるコンサータの副作用は? 基本的にコンサータは1日一回が原則で、そ…
  2. 大人のADHDとは
    あの有名人も実はADHD・発達障害だった? 最近耳にするようになったADHDやアスペルガー症候…
  3. ADHD 仕事 ミス
    仕事上でこんなミスを繰り返している方はADHDかも? 誰でも仕事上でミスはするものです。 し…
  4. ADHD 割合
    実は多いADHD(注意欠如・多動性障害)の人 今まではADHDという認識すらなく、ただ単に忘れ…
  5. 仕事を辞めたい
    1つの仕事も長くは続けられず、転職を繰り返す人生 生まれてから30代に至る私の人生は、「自分は…
  6. ADHD 仕事 ミス
    3年前に「適応障害」と診断されたことがありました。 当時働いてた職場の上司からの暴言や暴力によ…
  7. 大きな病院で診断
    わたしはADHDですが、気づけば主人も軽度のアスペルガー持ちでした。 発達障害者同士の結婚です…
  8. ADHD 割合
    精神科の医師よりADHD不注意優勢型と自閉症スペクトラムの診断を受けました。 私は30代後半女…

ピックアップ記事

  1. JOHN F. KENNEDY

    2015-12-9

    ジョン・F・ケネディの場合 【ADHDの有名人・芸能人】

    アメリカ大統領【ジョン・F・ケネディ】もADHDだった? アメリカの政治家として、超有名な第3…
  2. 自己愛性パーソナリティー障害

    2017-2-15

    29歳で広汎性発達障害と診断された私。【体験ブログ】

    私が発達障害であると診断を受けたのは29歳の時で、比較的遅い段階でした。 それまでは家族から「…
  3. 子供のADHD 診断されたら?

    2015-12-1

    子供がADHDと診断されたらどうする?

    子供がADHDと診断されたらどうすればいいのか? まず、一番大事なのは「ADHD(注意欠如・多…
ブログランキング・にほんブログ村へ
ページ上部へ戻る